改訂!! 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【米大統領選】:トランプ氏発言 討論会でクリントン氏が非難

2016-10-10 11:09:30 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米

【米大統領選】:トランプ氏発言 討論会でクリントン氏が非難

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【米大統領選】:トランプ氏発言 討論会でクリントン氏が非難

 【セントルイス(米中西部ミズーリ州)田中義郎】11月の米大統領選に向けた民主党のヒラリー・クリントン候補(68)、共和党のドナルド・トランプ候補(70)による2回目のテレビ討論会が9日午後(日本時間10日午前)、セントルイスの大学で開かれた。

 2005年に録音されていた性的な発言が暴露された問題について、トランプ氏は「あのような発言に謝罪するし、誇りに思えない。(しかし)私ほど女性に尊敬の念を払っている者はいない。発言は(男性が品のない会話もする)『ロッカールームの会話』に過ぎない」と弁明した。

 一方でトランプ氏は話題を過激派組織「イスラム国」(IS)に移して「ISをたたきのめす」と言明。更にクリントン候補の夫のビル・クリントン元大統領が在任中に女性実習生と関係を持った問題を取り上げて「彼の行動は米国の政治で例を見ない女性蔑視だった」と主張した。

 クリントン候補はトランプ氏の発言問題について「これまでの共和党の大統領候補の政策には同意できなくても、指導者の資質を疑うことはなかった」としたうえで、トランプ氏の資質に疑問を呈した。「トランプ氏は女性だけではなく、移民や黒人、中南米系や障害者を傷つけてきた」と非難した。

 両候補は討論会場に登場した際も握手をしなかった。討論開始直後のトランプ氏は視線を落とす場面もあった。

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 国際 【北米・大統領選】  2016年10月10日  11:09:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説】:衆院補選あす告示... | トップ | 【提論・明日へ】:【地域の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米」カテゴリの最新記事