乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【地軸】:押し買いと終活

2017-09-18 03:15:35 | 【消費者安全法・重大消費者事故・消費者委

【地軸】:押し買いと終活

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【地軸】:押し買いと終活

 その電話は、わが家にもかかってきた。「要らない靴はありませんか? 買い取りに行きますよ」。優しげな声だったが、これぞ恐らく「押し買い」▲

 ひと昔前の「押し売り」の逆。業者が家に来て、不用品だけを買い取ってくれると思いきや「もっと何かあるだろう」と居座り、貴金属などを無理やり安値で買っていく―という。相談は4年で3万5千件に上り国民生活センターが今月、注意を呼び掛けた▲

 くだんの電話も、靴はないと答えたら「じゃ服は? 指輪は? 切手や洋酒でもいいけど?」と矢継ぎ早。「いま松山市で買い取り中」というので「松山のどこ?」と聞いたら無言で切られた。家に入れてしまえば、抵抗は難しそう。どうか注意を▲

 はたと両親が心配になって尋ねたら「何回もかかってきたよ」。断ってはいたが「押し買い」とは知らなかったという。実際、被害者の多くは高齢女性。その背景に「終活」があると知り、胸をつかれた▲

 年配者はなべて物持ちがいい。それでも子らに迷惑をかけまいと、元気なうちに身辺を整理する「終活」に取り組む人も増えた。その切実な親心につけ込む悪意。守るすべは、家族や近しい人が気兼ねなく心配し合い、語り合うこと▲

 モノの片づけにとどまらずその人らしく生ききる準備が「終活」なら、「終活」とは「生活」そのもの。きょうは、旧・敬老の日の「老人の日」。心配できる人がいる生活を大切に思う。

 元稿:愛媛新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【地軸】  2017年09月15日  03:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【消費者庁】:新拠点、徳島に7月開設 県庁内に職員50人常駐

2017-06-27 13:39:30 | 【消費者安全法・重大消費者事故・消費者委

【消費者庁】:新拠点、徳島に7月開設 県庁内に職員50人常駐

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【消費者庁】:新拠点、徳島に7月開設 県庁内に職員50人常駐

 松本純消費者行政担当相は27日の閣議後記者会見で、消費者庁が設置する政策の研究・立案拠点「消費者行政新未来創造オフィス」の開設日が7月24日に決まったと明らかにした。消費者庁や国民生活センターの職員約50人が徳島県庁内のオフィスに常駐。学術機関や企業などにも連携を働き掛ける。

 政府は消費者庁の徳島県への全面移転を検討しており、3年後をめどに改めて可否を判断する方針だ。

 新拠点では、インターネット通販を巡る消費者トラブルの背景分析や、子どもの製品事故防止策の検証などをする予定。国民生活センターによる商品テストや相談員の研修業務の一部も行う。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政策・消費者庁】  2017年06月27日  13:39:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【斜面】:出張した都内で偶然入った喫茶店。

2016-11-27 08:58:05 | 【消費者安全法・重大消費者事故・消費者委

【斜面】:出張した都内で偶然入った喫茶店。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【斜面】:出張した都内で偶然入った喫茶店。

 後から隣の席に座った20〜30代の男女2人の会話に、思わず聞き耳を立ててしまった。「これでは法律違反になる」「それでも取引先の要請なら続けるしかないでしょう」

   ◆

 1カ月前の出来事だ。企業の社会的責任も口にした2人は違反にどう対応したのか。消費者庁の3年前の調査では会社に告発すると4割が解雇など不利益を受ける恐れがあると回答。3割は嫌がらせを懸念した。告発者を守る制度ができて10年。社員にとってハードルはまだ高い

   ◆

 制度発足後の2007年6月に上司の不正を会社に告発した浜田正晴さんは8年半も苦汁をなめさせられた。告発直後に配置転換。新入社員用の学習をさせられ1人だけの席で勤務した。訴訟に踏み切り12年6月に勝訴する。それでも待遇は改善せず再び提訴。今年2月に和解した

   ◆

 制度は告発を理由とする解雇や降格を禁じる。問題は違反しても罰則がないことだ。消費者庁は見直しに向け議論中。違反した事業者名を公表する行政措置を導入する方向になったものの、罰則は「混乱をもたらす」として慎重だ

   ◆

 埋もれた不正はどれほどあるのか。被害を受けた消費者もいるだろう。外部の指摘で発覚すれば会社の存続にも影響する。「通報は会社のためだ」と浜田さん。告発者への意趣返しは第二の不正だ。社会の厳しい姿勢が社員の勇気を生む。

 元稿:信濃毎日新聞社 朝刊 ニュースセレクト 社説・解説・コラム 【斜面】  2016年11月21日  09:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【消費者庁長官】:岡村和美氏 3代続けて女性が就任

2016-08-02 12:09:30 | 【消費者安全法・重大消費者事故・消費者委

【消費者庁長官】:岡村和美氏 3代続けて女性が就任

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【消費者庁長官】:岡村和美氏 3代続けて女性が就任 

 河野太郎消費者行政担当相は2日、板東久美子消費者庁長官が退職し、後任に法務省の岡村和美人権擁護局長が就任すると発表した。9日付。板東氏の前任の阿南久氏以来、長官は3代続けて女性となる。

 岡村氏は米ハーバード大ロースクール修了。2000年検事に任官し、最高検検事などを経て、14年7月、法務省初の女性局長として人権擁護局長に任命された。58歳。東京都出身。

 板東氏は文部科学審議官などを務めた後、14年8月に消費者庁長官に。中央省庁の地方移転に向けた検討の一環として今年3月と7月、消費者庁が徳島県で行った試験業務では、現地で自らさまざまな業務を試行した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政策・消費者庁長官人事】  2016年08月02日  12:09:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消費者被害の回復指示へ 悪質業者対策で新制度

2016-02-08 05:36:30 | 【消費者安全法・重大消費者事故・消費者委

消費者被害の回復指示へ 悪質業者対策で新制度

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:消費者被害の回復指示へ 悪質業者対策で新制度

 高齢者らを狙う悪質商法が増える中、消費者庁は8日までに、訪問販売などで不当な勧誘をして業務停止命令を受けた業者に対し、消費者の被害を回復するよう国や自治体が指示できる制度を新設する方針を固めた。

 同庁が今国会への提出を目指す特定商取引法改正案に規定を盛り込む。不当な勧誘で代金を支払わされても、泣き寝入りしがちな消費者が代金を取り戻せるよう、行政が後押しするのが狙いだ。

 現行法では訪問や電話勧誘、通信販売で虚偽の説明をした業者に、違反の是正を指示できるとの行政処分の規定がある。この規定を改正して「購入者らの利益の保護や回復のための措置」を明記する。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 社会 【事件・犯罪・疑惑】  2016年02月08日  05:36:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【余録】:米国で詐欺師の商売によく使われる商品の一つが…

2015-07-02 02:35:45 | 【消費者安全法・重大消費者事故・消費者委

【余録】:米国で詐欺師の商売によく使われる商品の一つが…

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【余録】:米国で詐欺師の商売によく使われる商品の一つが…

 米国で詐欺師の商売によく使われる商品の一つが聖書というから皮肉である。こういえば1970年代の映画「ペーパームーン」で、葬儀のあった家に故人が注 文したと聖書を売りつける詐欺師と少女のコンビを思い出す方も多いだろう▲実際の手口にはこういうのもある。ある日、注文もしていない本革(ほんがわ)の 装丁(そうてい)の聖書が30ドルの請求書とともに送られてくる。請求書を見ると合成皮革の廉価(れんか)版のそれで、案内書にはご希望なら革装の50ド ルの豪華版と取り換えますとある。「あ、間違えて送ってきたんだ」▲これは得をしたと信心深いお客もついつい頼んでもいない聖書に30ドルを送りたくな る。むろんもともとが30ドルの革装聖書である。きまじめな客が間違いを指摘しながら50ドルを送ってくれば、詐欺師にはもっけの幸いだった▲さてもし注 文もしていない商品が送りつけられたら、どうすればいいか。今月から「188」番に電話して相談できることになった。「いやや」で覚えてほしいというこの 消費者ホットライン、音声案内を介し各地の消費生活センターや国民生活センターにつながる▲同じホットラインはすでに10けたの番号で運用されているが、 より覚えやすく利用しやすいものにしようと3けたが新設された。それというのも高齢者からの相談が増えるなか、詐欺まがいの商法に泣き寝入りを強いられて いる被害者が少なくないとみられるからだ▲「ペーパームーン」では少女が貧しい家族に聖書をただにしてホッとさせるが、人の弱みにはすかさずつけ込む今日 の悪徳商法である。多くの人に利用されてほしくもあり、ほしくもない188番だ。

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【余録】  2015年07月02日  00:33:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浦河港に大量のイワシ むかわに続き、冷たい海水避け逃げ込む?

2014-11-06 13:17:30 | 【消費者安全法・重大消費者事故・消費者委

浦河港に大量のイワシ むかわに続き、冷たい海水避け逃げ込む?

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:浦河港に大量のイワシ むかわに続き、冷たい海水避け逃げ込む? 

 【浦河】日高管内浦河町の浦河港に6日未明、大量のイワシが押し寄せているのが見つかった。道内では、同町から約80キロ離れた胆振管内むかわ町でも3日から4日にかけて海岸沿いに大量の死んだイワシが漂着しているのが見つかったばかり。

浦河港に打ち上げられた大量のイワシ=6日午前(浦河町提供)

浦河港に打ち上げられた大量のイワシ=6日午前(浦河町提供)

 日高振興局によると、浦河町とむかわ町の間に位置する日高管内日高町や新ひだか町でも6日までに大量のイワシが漂着したという。

 浦河町によると、押し寄せていたのは体長約20センチのマイワシ。イワシの中には生きているものもいて、浦河港では6日午前、浦河漁協の関係者らが網ですくい上げるなど回収作業に追われた。

 同町の水産商工観光課は「3日に接近した低気圧の影響で、イワシが冷たい海水を避けて港に逃げ込んだのではないか」と話している。

 元稿:北海道新聞社 主要ニュース 社会 【道内】  2014年11月06日  13:17:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【消費者庁】:子ども事故情報、集まらず 教育・保育施設、・・・

2014-11-06 03:15:50 | 【消費者安全法・重大消費者事故・消費者委

【消費者庁】:子ども事故情報、集まらず 教育・保育施設、4年で通報5件

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【消費者庁】:子ども事故情報、集まらず 教育・保育施設、4年で通報5件

 消費者安全法に基づき消費者庁に通知し、集約することになっている、保育所や幼稚園など教育・保育施設で起きた、子どもが被害に遭った重大消費者事故について、実際には昨年度までの4年 間で報告義務のある関係省庁や地方自治体からわずか5件しか同庁に事故情報が寄せられていないことが分かった。この間、これらの施設では計1100件以上 の死亡や重傷などの事故があり、この中には消費者庁に報告すべき重大事故も多いとみられる。子どもの事故情報の収集で同法が適切に運用されていない実態が明らかになった。

 消費者行政全般を点検する内閣府の消費者委員会は4日、事態を重視し、子どもの事故について政府全体で発生状況を適切に把握し、再発防止を図る体 制を作るよう関係省庁に求める建議(意見書)を出した。この中で、現在は事故情報を収集する仕組みのないベビーシッター事業や、実態がよく分からない小規 模認可外保育施設についても適切に対応するよう要請した。

 消費者委によると、2010年からの4年間で、保育所では死亡や治療30日以上のけがなどの事故が計447件あり、ほぼ同期間に、放課後児童クラ ブ(学童保育)での同様の事故は708件、幼稚園でも死亡や障害が残った事故が24件あった。いずれも所管の地方自治体や厚生労働省などは把握していた。

 一方、消費者安全法は、事業者が提供したサービスの安全性に問題がある可能性があり、死亡や重傷など生命に関わる重大消費者事故があった場合、関係省庁や地方自治体から消費者庁に通知することを義務づけており、教育、保育施設での事故も該当する。

 このため、保育所などでの事故も同法に基づいて同庁に報告すべきだった場合も多いとみられるが、実際の通知は地方自治体から2件、文部科学省から1件などにとどまり、厚労省からはゼロだった。

 この理由について厚労省保育課は「通知すべき消費者事故との認識が足りなかった」と説明。文科省学校健康教育課は「現場に通知義務が浸透していなかった」などとし、「消費者委の指摘を真摯(しんし)に受け止める」と話す。一方、消費者庁も「各省と協力し、説明会や文書などで分かりやすく関係者に通知の義務を説明したい」としている。【江口一】

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 政治 【政策・消費者庁】  2014年11月06日  03:15:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加