改訂!! 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

性的画像投稿「問題あり」は半数 悪用可能、注意呼び掛け

2016-12-19 20:36:20 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

性的画像投稿「問題あり」は半数 悪用可能、注意呼び掛け

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:性的画像投稿「問題あり」は半数 悪用可能、注意呼び掛け

 独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)がネット利用者を対象に行った意識調査で、会員制交流サイト(SNS)に、性的な写真や動画を撮影・投稿することを「問題あり」と思う人の割合がパソコンの利用者で45%、スマートフォンの利用者で47%と半数以下になったことが19日分かった。

 最近では、巧みな言葉で送らせた画像を元に、金銭を要求する「性的脅迫」という犯罪などが増えている。画像が後にリベンジポルノに悪用される恐れもある。IPAは「どんな相手にも性的画像を送信してはいけない」と注意を呼び掛けている。

 調査は9月、13歳以上の男女を対象に実施、1万人が回答した。(共同)

  元稿:東京新聞社 主要ニュース 社会 【話題】  2016年12月19日  20:36:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【リベンジポルノ】:相談1143件、「ネットの知人」11%

2016-03-17 10:44:30 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

【リベンジポルノ】:相談1143件、「ネットの知人」11%

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【リベンジポルノ】:相談1143件、「ネットの知人」11%

 ■15年、警察庁統計

 リベンジポルノ(復讐<ふくしゅう>目的の画像投稿)を巡って2015年に全国の警察に寄せられた相談が1143件に上ったことが警察庁のまとめで分 かった。このうち130件は、インターネットだけのやりとりで実際に会ったことのない相手に自分の画像を送ったことに関する被害相談だった。

  リベンジポルノの被害に遭わないために

 加害者の処罰を定めたリベンジポルノ被害防止法が14年11月27日に施行され、初めての年間統計。相談は女性が1041件、男性が102件。年齢別では、10~20代が6割近くに上った。

 具体的な相談内容(複数回答)は、「画像をネットに公表すると脅された」502件▽「(脅されていないが)画像を撮影・所持された」343件▽「画像を 送りつけられた」245件▽「画像を公表された」188件−−など。加害者との関係は、配偶者と交際相手(元を含む)が計68%を占める一方、「インター ネット上だけの知人・友人」も11%に上った。

 警察は相談を受けた1143件のうち276件を立件。内訳は、「会わないと画像がどうなるか分からないぞ」などと脅したとする脅迫が69件、児童買春・ ポルノ禁止法違反が56件、画像を不特定多数に提供しようとしたなどのリベンジポルノ被害防止法違反53件−−などだった。また67件について、サイト管 理者への画像削除を依頼した。

 被害者が自分で撮影した画像を交際相手らに送るケースも多く、警察庁の担当者は「一度ネットに流れた画像は完全には消すのは難しい。第三者に見られて困る画像は送信しないでほしい」と呼びかけている。【長谷川豊】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 社会 【事件・事故・裁判】  2016年03月17日  10:44:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【三鷹ストーカー】:リベンジポルノ、遺族が告訴

2015-07-18 01:23:30 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

【三鷹ストーカー】:リベンジポルノ、遺族が告訴

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【三鷹ストーカー】:リベンジポルノ、遺族が告訴

 東京都三鷹市で2013年10月、元交際相手の女子高校生(当時18歳)を殺害したとして殺人罪などに問われた池永チャールストーマス被告(23)=1審 で懲役22年、高裁で差し戻し判決=が被害者の画像をインターネットに投稿した行為を処罰すべきだとして、遺族が児童ポルノ禁止法違反容疑で告訴した。遺 族の代理人弁護士が17日、発表した。東京地検立川支部は告訴を受理し、同法違反での追起訴に向けて追加捜査を始めた。 

 ◇東京地検、追加捜査

 代理人弁護士によると、今月10日に告訴状を提出し、13日付で受理された。検察が追起訴すれば、裁判所が従来の起訴内容と併合して差し戻し審で審理するか、別の裁判とするかを判断する。検察側は併合審理を求めるとみられる。

 被告による画像投稿は「リベンジ(復讐、ふくしゅう)ポルノ」として社会問題化したが、遺族は当初の捜査段階では「被害者の名誉が一層傷つけられ る」と告訴を見送った。2審判決が「起訴されていない画像投稿を罪と認定し、実質的に処罰した疑いがある」と審理を差し戻したことから、画像投稿が判決に 反映されず、刑が軽くなる可能性が出てきたとして、告訴を決意したという。

 代理人弁護士は「2審判決は被害者の両親にとって極めて不当で受け入れがたいもの。両親は被告の行為がもれなく処罰されることを求めて告訴した。捜査、公判を通じて被告の犯罪が明らかにされると考えている」とコメントした。

 1、2審判決によると、池永被告は13年10月、被害者宅に侵入し、待ち伏せして被害者をナイフで刺して殺害した。殺害後、被害者の画像を投稿し て閲覧できる状態にした。裁判員裁判の1審は昨年8月、画像投稿を重視し「ネット上から画像を完全に削除するのは極めて困難。被害者の名誉をも傷つけた」 と指摘し、懲役22年(求刑・無期懲役)とした。これに対し東京高裁が今年2月、訴訟手続きに反するとして審理を差し戻した。【山下俊輔】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 社会 【裁判】  2015年07月18日  01:23:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LINE投稿でリベンジポルノ 防止法違反容疑 初の逮捕

2015-06-22 15:15:15 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

LINE投稿でリベンジポルノ 防止法違反容疑 初の逮捕

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:LINE投稿でリベンジポルノ 防止法違反容疑 初の逮捕

 無料通信アプリLINE(ライン)に女性の裸の写真を投稿し、拡散させたとして、警視庁は二十二日、私事性的画像記録の提供被害防止法違反の疑いで、金沢市別所町、無職高窪琢磨(26)と川崎市中原区上小田中一、無職内川一樹(27)の両容疑者を逮捕したと発表 した。ラインの投稿が同法違反容疑で摘発されるのは全国初。

 逮捕容疑では、四月十六~十七日、ラインの三つのグループトークに、東京都内に住む二十代女性の上半身裸の写真を投稿したとされる。二人は「グループトークが盛り上がると思って投稿した」などと容疑を認めている。

 警視庁によると、拡散した三つのグループトークには、六十人以上が加入していた。女性は両容疑者と同じゲーム仲間のグループトークに入っており、 昨年十二月、上京した高窪容疑者を自宅に泊めた際、着替え中の写真を撮影された。今年三月、高窪容疑者からのお土産をなくしたことでトラブルになり、写真 をグループトークに投稿された。その後、内川容疑者は投稿された写真を他の二つのグループトーク上にも拡散させた。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 社会 【事件・犯罪・私事性的画像記録の提供被害防止法違反】  2015年06月22日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リベンジポルノをLINEで拡散…全国初の摘発

2015-06-22 12:52:30 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

リベンジポルノをLINEで拡散…全国初の摘発

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:リベンジポルノをLINEで拡散…全国初の摘発

 リベンジポルノ画像を無料通話アプリ「LINE(ライン)」で拡散させたとして、警視庁は22日、金沢市別所町、無職高窪琢磨(26)と、川崎市中原区、無職内川一樹(27)の両容疑者をリベンジポルノ被害防止法違反と名誉毀損きそん容疑で逮捕したと発表した。

 LINEを使ったリベンジポルノの摘発は全国初という。

 発表によると、2人は4月中旬、ゲーム仲間の男女でつくるLINEの三つのグループに、メンバーの20歳代女性の上半身裸の画像を投稿するなどし、不特定多数が閲覧可能な状態にした疑い。

 この画像は高窪容疑者が撮影し、LINEに公開。内川容疑者は保存した上で別のグループにも投稿し、拡散させたという。女性が同庁に相談し、発覚した。

 2人はいずれも容疑を認め、高窪容疑者は「自分が買ってきたおみやげを女性が捨てたと聞き、仕返しをしようと思った」と供述しているという。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【事件・犯罪・疑惑・リベンジポルノ被害防止法違反】  2015年06月22日  12:52:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元交際女性の裸の写真、近くの林にばらまいた男

2015-06-18 13:57:10 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

元交際女性の裸の写真、近くの林にばらまいた男

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:元交際女性の裸の写真、近くの林にばらまいた男

 元交際相手の女性の裸の写真をばらまいたとして、茨城県警水戸署は17日、同県ひたちなか市高場、警備会社役員の男(47)をリベンジポルノ被害防止法違反(公表)と名誉毀損きそんの容疑で逮捕した。

 昨年11月の同法施行後、同県内では初の摘発となる。

 発表によると、男は今年3月26日頃、水戸市の女性(41)方近くの林に女性の裸の写真数枚をばらまき、不特定多数の人が見られるようにした疑い。

 林の中の道を歩いていた近隣住民が同日、写真を発見。「あなたの画像が落ちている」と連絡を受けた女性が同署に相談した。

 男と女性は、写真が発見された日以前に交際していたという。

 男は「画像の電子データは持っていたが、ばらまいてはいない」と容疑を否認している。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【事件・犯罪・リベンジポルノ被害防止法違反(公表)】  2015年06月18日  13:57:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リベンジポルノで男を再逮捕「何度も画像掲載」

2015-06-12 07:58:30 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

リベンジポルノで男を再逮捕「何度も画像掲載」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:リベンジポルノで男を再逮捕「何度も画像掲載」

 交際していた女性の裸の画像をインターネット上に掲載したとして逮捕されたコンサルティング会社経営・藤本光太郎容疑者(45)について、兵庫県警は11日、同じ女性の画像を投稿したとして、リベンジポルノ被害防止法違反、名誉毀損きそん両容疑で再逮捕した。

 藤本容疑者は「女性と別れた10年前から何度も画像を掲載した」と話しているという。

 発表では、藤本容疑者は5月13日、30歳代女性の裸の画像2枚をインターネットの掲示板に掲載し、不特定多数が閲覧できる状態にするなどした疑い。容疑を認めているという。

 藤本容疑者は大商大アミューズメント産業研究所の非常勤研究員も務めている。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【事件・事故】  2015年06月12日  07:58:00  これは参考資料です。  転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【Listening】:<リベンジポルノ>防止法1カ月 被害抑止、高まる期待

2015-04-03 02:40:23 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

【Listening】:<リベンジポルノ>防止法1カ月 被害抑止、高まる期待 相談110件

 「Listening――あなたの声を聞きたい」は、記事をもとに読者の皆さんと議論を深める場所です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【Listening】:<リベンジポルノ>防止法1カ月 被害抑止、高まる期待 相談110件

 自身の性的な画像や動画をインターネット上で公表されたり、公表すると脅されたりする−−などのリベンジポルノ被害が相次いでいる。これを踏まえ昨年11月、リベンジポルノ被害防止法が施行され、被害の抑止効果に期待が集まっている。

 同法が初適用されたのは今年2月19日。元交際相手の女性の下着姿や裸の写真数十枚を商業施設の駐車場でばらまいたとして、福島県警が同法違反容疑で30代の男を逮捕した。

 3月には、ネット上で画像を拡散させる行為について神奈川県警が同法を適用。元交際相手の女性の裸の写真などをツイッターに投稿した疑いで、30 代の男を逮捕した。このほか警視庁が、交際を断られた女性の裸の写真をツイッターに投稿した疑いで50代の男を逮捕するなど、これまで7件で適用された。

 法の正式名称は「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」。写された人が特定できる方法で不特定多数に提供すると3年以下の懲役 または50万円以下の罰金、無料通信アプリ「LINE(ライン)」などで拡散目的に特定の少数者に提供した場合は1年以下の懲役または30万円以下の罰金 が科される。

 警察庁によると、法施行後の約1カ月間で全国の警察に寄せられた相談は110件。うち1割超はインターネットだけのやり取りで、実際には会ったこ とのない相手についてのものだった。相手の要求に応じて自分の画像を送ったケースが多いとみられる。同庁の担当者は「誰かに見られると困る画像は撮らせた り送信したりしないでほしい」と話す。

 相談者の内訳は女性が99件、男性が11件で年齢別では20代が37%と最多。相談内容(複数回答)は、ネットに画像を公表された(18件)▽画 像を公表すると脅された(42件)▽画像を送りつけられた(22件)▽公表や脅迫以外で画像を相手に撮影・所持された(33件)−−などだった。【長谷川 豊】

  元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【毎日ジャーナリズム】  2015年04月03日  02:30:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ことば】:リベンジポルノ被害防止法

2015-04-02 15:24:20 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

【ことば】:リベンジポルノ被害防止法

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【ことば】:リベンジポルノ被害防止法 

 ◇リベンジポルノ被害防止法

 元交際相手らのプライベート写真や動画のインターネットなどへの流出を防ぐため昨年11月に成立した。正式名称は「私事性的画像記録の提供等によ る被害の防止に関する法律」。写された人が特定できる方法で不特定多数に提供すると3年以下の懲役または50万円以下の罰金、無料通信アプリ 「LINE(ライン)」などで拡散目的に特定の少数者に提供した場合は1年以下の懲役または30万円以下の罰金が科される。

 元稿:毎日新聞社 東京夕刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【ことば】  2015年04月02日  15:24:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都内初リベンジポルノで逮捕 “勘違い不倫”の哀れな末路

2015-03-28 15:00:10 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

都内初リベンジポルノで逮捕 “勘違い不倫”の哀れな末路

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:都内初リベンジポルノで逮捕 “勘違い不倫”の哀れな末路

 “五十男”の悲しい現実か。好意を寄せていた女性の裸の画像をツイッター上にアップし、27日までにリベンジポ ルノ防止法違反の疑いで警視庁に逮捕された日本郵便社員の村松康浩容疑者(50)。リベンジポルノで摘発されるのは都内では初となるが、村松容疑者は郵便 局員一筋の妻帯者というから泣けてくる。


                          郵便局員一筋だった

 「(村松容疑者は)86年に入社し、最近まで大田区内の郵便局で窓口営業をしていた。トラブルを起こすこともなく、勤務態度は真面目でした」(東京支社広報担当者)

 歯車が狂い始めたのが3年ほど前のこと。

 「リベンジポルノの被害に遭った女性とデリヘルで知り合ったのです。村松容疑者はのぼせ上がって繰り返し指名。そのうち店を通さず月に数回外で会うように なったそうです。お金は払っていたようですが、村松容疑者はすっかり彼氏気取り。ところが女性に恋愛感情はなかった。別に恋人ができた女性から昨年10月 に別れを告げられ、逆上した末の犯行とみられています」(捜査事情通)

  村松容疑者は、昨年12月から今年2月にかけ、女性の写真5枚を顔が分からないように加工してツイッター上に投稿。が、画像には女性のあだ名などが添えられており、分かる人には分かるようになっていたことから、あえなく“お縄”に。

 「村松容疑者のスマホには女性の画像が100枚保存されていたそうです」(前出の捜査事情通)

 まさに未練タラタラ。30年近く真面目に働いた揚げ句に女でコケる。中年男の勘違いとはいえ、何だか哀れを催す。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・社会 【社会ニュース】  2015年03月28日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネット公開で初逮捕者 リベンジポルノ法は厳しさ“ケタ違い”

2015-03-16 15:00:10 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

ネット公開で初逮捕者 リベンジポルノ法は厳しさ“ケタ違い”

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:ネット公開で初逮捕者 リベンジポルノ法は厳しさ“ケタ違い”

  元交際相手の裸の写真をネットに公開した男が神奈川県警に逮捕された。鳥取県に住む無職の東賢一容疑者 (39)で、神奈川県内の女子専門学校生(20)の写真をツイッターに公開したため、リベンジポルノ被害防止法を適用された。ネットを利用した同法違反での逮捕は全国で初めてだ。



 「東容疑者と女性は2012年6月にニコニコ動画を通じて知り合い、交際を開始。13年1月に女性が別れを切り出したため東容疑者は復縁を迫り、昨年12 月、ツイッターで女性の裸の写真を1点公開。犯行がリベンジポルノ被害防止法の施行前だったので県警は2月18日、わいせつ電磁的記録媒体公然陳列罪など で逮捕した。その後、施行後の1月2日にも写真を10点公開していたことが分かったため、同法で再逮捕したのです。10点のうち4点は性行為が、残りは女 性の裸が写っていたようです」(捜査事情通)

  リベンジポルノ被害防止法は、性交または性交類似行為などの画像を不特定多数の人に提供したら適用される。有罪なら懲役3年以下あるいは罰金50万円だ。

 ネット上のリベンジポルノ“容疑者”予備軍の中には「女性の顔にモザイクをかければ捕まらない」「後ろ姿なら大丈夫」と思っている向きがいるようだが、それほど甘くはない。

 「名誉毀損とは厳しさが違います」

 こう言うのは元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏だ。

 「名誉毀損は不特定多数の人が被害者がどこの誰なのかを特定できる状況のときに適用されますが、この法律は実際は数人が気付く程度の状況でも犯人は罪に問 われることになります。極端な話、被害者の親族などが1人気づいただけでも立件可能です。顔にモザイクをかけたり後ろ姿の写真でも、ホクロの位置や特徴的 なタトゥー、背景などで人物が特定される画像なら摘発の対象になります」

 ただし、痴漢などと同様に親告罪だから、被害者が告訴状を提出しないかぎり警察は逮捕できない。

 「今後は警察がサイバーパトロールなどでリベンジ写真の情報を入手して、まだ気づいていない被害者に知らせ、“告訴しますか”と確認するケースも出てくると思います」(落合洋司氏)

 これならリベンジ野郎は手も足も出せない――。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・社会 【社会ニュース】  2015年03月14日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リベンジポルノ、写真に一部伏せ字で被害者の名

2015-02-21 09:06:20 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

リベンジポルノ、写真に一部伏せ字で被害者の名

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:リベンジポルノ、写真に一部伏せ字で被害者の名

 元交際相手の性的な写真を福島県郡山市の商業施設駐車場にばらまいたと して、須賀川市旭町、会社員宮田慎也容疑者(33)がリベンジポルノ被害防止法違反の疑いで逮捕された事件で、写真には被害女性の氏名が一部を伏せ字にし て書かれていたことが20日、郡山北署への取材で分かった。

 同署によると、宮田容疑者は調べに対し、「困らせるためにやった。ばらまいたのは間違いない」と供述しているという。同署は同日、宮田容疑者を福島地検郡山支部に送検した。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【事件・犯罪・疑惑】  2015年02月21日  09:06:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【質問なるほドリ】:リベンジポルノ法って?=回答・松本惇

2015-01-16 02:40:20 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

【質問なるほドリ】:リベンジポルノ法って?=回答・松本惇

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【質問なるほドリ】:リベンジポルノ法って?=回答・松本惇 

 ◇個人的に撮影した性的画像 流出行為を処罰、削除も迅速化

 なるほドリ リベンジポルノを規制する法律ができたんだってね。

 記者 はい。正式には「私事(しじ)性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」という名称です。リベンジポルノとは、別れた恋人などの プライベートな写真や動画をインターネットなどに流出させることです。最近、ストーカーの加害者などが嫌がらせのために画像をネット上に拡散(かくさん) させるケースが問題になっていました。自民党を中心に議員立法でまとめ、昨年11月の参院本会議で可決、成立しました。

 Q どんなことが罰せられるの?

 A 写された人が特定できる方法で、個人的に撮影した性的な画像を不特定多数に提供すると、3年以下の懲役(ちょうえき)または50万円以下の罰 金が科されます。広く拡散させる目的で、LINE(ライン)などで特定の少数者に提供しても1年以下の懲役または30万円以下の罰金になります。

 Q リベンジポルノはこれまで罰する手段がなかったのかな?

 A いいえ。児童ポルノ禁止法や刑法のわいせつ物頒布(はんぷ)罪、名誉毀損(きそん)罪などを適用して立件(りっけん)していました。ただ児童 ポルノ禁止法は被害者の対象が18歳未満に限られます。名誉毀損罪は被害者の社会的評価を低下させる恐れがあるかどうかの立証が難しく、それぞれにハード ルがありました。今回の立法化でリベンジポルノという行為そのものが犯罪であることが明確になりました。

 Q 容疑者を摘発しても、ネットに広がった画像を削除(さくじょ)するのは難しいよね。

 A そうなんです。問題のある画像が掲載されたサイトには警察が削除要請をする場合もありますが、海外のサイトの場合は責任者に連絡を取るのも大 変で、要請しても拒否されればそれ以上の対応は無理です。仮にサイトから削除しても、画像をダウンロードした人物が別の掲示板などに載せることもありま す。新しい法律ではネットのプロバイダー(接続業者)が被害者からの削除の申し出に迅速に対応できるようにしました。

 Q 被害に遭わないためにはどうしたらいいの?

 A ある相談機関によれば、被害を受けた少女らの多くは安易な気持ちで撮影させたり、「彼氏に頼まれて断れなかった」と話したそうです。親しい間柄でも裸の写真は撮らせず、自分で自分を守ることが大切です。(東京社会部)

==============

 掲載テーマを募集しています 〒100−8051毎日新聞「なるほドリ」係

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【質問なるほドリ】  2015年01月16日  02:30:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

{社説②}:リベンジポルノ 根絶へ厳しい対応を

2014-12-28 02:31:50 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

{社説②}:リベンジポルノ 根絶へ厳しい対応を

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:{社説②}:リベンジポルノ 根絶へ厳しい対応を

 恋愛や夫婦関係にあった当時に撮った裸などの写真や動画を、別れた後に腹いせでインターネットに流出させる「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」の被害が深刻化している。

 このため、罰則を盛り込んだリベンジポルノ防止法が衆議院解散前の臨時国会で成立し、施行された。

 いったん流出したネット上の記録の消去は困難だ。被害者は心の痛手を長期間負い続けることになる。リベンジポルノは、相手を信じた気持ちを裏切り、写真などを撮らせた弱みにつけこむ卑劣な犯罪だ。性暴力であり、究極の人権侵害でもある。

 新法が成立したのは、既存の法制では処罰が難しい事案があるうえ、流出した画像を早く消去する現実的な手立てがなかったからだ。例えば、画像をば らまくと脅して交際を続けるよう求めれば脅迫罪に当たる。実際にそうした摘発例はあるが、刑法のわいせつ物頒布(はんぷ)罪などは、わいせつ性の定義の壁 で、摘発に結びつきにくかった。新法を生かし、積極的な摘発や運用でリベンジポルノを根絶させたい。

 防止法は、被写体を特定できる方法で個人的に撮影した裸の写真などをネット上に公表したり、公表させる目的で第三者に提供したりした者への処罰規定を設けた。公表した場合の法定刑は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金だ。

 また、プロバイダー(接続業者)責任制限法の特例を設け、プロバイダーが被害の申し出を受けて発信者に照会後、画像を消去するまでの期間を7日間から2日間に短縮した。

 法には「私生活の平穏」との文言を盛り込み、プライバシーの保護目的であることも前面に打ち出した。

 リベンジポルノが広く知られるようになったのは、東京都内で昨年起きたストーカー殺人事件がきっかけだ。被告は被害者の画像をネットに流していた。

 警察などによる公式的な統計はないが、事件後に同様の被害に遭った若者を中心に民間団体などへの相談件数が急増しているという。警察は今後、被害者の立場で一層積極的に取り締まりに当たるべきだ。

 プロバイダーの役割も重要だ。画像削除は自主判断に任せられており義務ではないが、被害の深刻さを考えれば警察への速やかな通報を含め、踏み込んだ対応が求められる。

 被害を根っこから絶つためには啓発や教育も重要だろう。他人に見られて困るような写真や画像を撮らせないよう家庭や学校でしっかり教えたい。ネッ ト空間で知り合った人ならばなおさらだ。いったん海外に流れれば消去は国内以上に困難だ。ネットの利便性の裏側にひそむ危険性について認識を深めさせた い。

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2014年12月28日  02:30:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【リベンジポルノ】:防止法が成立 最高で懲役3年以下

2014-11-19 11:30:30 | 【リベンジポルノ・私事性的画像記録の提供

【リベンジポルノ】:防止法が成立 最高で懲役3年以下

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【リベンジポルノ】:防止法が成立 最高で懲役3年以下

 元交際相手らの裸の画像などをインターネット上に流出させる「リベンジ(復讐)ポルノ」を防ぐための「私事性的画像記録の提供被害防止法」が19日午前の参院本会議で可決、成立した。取り締まりの強化に向け、最高で「懲役3年以下」の罰則を新たに設けた。

 防止法は、インターネット上などに第三者が被写体を特定できる方法で、個人的に撮影した性交や、それに類似する性的な画像記録などを不特定多数に提供した際、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金を科す。

 画像記録を拡散させる目的で特定の者に提供した場合も、1年以下の懲役か30万円以下の罰金とすることも盛り込んだ。(共同)

元稿:毎日新聞社 主要ニュース 政治 【政策・私事性的画像記録の提供被害防止法】  2014年11月19日  11:30:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加