改訂!! 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【話題】:「自画撮り」画像送らず相談を…中学で防止教室

2018-01-22 08:12:30 | 事件・犯罪・疑惑

【話題】:「自画撮り」画像送らず相談を…中学で防止教室

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【話題】:「自画撮り」画像送らず相談を…中学で防止教室

 子供がインターネットを通じて知り合った相手に、自らの裸や下着姿を撮影した「自画撮り」画像を送らされる被害が相次ぐ中、警視庁などは20日、東京都墨田区の中学校で、生徒や保護者向けの被害防止教室を開いた。

「自画撮り」被害について学ぶ中学生ら(20日午前、東京都墨田区で)

  「自画撮り」被害について学ぶ中学生ら(20日午前、東京都墨田区で)

 来月1日、全国で初めて自画撮り画像の要求行為を処罰する改正都青少年健全育成条例が施行されるのを機に企画され、約630人が参加した。被害者の半数が中学生で、大半がSNSで相手と知り合ったことなどが紹介された。

 同庁少年育成課の大八木清高課長は「画像がいったんネット上に流出すると削除は難しい。安易に自画撮り画像を送らず、要求されたら周囲に相談してほしい」と話した。

 改正条例では、18歳未満の子どもに対し、金銭の支払いを約束したり、同性になりすましてだましたりするなどの方法で、自画撮り画像を要求した場合、30万円以下の罰金が科される。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【話題】  2018年01月22日  08:12:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

ジャンル:
子供
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【立憲民主党】:岡田氏らと... | トップ | 【明治安田生命保険】:保険... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

事件・犯罪・疑惑」カテゴリの最新記事