乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【社説①】:「森友」書き換え 政権の責任は免れない

2018-03-12 06:10:55 | 事件・犯罪・疑惑

【社説①】:「森友」書き換え 政権の責任は免れない

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説①】:「森友」書き換え 政権の責任は免れない

 森友学園への国有地売却に関する決裁文書に書き換えがあったと財務省が認める方針だという。安倍政権の「隠蔽(いんぺい)体質」の表れではないのか。財務省にとどまらず、政権全体の責任は免れまい。

 書き換えがあったのは、二〇一六年六月に学校法人「森友学園」側と国有地の売買契約を結ぶ際の決裁文書に添付した調書などである。当初の文書に記載されていた交渉経緯や契約の「特殊性」といった文言が、国会議員らに昨年開示された文書からは削除されていた。財務省は、こうした例が複数判明したとの調査結果をまとめ、国会にきょう報告する。

 森友学園への国有地売却をめぐっては、格安で売却された真の理由、学園理事長らとの近しい関係を公言していた安倍昭恵首相夫人らの意向や官僚の忖度(そんたく)の有無など疑問は多く、真相解明には至っていないのが現状だ。

 財務省が決裁文書の書き換えを認めたとしても、いつ、誰が、どういう目的で書き換えたのか。誰かの指示があったのかなどの疑問は残る。仮に書き換えが昨年二月の問題発覚後に行われていたとしたら、事実隠蔽の意図が疑われるのは当然で、悪質極まりない。

 決裁文書の国会提出時に担当の理財局長だった佐川宣寿国税庁長官は国会混乱などの責任を取って九日付で辞任したが、佐川氏は書き換えに関与していないのか。

 そもそも佐川氏の国会答弁については、信ぴょう性が疑われる事実が次々と明らかになっている。

 売却経緯を記した内部文書を、佐川氏は「破棄した」と答弁したが、実際には保存されていた。

 佐川氏が否定した学園側と近畿財務局との事前の価格交渉についても、交渉を行っていたことをうかがわせる音声データや内部文書の存在が明らかとなった。

 佐川氏が国会で偽りの答弁をしていたとしたら、一年余の国会審議の前提が覆る。国権の最高機関である国会のみならず、国民を欺く行為にほかならない。

 辞任での幕引きは許されない。与野党は一致して国政調査権を発動し、佐川氏の証人喚問を速やかに議決し、全ての関係資料提出を政府に求めるべきである。

 安倍政権は公文書の扱いにとどまらず、行政監視を担う国会への対応があまりにもずさんだ。

 佐川氏の答弁を許容し、国税庁長官起用を適材適所などと国会で擁護してきた安倍晋三首相や麻生太郎財務相も、任命責任や政治責任を免れないのは当然である。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2018年03月12日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説②】:7選知事誕生 多選制限へ議論進めよ

2018-03-12 06:10:50 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【社説②】:7選知事誕生 多選制限へ議論進めよ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説②】:7選知事誕生 多選制限へ議論進めよ

 石川県の谷本正憲知事が、多選反対の新人を退け現職最多の七選を果たした。全国的にも知事は多選化傾向にある。その功罪を見極め、多選制限を含めた議論を進めたい。

 現職知事の当選回数をみると、谷本氏の七選を筆頭に兵庫県の井戸敏三氏が五選で続き、四選は栃木、埼玉、岐阜、富山、福井など十一道府県もある。京都府の山田啓二氏は五選不出馬を表明済み。過去最多は石川と奈良の八選だ。

 かつて熊本県知事だった細川護熙元首相が「権不十年」(いかなる権力も腐敗し十年は続かない)として二期で引退。一九九〇年代、改革派知事として登場した北川正恭氏(三重)片山善博氏(鳥取)も二期、浅野史郎氏(宮城)増田寛也氏(岩手)は三期で退いた。テレビなどで人気の有名知事ブームを経て、堅実型の知事が増えた。政党の相乗りも相次いだ。多選を許す一因だ。

 多選が問題視されるのは、人事や許認可など知事が強大な権限を持つから。一般的に弊害として、職員の士気が低下し知事に意見する者がいなくなる、応援する業者や議員との癒着による腐敗が生まれやすい、とされる。

 弊害が指摘されだしたのは二〇〇六年、岐阜県の裏金問題、福島県の官製談合事件が発覚したころ。自民など各党が、首長の多選制限や相乗り禁止などを打ち出した。

 しかし党本部の意に反して各党県連レベルでは多選も相乗りも認める状況が続いた。地方分権時代の中、「国とのパイプ」を強調する知事ばかりが目立つ。

 私たちは、国の政権交代で政策が変わり得ることを経験した。しかし地方レベルでは「誰が首長でも同じ」との考えが定着しているようだ。有権者の無関心と、それを生む中央集権システムが、多選を許す背景にあるのではないか。

 国会で過去三度、多選制限法案が議論されたが成立しなかった。被選挙権など憲法との関係がネックとなった。しかし〇七年、総務省の調査研究会は「合憲」との見解をまとめている。

 日本世論調査会の調査(一五年)によると、首長の多選を「制限すべきだ」が63%に達した。うち適切な任期は「二期」が過半数。この辺りが国民の常識的な線だろう。

 定期的に首長が交代すれば、若くて優秀なリーダーが育ち、地方自治も活性化するのではないか。多選自粛条例を定めた自治体も少なくない。いま一度、多選制限の法制化を含めた議論を興したい。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2018年03月12日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【筆洗】:動物の国をペストが襲った。王のライオンは言った。これは天の怒りである。

2018-03-12 06:10:45 | 事件・犯罪・疑惑

【筆洗】:動物の国をペストが襲った。王のライオンは言った。これは天の怒りである。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:動物の国をペストが襲った。王のライオンは言った。これは天の怒りである。

 罪を告白し合い、最も罪深い者がその怒りを受け止めなければなるまい。王はまず自分からと、罪もない羊と羊飼いを食べたことを懺悔(ざんげ)した▼キツネはそれは罪ではないと否定した。愚かな羊や動物を支配する羊飼いは食べられて当然だと。その後トラやクマなども懺悔したが、同じ理由で許された。最後にロバの番になった。「おなかが減り、神父さまの土地の草を少し食べたことがあります」。それだ。動物たちはロバに償わせることにした▼フランス詩人ラ・フォンテーヌの寓話(ぐうわ)。似たものを見た気分である。学校法人「森友学園」への国有地売却問題で批判を受けていた財務省前理財局長の佐川国税庁長官が辞任した▼事前の価格交渉を否定していたが、交渉経過を示す音声データが見つかっている。矛盾と疑問の説明を続けていた長官の辞任は当然であり、あのロバと同じとはまったく思わぬ。が、長官の辞任を使って幕引きを図りたがっている者は本当にいないのか▼この件を担当していた近畿財務局の職員が自殺したと聞く。疑惑との因果関係は分からぬが、もはや森友問題は「疑惑」という言葉さえ、生ぬるく感じるほどの醜悪さと恐ろしさを見せている▼事態解明と責任者の追及を。長官の辞任だけでは、その「ペスト」は収まらない。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2018年03月12日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【私設・論説室から】:やっかいな「家父長的意識」

2018-03-12 06:10:40 | 【セクハラ、上司・職場、セクハラ、対価・

【私設・論説室から】:やっかいな「家父長的意識」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【私設・論説室から】:やっかいな「家父長的意識」

 歓送迎会で市長が口をつけたコップで酒を飲むように強要された-。女性職員の被害相談からセクハラ疑惑が浮上した東京都狛江市の高橋都彦(くにひこ)市長。議会質問や本紙取材に「強要していない。異性への関心ではない」と疑惑は否定しつつ、一方で「家父長的な意識」で職員に接していたことを認めた。市長は親で、職員を子(娘)のようにみる。この家父長的な意識こそが問題ではないのか。

 相手を対等ではなく、時に所有物のようにみるこの意識はとてもやっかいなもの。パワハラやDVなど差別的な暴力の根っこに潜んでいる。セクハラの本質も優位な立場に乗じて、服従させようとする暴力だ。

 疑惑は、被害情報をつかんだ共産党市議団が、職員課が聞き取った複数職員の被害相談記録を開示請求したことに始まる。「勤務中に自席に電話があり酒席に誘われた」「胸を触られた」。加害者名は黒塗りだったが、文面から市長とみられる。議会で追及された市長は疑惑を否定し、記録の真偽を調べるよう担当に命じたという。だが市の最高権力者である市長が加害を疑われる一件だ。調査は第三者機関に委ねるのが常識ではないのか。

 真実の解明は今後のこととしても、市長が自らの「家父長的意識」を語ったことですでに、女性職員を自分のもののようにみる差別的な意識を持っていたことを白状したようなもの。市長たる資格はない。 (佐藤直子)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【私設・論説室から】  2018年03月12日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説①】:週のはじめに考える 見たくないものを見よ

2018-03-12 06:10:35 | 災害・地震・津波・台風・竜巻・地滑り

【社説①】:週のはじめに考える 見たくないものを見よ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説①】:週のはじめに考える 見たくないものを見よ

 南海トラフ巨大地震も首都直下地震も、いつか必ず襲ってきます。東日本大震災の経験を風化させず、社会全体の耐震性を高めておかねばなりません。

 東日本大震災は、何よりも強烈に津波の恐ろしさを私たちに見せつけました。

 海に向かっていかに暮らしていくべきか。突きつけられた課題の大きさには目がくらむばかりでした。それでも私たちは、この先、いつか必ずやってくる南海トラフ地震も見据えて沿岸部での懸命の津波対策を始めました。

 ◆遠くで大きく揺れる

 語り継ぐべきものは、無論、津波の恐ろしさだけではないはずです。では、大都市の備えは…。

 七年前の三月十一日、例えば震源から七百七十キロも離れた大阪湾の人工島、咲洲(さきしま)では五十五階建ての大阪府咲洲庁舎が最上階付近で左右に往復三メートルも揺れました。

 大阪の揺れは最大で震度3。にもかかわらず、建物は三百六十カ所も損傷し、エレベーター利用者が五時間も閉じ込められる事態に陥ったのです。

 原因は、規模の大きな地震で生じるゆっくりとした大きな揺れ、長周期地震動にありました。

 その建物に固有の揺れやすい周期(固有周期)とゆっくりとした地震動の周期がほぼ一致し、共振現象が起きて揺れが激しく増幅されたと考えられています。

 超高層ビルの構造は柔軟で、かつては地震の揺れを柳に風と受け流すから安全だ、とされていました。ところが、長周期地震動の共振現象が起きれば想定外の大揺れとなることが分かってきたのです。

 国土交通省は昨年四月から、太平洋側の大都市圏に建てる高さ六十メートル超の新築物件について、従前の基準より大きな揺れ幅の長周期地震動に耐えられる設計を義務付けました。

 ◆「ホンネ」が教える弱点

 裏を返せば、それまでの対策では不十分だったと認めたことにもなるわけです。であるならば、さて、既設の超高層ビルは大丈夫だといえるのでしょうか。

 その昔、織田氏の居城があった尾張・清洲の城下町は徳川家康の命で名古屋へ丸ごと引っ越しました。いわゆる「清洲越し」です。

 濃尾平野の軟弱な沖積低地にあった清洲城跡の地中からは、戦国の世を揺るがした一五八六年の天正地震による液状化現象の痕跡が見つかっています。地盤の固い熱田台地への清洲越しは、つまり、防災プロジェクトたる集団高台移転だったと推察されるのです。

 こうして始まった名古屋の街づくりでしたが、やがて都市域は再び沖積低地にまで広がり、今では軟弱な地盤にも高層ビルが次々と建っています。

 東京も事情は同じ。江戸時代には海だった軟弱な低地に高層ビルがそびえ立っているのです。

 便利で快適な都市にいると、自然の猛威が縁遠いものに見えてしまうのかもしれません。

 名古屋大学減災館を拠点に、企業や行政の防災担当者が自らの弱点をオフレコでさらけ出し、共有しようという「ホンネの会」が活動を続けています。参加組織は現在、七十にまで増えました。

 設立のきっかけは、減災連携研究センター長の福和伸夫教授と三企業の防災担当者との飲み会でのやりとり。お酒が進み、電力会社が「実は、南海トラフ級なら二週間はだめ」。製造業は「電気がだめでも、ガスで発電できるから大丈夫」。でも、ガス会社は「電気がないとガスは作れない」。これでは、とても都市は守れない…。

 それぞれが地震への備えを考えているつもりでも、さまざまな組織が相互依存している現代社会を俯瞰(ふかん)的に眺めると、大丈夫と言われていたものが実は大丈夫でないと分かってくる。だから互いに本音を話し、見たくないものを見よう、というのです。

 「東海地震を予知して警戒宣言を出す」という虚構に終止符が打たれ、国の地震対策は昨年、現実路線に大きく舵(かじ)を切りました。

 では、予知を前提とせず、南海トラフ地震にいかに備えるか。静岡、高知両県と中部経済界をモデル地区に指定し、まずは対策の指針をつくることになりました。

 中部経済界としてまとめる指針には、「ホンネの会」のオフレコ論議で明らかになった課題も盛り込まれるはずです。

 ◆揺れに耐える社会に

 これまでの「予知」は、いわば地震から逃げて命を守ろうという防災思想でした。これからは、生命はもちろん、都市機能をも守る発想が必要になります。産業や経済を崩壊させぬよう、社会の耐震性を高めなくてはなりません。

 揺れから逃げられぬ都市を守るため、そこに潜む見たくはない弱点を直視し、次なる揺れに備えなくてはならないのです。

  元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2018年03月11日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【筆洗】:日本列島で冬を越した渡り鳥が北の繁殖地へと帰っていくころである。

2018-03-12 06:10:30 | 災害・地震・津波・台風・竜巻・地滑り

【筆洗】:日本列島で冬を越した渡り鳥が北の繁殖地へと帰っていくころである。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:日本列島で冬を越した渡り鳥が北の繁殖地へと帰っていくころである。

 <鳥帰る>はいま時分の季語。ふるさとで過ごした渡り鳥は秋に再び日本にやってくる。鳥たちの季節はめぐる▼<鳥帰る>のころに、東日本大震災の三月十一日がめぐってくる。今年で七年である。<三月十日も十一日も鳥帰る>。二月に亡くなった俳人、金子兜太さんの当時の句を引く▼どう解釈してもかまわないのが俳句の良さとおもしろさだが、この句に込められているのはおそらく、鳥の渡りという不変の自然と対比した人間のちっぽけさだろう▼平穏無事だった「前日」も、大勢の命を奪った「あの日」も、鳥たちは変わりなく飛んでいく。ひょっとして三月十日とは一九四五(昭和二十)年の東京大空襲のことかもしれぬが、そう解釈しても句からにじんでくるのは人間の無力さと、その悲しみであろう▼七年が過ぎ、金子さんも亡くなり、あらためて、この句をよむとき、別のメッセージが込められている気がしてならない。鳥たちは何百、何千キロと必死に飛び続け、元の場所へと帰っていく。鳥のように困難な旅を成し遂げて「ふるさと」を取り戻そう。慰めや決意をその句に見る▼約七万三千人がなお避難を続けている。何年、たとうが、涙を止められない人がいる。忘れてはなるまい。われわれはまだまだ<鳥帰る>の旅の途中である。 

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2018年03月11日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説①】:米朝首脳会談へ 非核化への道、本物に

2018-03-12 06:10:25 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【社説①】:米朝首脳会談へ 非核化への道、本物に

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説①】:米朝首脳会談へ 非核化への道、本物に

 予想を超えるスピード展開になった。非核化を巡り、米朝会談へと動きだしたことは、不安や疑問は残るものの、大きな機会ととらえたい。

 朝鮮半島の局面が、緊張から対話へと大きく転換した。

 平壌を訪問した韓国大統領府の特使団が、早期の首脳会談を望む金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長のメッセージを伝え、トランプ氏も五月までに応じると表明したのだ。

 正恩氏は、四月末に南北軍事境界線にある板門店で、文在寅(ムンジェイン)大統領と首脳会談を行うことで合意している。

 南北首脳会談は過去二回行われているが、米朝首脳会談は初めてとなる。

 ◆踏み込んだ言動の重さ

 正恩氏は核・ミサイルの凍結と非核化を明言し、米韓軍事演習の実施にも理解を示したという。

 北朝鮮の指導者としては、過去もっとも踏み込んだ行動と発言だといえよう。

 正恩氏は、国家の重要な決定を下す特権的な地位にいるだけに、その発言は重い。「単なる時間稼ぎ」と見ては誤るだろう。

 米朝首脳会談を実現させ、非核化による平和定着への道を、確かなものにせねばならない。

 過去、米朝協議は、不信と挫折の連続だった。合意が生まれても、北朝鮮側がひそかに核開発を続行していることが発覚、白紙化されたことは少なくない。

 ◆戦争状態に終止符を打て

 さらに米国側も、大統領が、北朝鮮を「悪の枢軸」と呼んで、対立を招いたことがある。

 「奇跡のような機会」(文氏)である米朝首脳の出会いを実現するため、三つの提案をしたい。

 米韓両国は、まず日本、そして中国、ロシアとも連携を密にして会談に臨むことだ。

 南北間、米朝間で次々に合意が出されると、疑心暗鬼を呼び、関係国の間で不協和音が出てくる危険性がある。慎重に、注意深く進めてほしい。

 トランプ氏は、正恩氏について「ロケットマン」「国民を飢えさせ、殺すことも気にかけない人物」などと批判してきたが、不用意な発言は控えるべきだろう。

 二つめは、非核化に北朝鮮から具体的な行動を引き出すことだ。口約束だけなら過去に、何回も聞いてきた。

 国際原子力機関(IAEA)の査察を受け入れ、核施設について、全て申告することが必要だ。

 その前段として核・ミサイル開発の凍結が行われるのなら、どんな条件で、いつまで凍結するのか具体的に決めるべきだ。

 もちろん、行動を促すためにも経済制裁を安易に緩めてはならない。しかし、新たな制裁を突然発表するような、手荒なことは避けるべきだろう。

 北朝鮮が非核化にともない、身勝手な条件を持ち出すようでは、交渉は進まない。正恩氏にとって今回は、問題解決の最後の機会と心得なければならない。

 三つめは、北朝鮮の核問題を生み出した冷戦構造の解体だ。

 朝鮮戦争(一九五〇~五三年)では休戦協定が結ばれ、分断が固定化した。法的には今も戦争状態が続いている。

 南北合わせて百万人を超える正規軍が、幅四キロ、長さ約二百五十キロの非武装地帯(DMZ)をはさんで、にらみ合っている。

 この状況が北朝鮮に体制維持への不安をかき立て、核開発に走らせた。休戦協定を、早期に平和協定に切り替えることが重要だ。

 民間からは「北東アジア非核兵器地帯構想」が提唱されている。

 日本と韓国、北朝鮮の三カ国が非核国になることを国際条約で表明する。米ロ中三カ国が保証し、核の脅威を与えないことを約束する構想だ。非核地帯は現実に世界各地にある。

 これで北朝鮮は自国防衛のため、核を保有する理由がなくなる。時間はかかるが、検討に値する。

 ◆日朝首脳会談の実現を

 北朝鮮の対話姿勢について日本政府は、「必死にほほ笑み外交をしている」(河野太郎外相)、「対話のための対話は、意味がない」(安倍晋三首相)と、懐疑的な姿勢だった。

 圧力で北朝鮮の政策を変えさせることにこだわり過ぎ、朝鮮半島の危機回避について、存在感を発揮できなかった。

 米朝会談実現の動きを聞いた安倍首相は、ようやく北朝鮮の変化を「評価する」と認めた。

 日本と北朝鮮の間には、日本人の拉致問題がある。将来的には日朝国交正常化という課題も控えているが、最近は停滞していた。

 正恩氏が首脳会談に乗り出した機会を生かし、日朝首脳会談の実現を目指してほしい。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2018年03月10日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【筆洗】:名作『一九八四年』や『動物農場』の著者ジョージ・オーウェルが、

2018-03-12 06:10:20 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【筆洗】:名作『一九八四年』や『動物農場』の著者ジョージ・オーウェルが、英国の雑誌に「あなたと原子爆弾」と題した一文を発表したのは、一九四五年の十月のことだ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:名作『一九八四年』や『動物農場』の著者ジョージ・オーウェルが、英国の雑誌に「あなたと原子爆弾」と題した一文を発表したのは、一九四五年の十月のことだ

 ▼この新兵器は、世界をどう変えるか。オーウェルは、原爆の製造には巨額の資金と高い工業力が求められるから、開発できる国はごく少数にとどまるだろうとの分析に基づいて、こう予測した▼<一瞬で数百万の人々を消し去る兵器を持った、二、三の怪物のような超大国が世界を分割するのを、私たちは目にすることになるだろう>。そして、核を持つ超大国が互いを制することができぬまま対峙(たいじ)し続ける状態を「冷戦」と名付けた▼慧眼(けいがん)の作家が、広島と長崎への原爆投下からわずか二カ月後に「冷戦」時代の到来を見通してから七十三年。私たちが今目にしているのは、支配体制を守るために、貧しい国力を核の開発に傾注している小さな怪物国家だ▼オーウェルは、核兵器の出現で<権力がさらに少数の者に集中し、支配される者、抑圧される層はさらに絶望的になる>とも予測したが、飢えに苦しみながらも、独裁体制への忠誠を強いられる北朝鮮の人々の姿は、作家の言葉そのものだろう▼北朝鮮が米国に首脳会談を提案し、米国も応じる構えを見せた。それは、今なお「冷戦」が続く朝鮮半島に雪どけの風を吹かせるのか。春の足音は、まだ聞こえぬ。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2018年03月10日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【首相の一日】:3月11日(日)

2018-03-12 06:10:15 | 政治・政策・行政・政局ニュース

【首相の一日】:3月11日(日)

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【首相の一日】:3月11日(日)

 【午前】来客なく、東京・富ケ谷の私邸で過ごす。

 【午後】2時14分、東京・隼町の国立劇場。30分、政府主催の「東日本大震災7周年追悼式」に参列し式辞、献花。3時51分、私邸。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 政治 【政局・首相の一日】  2018年03月12日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【首相の一日】:3月10日(土)

2018-03-12 06:10:10 | 政治・政策・行政・政局ニュース

【首相の一日】:3月10日(土)

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【首相の一日】:3月10日(土)

 【午前】8時38分、JR東京駅。10時20分、吉野正芳復興相らと共にやまびこ43号でJR福島駅。57分、福島県伊達市の霊山インターチェンジ。相馬福島道路開通式に出席し、あいさつ。記念撮影。石井啓一国土交通相、内堀雅雄同県知事同席。11時56分、同県相馬市の飲食店「お食事処 たこ八」。昼食。

 【午後】0時40分、同市の松川浦漁港。水産物荷さばき施設などを視察。青ノリの煮物、ヒラメの刺し身を試食。立谷秀清市長同行。1時21分、同県南相馬市の生産設備メーカー「協栄精機」。同社工場を視察。佐藤正弘社長、門馬和夫市長らと懇談。記念撮影。3時12分、同県葛尾村の村立葛尾小学校・中学校。児童、生徒らと懇談。記念撮影。55分、報道各社のインタビュー。4時58分、JR郡山駅。6時27分、やまびこ52号でJR東京駅。7時1分、東京・富ケ谷の私邸。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 政治 【政局・首相の一日】  2018年03月11日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【首相の一日】:3月9日(金)

2018-03-12 06:10:05 | 政治・政策・行政・政局ニュース

【首相の一日】:3月9日(金)

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【首相の一日】:3月9日(金)

 【午前】8時25分、公邸から官邸。34分、閣議。50分、トランプ米大統領と電話会談。9時49分、報道各社のインタビュー。54分、国会。10時23分、麻生太郎副総理兼財務相。25分、参院本会議。11時8分、官邸。

 【午後】1時38分、本田悦朗駐スイス大使。2時10分、ヨルダンのサファディ外務・移民相の表敬。3時10分、外務省の秋葉剛男事務次官、森健良外務審議官。50分、鈴木量博外務省北米局長、防衛省の前田哲防衛政策局長、深山延暁地方協力局長。4時、国家戦略特区諮問会議。57分、岩手日報社の川村公司編集局長、河北新報社の今野俊宏編集局長、福島民報社の鞍田炎編集局長、福島民友新聞社の菊池克彦編集局長によるインタビュー。5時16分、復興推進会議・原子力災害対策本部会議合同会合。37分、北村滋内閣情報官、滝沢裕昭国際テロ情報収集統括官。41分、北村内閣情報官。6時14分、ふるさとづくり大賞・ふるさとイベント大賞の表彰式。52分、東京・高輪の「高輪館」。日本テレビの大久保好男社長と粕谷賢之報道解説委員長と会食。9時46分、東京・富ケ谷の私邸。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 政治 【政局・首相の一日】  2018年03月10日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【財務省】:安倍内閣崩壊も 昭恵夫人の名が挙がれば…12日に国会報告

2018-03-12 05:32:50 | 事件・犯罪・疑惑

【財務省】:安倍内閣崩壊も 昭恵夫人の名が挙がれば…12日に国会報告

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【財務省】:安倍内閣崩壊も 昭恵夫人の名が挙がれば…12日に国会報告

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書書き換え問題は12日、大きなヤマ場を迎える。同省が与党幹部や参院予算委員会の理事らに調査結果を報告。書き換えについては認めるが、報告内容によっては安倍政権崩壊への第一歩となる恐れもある。列島が注目する「報告」のポイントはどこなのか考える。

         スポニチ 安倍首相と昭恵夫人

 まずは、開示された文書から削除された「本件の特殊性」「本省承認決裁完了」などの文言だ。朝日新聞や毎日新聞の報道によると、2016年6月に森友側と国有地の売買契約を結ぶ際の決裁文書の添付調書などにあった「特殊性」「特例的な内容」「本省承認」などの文言が、国会議員らに昨年開示された文書から消えた。

 財務省関係者は「行きすぎた忖度(そんたく)だった」と指摘する。森友が開校を目指した小学校の名誉校長に安倍昭恵首相夫人が一時就任。特殊とは、昭恵夫人が絡んだ案件を意味していたのか。

 2点目は、価格決定に関する記述の変更だ。朝日新聞によると「価格等について協議した結果」の文言が「申し出があり、売払申請書の提出があった」と変わった箇所もあった。



 書き換えの時期も問題だ。8億円もの値引きが発覚したのは昨年2月。今月9日に国税庁長官を辞任した佐川宣寿氏は、当時財務省理財局長として森友側との事前の価格交渉を否定していた。11日深夜になり、財務省が書き換え理由について「佐川氏の国会答弁との整合性を図るためだった」と説明することが判明。書き換えは昨年2〜4月に行われていたという。

 3点目は、誰が書き換えを指示したのか。これについては、財務省本省の指示だったことが分かった。組織ぐるみの行為と言わざるを得ず、麻生太郎副総理兼財務相の責任問題に発展するのは避けられない。

 報告で昭恵夫人の名前まで挙がるようなことがあれば、麻生氏だけでなく、一気に政権崩壊につながる可能性がある。書き換え前の文書にあった複数の政治家の名前を削除したことも判明。ある政治評論家は「首相は“妻の関与があれば、首相も議員も辞める”と話しており無傷ではいられない。政権としては麻生氏の辞任までで止めたいところだが、それでも政権の屋台骨が大きく揺らぐのは確実」と話した。

 ◇森友学園問題 

 学校法人「森友学園」が、大阪府豊中市の国有地を約8億円値引きされて取得した問題。学園がこの土地で建設を計画した小学校は一時、安倍晋三首相の昭恵夫人が名誉校長に就任していた。財務省は森友側との事前の価格交渉を否定したが、その後、交渉をうかがわせる内部文書や音声データが明らかになった。財務省が決裁文書を書き換えた疑惑も浮上。

 元稿:スポーツニッポン新聞社 Annex 主要ニュース 社会 【話題・財務省・森友学園問題】  2018年03月12日  05:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友文書書き換え】:進次郎氏“政治家にも責任”具体名挙げず「真実伝える必要ある」

2018-03-12 05:32:40 | 事件・犯罪・疑惑

【森友文書書き換え】:進次郎氏“政治家にも責任”具体名挙げず「真実伝える必要ある」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友文書書き換え】:進次郎氏“政治家にも責任”具体名挙げず「真実伝える必要ある」

 ■森友学園文書書き換え問題

 東日本大震災の追悼式に参加するため岩手県陸前高田市を訪れていた自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が、フジテレビの「Mr.サンデー」などの取材に応じ「書き換えたという事実があるとすれば、なぜそれが起きたのか真実を国民に伝える必要がある」と指摘した。

      共同 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長

 さらに「官僚の皆さんだけに責任を押しつけるようなことは私はあってはならないと思いますね」とも発言。具体的な名前は挙げなかったが、問題に関係する政治家が責任を取るべきとの考えを強調した。

 元稿:スポーツニッポン新聞社 Annex 主要ニュース 社会 【話題・財務省・森友学園問題】  2018年03月12日  05:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友文書】:野党まず麻生氏に照準、昭恵夫人喚問も 枝野氏「重大な局面」

2018-03-12 05:32:30 | 事件・犯罪・疑惑

【森友文書】:野党まず麻生氏に照準、昭恵夫人喚問も 枝野氏「重大な局面」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友文書】:野党まず麻生氏に照準、昭恵夫人喚問も 枝野氏「重大な局面」

 ■森友学園文書書き換え問題

 野党は12日以降、「重大な局面」(枝野幸男立憲民主党代表)としてまず麻生氏の政治責任に照準を定める。同時に昭恵夫人の証人喚問にも攻勢を掛ける構えだ。

 代表撮影=共同 政府主催の追悼式に出席する麻生財務相(代表撮影)

 希望の党の玉木雄一郎代表は11日、テレビ番組に出演後、記者団に「改ざんしてまで隠さなければならない事態が生じた背景に誰がいるのか」と指摘。昭恵夫人について「国会で説明を求めていかなければならない」と強調した。共産党の志位和夫委員長も国会内で「役人が自発的に改ざんをやるわけがない。政治的な圧力が働いた結果だ。学園の名誉校長を務めた安倍昭恵首相夫人のためだったのではないか」と述べた。

 元稿:スポーツニッポン新聞社 Annex 主要ニュース 社会 【話題・財務省・森友学園問題】  2018年03月12日  05:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【財務省】:本省指示で森友文書書き換え 政治家名や「特殊性」削除

2018-03-12 01:18:30 | 事件・犯罪・疑惑

【財務省】:本省指示で森友文書書き換え 政治家名や「特殊性」削除

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【財務省】:本省指示で森友文書書き換え 政治家名や「特殊性」削除

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、財務省は12日、決裁文書書き換え疑惑を巡る調査結果を国会に報告する。関係者によると、複数の政治家の名前を削除し、書き換えは財務省本省の指示で昨年2~4月に行われていたと説明する。「本件の特殊性」などの文言が含まれた文書原本の記述を削除した例があったと認め、国税庁長官を辞任した佐川宣寿氏の国会答弁との整合性を図るため削除したとする方向だ。検察当局が原本の写しを財務省側に提出したことも11日判明した。

 昨年5月に国会議員に開示された文書には、交渉記録や契約の「特殊性」といった文言はなかった。(共同)

 国税庁長官を辞任し、取材に応じる佐川宣寿氏=9日、財務省

 国税庁長官を辞任し、取材に応じる佐川宣寿氏=9日、財務省

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政局・財務省・森友学園問題】  2018年03月12日  01:18:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加