goo

The Curse of 1949 at Matsukawa Ended

When the ancient queen appeared on the hill of Matsukawa in Fukushima prefecture, one of the three mysterious affairs concerning the former Japan National Railway shall begin to tell the truth.


a large rock set up at the bottom of the hill
[37.675567, 140.466036]


the place train crash occurred
[37.666636, 140.474747]


photo of the train crash at the time (wiki)


a big picture drawn by rail lines, and a funny-shaped rock sticking out from the ground near the crash site
[37.665683, 140.476433]

To understand the affair, we have to know something laid under the hill surrounded intentionally by rail lines. It must be a footprint of ancient times.

1949年8月17日に発生し、列車転覆により3人が死亡した松川事件は、故松本清張先生の作品である「日本の黒い霧」でも取り上げられた、日本の未解決事件の一つです。

この元祖「日本の黒い霧」では、当時台頭してきた労働者運動を取り締まるため、事件は政府とGHQ・キャノン機関等による謀略だったのではないかという説が述べられています。

長い裁判の末、容疑者は全員無罪となるものの、レールを取り外すなど大掛かりな工作を行った、複数人いたのはほぼ確実と思われる真犯人達は捕まらないまま、事件は時効を迎えます。

この事件を日米政府vs共産勢力なる政治的事件として捉えている限り、真相は永久に分からないままでしょう。しかし、「この場所でどうしても人に死んでもらう必要があった」と考える人々がいたらどうでしょうか?

そんなことを考える人物が本当に居るのか?居るとすれば、その人物像と目的は何なのか?その答を得るためには現場をよく知らなければなりません。

それを調べに、つい先日、私は福島まで足を運びました。そして、そこが歴史的に極めて特殊な土地であることに気付きました。

この事件の骨格は、その36年後に発生する123便事件とも無縁ではありません。むしろ、両事件共、動機も目的も共通している人々の犯行であると考えられるのです。ただ、その発想があまりにも一般人のそれからかけ離れているため、私たちは気付かないだけなのです。

日本とは本質的に呪術の国であり、日本人は呪術の民である、それを認めた時、初めて不可解なこれまでの未解決事件の真相が見えてくるのだと私は考えます。ミステリーと言われ続けてきた終戦直後の国鉄3大事件(松川事件・三鷹事件・下山総裁事件)も、視点を切り替えればもはやミステリーではなくなる可能性があります。

松川事件の本質的部分は、123便事件同様、今後(神)日本の黒い霧にて、古代史関連事項として取り上げることになります。

 参考:呪術視点による事件の分析例
  ・皇居を狙え-呪術から見た地下鉄サリン事件


The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
« 北朝鮮拉致問... 末代に至る責任 »