goo

福岡が熱いかも(3)-福岡イエローケーキ工場

明日はいよいよ、福岡市長選挙の投票日。私の大好きな福岡をもっと素敵な街にするため、福岡市民の皆さんはよく考えて投票されるようお願いします。

いまさらですが、次に市長に当選された方は、市民の命を守るために全力で取り組んで頂きたいと思います。私が福岡で今一番危惧しているのは、福岡空港東側の志免町にかかる地下に作られたウラン精製工場です。

玄海原発が事故や他国から攻撃を受けても福岡市民にとっては脅威ですが、このウラン精製工場がバンカーバスタータイプの対地下施設攻撃兵器などで破壊されれば、福岡市は一発で放射能地獄と化すでしょう。その脅威を取り除くためにも、市内および近隣の全ての核関連施設(*)を即時停止させることが望まれます。果たして次の市長はその決断ができるでしょうか。

もっとも、そこまでの規模なら県知事以上の権限が必要かもしれませんが。その時は小川さん、よろしくです。


(33.597883, 130.461756)
ご丁寧に、核燃料輸送用に市営地下鉄の第二空港線まで敷設されているようです。これに接続するJR九州の筑肥線に地下線があるかどうかは未確認ですが、おそらくあるでしょう。筑肥線を通じて、ウラン鉱生産地である佐賀県の伊万里、有田を結んでいます。その途中に玄海原発があるのがとても分かりやすいですね。

* 核関連施設:福岡市内にある地下原子炉の数は、私の推定で大小含めて2千基前後と見ています。いきなり全部を止められませんので、徐々に停止させていく計画も急遽策定する必要があります。

日本の原子力開発プロセスで、これまでウラン精製をどこで行っているのか謎でしたが、やっとスッキリしましたね。同時に、どうして九州の方が関東よりも放射能汚染がひどいのか納得できます。

311で関東から九州に移住した皆さん、そろそろ戻りましょう!


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 福岡が熱いか... 福岡が熱いか... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   新規登録