goo

関西再水害の危険性-広域避難は28日(土)までに


引用元:http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/detail-1812.html

先週20日(金)に日本テレビ系地上波にてアニメ「時をかける少女」が全国放送されました。その目的については解析を終了し、既に当方にて処置を実施しています。今回の台風12号接近により、1995年に阪神淡路大震災が起こされた本当の理由がはっきりするかもしれません。

子供の時から親しんできた四季や雨などの気象が本当に天からの授かりものだったのか?読者様におかれましては、その問いを胸に秘められた上で、これから世に起きる出来事を見据えて頂きたいと思います。指揮棒、いや、その手を失った指揮者の演奏が間もなく始まります。



神戸の方はとりあえず大阪に、広島の方は福岡・北九州など、収容力のある都市に一時避難されることをお勧めします。最悪の場合、神戸という都市が消失することも私は想定しています。

--- 以下追記です ---

関西淡路大震災が発生する1ヶ月前、神戸出張中のその方は、毎日続けてきた地磁気の観測で驚くべき結果を得ました。土中の砂鉄の磁気が一切失われているのです。彼はその状況から1ヶ月以内に大きな地震が起きると予測、神戸市役所に駆け込み市民を至急避難させるよう説得します。しかし、当然と言えば当然ですが、市役所の担当者に相手にされることはありませんでした。

今回の私の警告は、その方ほど根拠のあるものではありませんが、人的被害が少なかったとはいえ、前回の豪雨で神戸の山中のあちこちが崩落しています。地盤が緩みきったこの状況で激しい雨に降られたら何が起こり得るのか、もはや説明は要らないかと思います。現地の方々のなるべく早い決断を望みます。何も起きなかったら、それを喜べば良いではありませんか。

明日、新神戸の駅で身なりの良い婦女子を多く見かけることがあれば、それが脱出の最終サインです。躊躇せずあなたも新幹線に飛び乗ってください。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« What's up ? 広島・長崎、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   gooIDを取得する