改訂!! 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

「戦後再発見」双書⑤ 「日米合同委員会」の研究 謎の権力構造の正体に

2018-06-23 00:05:50 | 【終戦・敗戦・世界大戦・靖国問題】:

「戦後再発見」双書⑤ 「日米合同委員会」の研究 謎の権力構造の正体に迫る 

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:「戦後再発見」双書⑤ 「日米合同委員会」の研究 謎の権力構造の正体に迫る 

 ◆日本の主権を侵害する取り決めを交わす「影の政府」の実像とは?

 日本の超エリート官僚と在日米軍の軍人たちが毎月2度行う秘密の会議「日米合同委員会」。そこで合意された取り決めは日本の法律・憲法よりも、強い効力をもっている。しかし、軍事、外交、司法のさまざまな側面で、日本の主権を侵害し続けるその協議の内容は厚い秘密のベールに包まれ、ほとんど公表されることがない。米外交官から見ても「きわめて異常」と評されるその驚くべき実態に、第一人者の大宅賞作家、吉田敏浩がせまる。第60回日本ジャーナリスト会議賞受賞。

book

■クリック立ち読み 

 ■目次

 PART1 日米合同委員会とは何か
 PART2 なぜ日本の空は、米軍に支配されているのか
 PART3 日本占領はどのようにして継続したのか――「占領管理法体系」から「安保法体系」へ
 PART4 最高裁にもあった裏マニュアル
 PART5 密室の協議はこうしておこなわれる――富士演習場をめぐる密約 

 ■販売価格 1620円(税込)

 ■判型:四六判 188mm × 128mm ■造本:並製 ■頁数:336頁

 ■著者紹介 

 吉田 敏浩著
 吉田敏浩(よしだ・としひろ)/1957年、大分県臼杵市生まれ。明治大学文学部卒。ジャーナリスト。『森の回廊』(NHK出版)で、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に、『北ビルマ、いのちの根をたずねて』(めこん)、『生と死をめぐる旅へ』(現代書館)、『ルポ 戦争協力拒否』(岩波新書)、『反空爆の思想』(NHKブックス)、『密約 日米地位協定と米兵犯罪』(毎日新聞社)、『人を“資源”と呼んでいいのか』(現代書館)、『赤紙と徴兵』(彩流社)、『沖縄 日本で最も戦場に近い場所』(毎日新聞社)など多数。 

 ※著者紹介は書籍刊行時のものです。

 元稿:創元社 主要出版物 【「戦後再発見」双書】 2016年12月22日 07:00:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「戦後再発見」双書④ 「核の... | トップ | 「戦後再発見」双書⑥ 「日米... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【終戦・敗戦・世界大戦・靖国問題】:」カテゴリの最新記事