goo

JAL123便墜落事故-真相を追う-熊谷売国隊情報(2)

ぬかりました・・内閣官房機密費を資金源とし、事実上、経費無制限に動く国営テロリスト集団(自衛隊熊谷基地・北富士駐屯地の特殊部隊ほか)のことは前回お知らせしたとおりですが、充分警戒していにもかかわらず、ふいに前に割り込んだ自動車に神経ガス(*1)を撒かれ、急いで離脱して解毒を行うこと十数分。幸い大事には至りませんでしたが、精神的なダメージは結構大きいものがありました。

前回の記事で「隊員の人相がまるで中国人?」というS氏の所感を記述しましたが、この記事が掲載されてから最初のS氏の報告で「どうしてなのか、部隊のメンバーが全員大型のマスクを着用するようになりました」との連絡を受けました。

本当にわかりやすい人たちです。これじゃまるで、私たちは外国人ですと言っているようなものです(苦笑)。また、供物を持ち帰るなど、日本の神仏、信仰に崇敬の念がないのもその特徴の現れと言えそうです。国際軍事評論家のB氏によれば、国内弾圧部隊に外国人を起用するのは世界の治安当局の常識だそうですから、そのこと自体は確かに驚くことではありません。しかし、私たちのJAL123便の真相究明活動が、どうして外国人部隊による弾圧を受けなければならないのか?今更問い直すことでもありませんが、国にとって、彼らにとって、究明されると困る理由があるからとしか考えられません。

私は、このブログの過去の記事「闇夜に蠢くもの(5)」の中で、4~50名いたと思われる生存者を殺害したのは、"米軍に徴用された在日朝鮮人部隊"なのではないかと説を立てました。自衛隊員を自国民の殺害に起用するのは、命令する側としても実行する側としても、無理が多いと思われたからです。しかし、日本の機関で自衛隊の振りをした自衛隊、それも外国人部隊があるとなれば話は別です。私とS氏はこの目ではっきりと彼らの殺人未遂行為、自身に向かってくる刃を見てしまいました。ですから、今は自信を持って断言できます。

 日航機事故生存者の命を奪ったのは、熊谷基地と北富士駐屯地を中心とした国営テロリスト集団(旧帝国陸軍閥)であろうと!

そして、この集団の背後にはロシア、及び中国・北朝鮮の臭いがプンプンとします。なぜかといえば、彼らの旧陸軍時代からの強い人脈といった側面もありますが、何より「MIG-25」「ロシア」、「中国」、「北朝鮮」の名前をこのブログに出してから、彼らの攻撃が極端に激しさを増し、また同時に、私の身辺で白系ロシア人を見かけるなど、明らかに動きが変ってきたからです。米国の日本に対するこれまでの横暴な態度は確かに糾弾されるべき問題かもしれませんが、その感情を戦前の亡霊や他国に利用されてもいけません。日航機事故の真相は何であったのか、中立かつ客観的に分析を進めていかなければと、改めてこのブログを始めた時の心構えに戻った気分です。

ところで、全ての自衛隊・警察が彼ら国営テロリスト集団に従属している訳ではないことを、読者の皆様には今一つご理解いただきたくお願い申し上げます。どこの誰とは言えませんが、明らかに私たちの保護に動いてくださっている組織もあるのです。その方々のサポートがあるからこそ、今こうやって身の周りで起きたことをリアルタイムで発信できると思っています。私は、この国には賢明な人の方がはるかに多いと信じています。

一方、国営テロリスト集団と一体になって動いている困った組織もあります。こちらは、はっきりと名前を出して、少し反省してもらいましょう。

 山梨県公安警察の皆さん。あなた方が北富士の部隊と共同で、私やS氏に電子銃(*2)を向けてきたことを絶対に忘れませんよ。また、成田公安警察の皆さん、空港周辺で国営テロリスト集団をあそこまで野放しにしておいて、本当に過激派の取り締まりなんてできるのですか?後で知りませんでしたは通用しませんからね。ついでに、私があの物質(*3)を渡したのはあなた方であることを、今ここで公にしておきたいと思います。


[*1] 神経ガス:遅効性で強毒ではないが、まともに吸うとしばらくしてから痺れて動けなくなる。B氏によると、その身体反応から「サイクロンB」かその系統のガスであろうとのこと。自動車の排気ガスに混入することで撒かれていた。

[*2] 電子銃:その非人道性から保有している機関は無い事になっているが、実は、使用しても証拠が残らないことで、世界中の治安部隊に重宝されている。各周波数帯の電磁波を放射して、不快感や眠気を誘引するだけでなく、焦点を絞ることにより、眼球や内臓を焼き切ったりすることもできる。フォークランド紛争で英国軍が初めて使用した(by B氏)。今回の件で日本国内に配備されていることが明らかになりました。

[*3] あの物質:問題のJAL123便の積荷です。

* * *

身辺が騒がしくて本当に参ってしまいます。次回からは、本題である日航機事故の話題に戻りたいと思います。

QUID ENIM MIHI DE HIS QUI FORIS SUNT IUDICARE NONNE DE HIS QUI INTUS SUNT VOS IUDICATIS NAM EOS QUI FORIS SUNT DEUS IUDICABIT AUFERTE MALUM EX VOBIS IPSIS
外の人たちをさばくのは、わたしのすることであろうか。あなたがたのさばくべき者は、内の人たちではないか。外の人たちは、神がさばくのである。その悪人を、あなた方の中から除いてしまいなさい。

管理者
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )
« JAL123便墜落... JAL123便墜落... »
 
コメント
 
 
 
応援しています (五分の魂)
2010-01-08 02:10:29
ほんとにご無事で何よりです!
身辺とお身体にくれぐれもお気をつけ下さい。
誠と義が溢れる世の中になりますように。
かなり微力ながら応援しています。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2010-01-08 02:49:15
私たちの税金を人殺しに使わないでください。
お願いします。一円たりともそんなことに使われたくありません。
蒔いた種は刈り取ることになります。

心ある組織の方々、ありがとうございます。そういう方々がいらっしゃるとは思っていませんでした。この国にも希望はあるのでしょうか。

ブログ主、S氏の安全が保たれます様に。
あの時、突然未来が閉ざされてしまったたくさんの方々のためにも、真実が明らかにされますように。 祈っています。
 
 
 
Unknown (anon)
2010-01-08 02:57:57
想像力が逞しくなるのを、どうにか抑えていただけないものか。

 
 
 
Unknown (↓の方)
2010-01-08 20:54:08
そう思っててついつい気になって見てるんでしょ?(笑)

解りやすいですね(笑)
 
 
 
Unknown (123)
2010-01-09 00:43:03
http://images.apple.com/global/elements/blank.gif?repurl=http://images.apple.com/home/elements/worldwide_us.png
 
 
 
冗談か? (くう)
2010-01-31 16:55:31
10分で簡単に解毒できる神経ガスって何?
解毒できたんだから、詳細わかるでしょ?
 
 
 
お願しますなんて腐れ権力者に言ってるからいつまでも政府にナメラレルんだよwww (FBI)
2010-02-16 00:49:34
やはり、恩が有るので書いておきます。
リチャード・コシミズと云う人物は(笑)
宗教の事に関すると誤った見解を示し、とかく政治の事になると偏った意見を述べると言った
所謂、説明慣れしていて、接続詞が聞いていて気持ちが良い感じを受けるので、納得するような錯覚に陥るが(笑)
よくよく聞き惚れなくても間違った思想の持ち主であるとの結論に達してしまいます!

と言いますのも、結局相対する団体や対象人物の資料を確りと読んでいないのが原因だと見受けられますし、この方、あの毎日3人は必ず逮捕者が出ていると言う暴力集団。
Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けると出る、
ニュースで毎日のように報道されている団体に所属している過激な廃徒なので、最も注意が必要な人物なんですよ!!

受けている攻撃の件で?どのページでも創価創価って言わない方がい良いんじゃないか(笑)
それじゃないと、頭おかしいと思われるよ!!実際何かの犯罪をしている人たちの集まりなら分かるけど?日本だけで人口の1割1,000万人団体の良い人ばっかりの集まりなのに?何で有りもしない噂を付加えて、そんな事いろんなところで書き込んでるんだろう?

実際逮捕者が毎日3名以上必ず出ている顕正会宗教団体なら知ってるけど!ここみたいに具体的な監禁や暴行の犯罪を犯しているところや、静岡県の富士大石寺にある阿部と言う人がやっている日顕宗(宗門だか)の法華講員がJRでの痴漢行為やネット詐欺、結婚詐欺で信者が続々捕まっている2009年12月に裁判に敗訴した宗教団体だとかがはっきりしている場合以外は適当な事言うのは学会の人たちに失礼だと人として思いますが?

あまりやってもいない事を正当な人たちに向けて言わない方がいいと思いますよ!何か嫉んでいる人みたいに見えます!

それか?誰かに頼まれてやっているとかに見えますけど!!

後、遅れましたが、管理人さんの今の現状では!!ここの書き込んでいる人達を非難している訳ではありません。が、     例え自分の妻子や子供でさえも、誰も信じるな!!と言いっておきたいです。

1日も早く朝日新聞社の記者が四半世紀前の真実を暴露してくれることを願います!!
話は日航123に戻しますが↓”
Unknown (Unknown)
2010-01-21 16:19:05
日本への圧力として、下田沖で正式な日米合同演習を行いました。・・・・・・・・・・つづく→

↑この方を探して出てきてもらい語ってもらったほうが一目瞭然だと思います。

この方は確実に真実を知ってらっしゃると思われ、丁度このページの中間くらいに1回だけコメントを残していらっしゃる方です。

何やら撃墜説より恐ろしい裏があったみたいです。この方は直接米軍だった人に真実を聞いたらしく、私はこれを観たとき直感でこの情報は正しいと判断致しました。

まぁ~私が出てきて下さいと言っても
私自身、資料や情報を集めているだけですから、③を観たら次は④へ行き、状況証拠を拝見して、皆さんのコメントを上から下まで読んで、一言意見を書き込んだら、もう二度とこのページには立ち寄る事は無いと思いますので、

⑤⑥と先へ先へと待ち構えでもしていないと全く意味は有りませんが、是非でてきて匿名でも良いので一発カキコであの日なにがあったのかを語って頂きたいと思いますし、ここに居る皆さんが一番お聞きしたかった件かと思いますので、何卒、おいでになって教えてくださいませ。

宜しくお願いいたします。

尚、何度も言いますが
( 一言)一度訪れたページには、情報収集のみに訪れているだけですので、もう二度と来る事はないと思います。
こちらは、例えば、④を観たとしたら皆さんのコメントを最後まで読んで、何かあれば一言カキコしてから次⑤へ行くといった形をとっていますので、この後何か自分に対して質問されても見れませんので宜しくお願いします!

自分宛のコメントを観れるとしたら?先回りしてカキコして頂かないと拝見できませんので、その点も重ねてお願いいたします!

尚、決して逃げている訳ではありませんが、例えば:管理人さんなんかに、本人が居ないところで悪く言う程、卑怯で悪質で情けない姿はありませんので、そうならないように願いたいものです(大笑)
でわでわ!お疲れ様です!このページからは去りますので!管理人さんも宜しくお願いいたします!!

追伸:Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けてみてください!!全てが確実だと確認できるでしょうから!!
 
 
 
ボイスレコーダー (空技廠)
2010-05-19 15:15:29
 いつも正確な調査をありがとうございます。
公開されているボイスレコーダーは散発的な流れて意味が跳んでおり何か所もカットされている事が分かります。
つまりこれは全面的に捏造したものではなく、原音に対して改竄とカットを施したものと言えます。
ボイスレコーダーは取り上げないようですが、替えられたものとカットされたものを分析してみる価値はあります。

内容は事件発生後羽田に戻ろうとした123便はコントロールが効かずに迷走飛行をして長野県山中に到り墜落したというものである。

ここでは多くの人の共通の疑問について考えてみたい。
*「緊急避難信号」は何故こんなに早く発せられたのか?

後部の爆発音の後に機長が被害の状況を調査確認せずに速やかに「緊急避難信号」を出したのは、パイロット達が事前に危険を認知していた緊張状態にあったからである。
パイロット達は自機が被弾した事を速やかに悟ったのである。

*「羽田管制の事故分析、対策の応答が全て消されている。!」

近くの飛行場の手配、不時着地点への誘導はセオリーである。  高浜機長は「米軍機との接触」、「ミサイルでの被弾」を逐一羽田管制に報告している筈である。
つまり日本航空、自衛隊、政府は123便が米軍の攻撃を受けた事を速やかに認知していたのである。

*横田基地の「呼びかけ」に応答していないのは何故か?

123便の非常事態を傍受していた横田基地は速やかに滑走路を開け123便に横田基地に着陸するように何度も呼びかけた。
横田管制の呼びかけは相手に応答の間を与えていない。
応答した部分に横田の呼びかけを重ねているのだ。
つまり高浜機長の応答を消して横田の呼びかけをリピートさせているのである。
高浜機長が横田への着陸を断っていれば、消す必要はない。つまり高浜機長は横田基地に着陸しようとしていたのである。

*「ドーンといこうぜ」

大部分をカットされた高浜機長の声の中の貴重な一声である。
この短い言葉は、後世の私たちに高浜機長の激闘と123便の真相を伝えている。
これをカットしなかった事故調は大きなミスを犯した。
状況をわきまえない不謹慎な言葉ではない。
満身創痍の中で言える言葉でもない。
操舵を奪われた123便だが4発のエンジンは健在だった。  
エンジンの出力の増減で上昇と下降ができ、左右のエンジンの増減で方向を変えられる。
高浜機長は機体のコントロールを完全に取り戻していたのだ。
この言葉はまさに機長の自信の現れなのである。
高い復元力と安定性を持つジャンボは520人の乗客をしっかり支えてジャンボの安全神話はいかんなく発揮されたのだ。
123便は自力で横田、羽田に着陸できたのである。
コントロールを取り戻した123便が危険な山岳地帯に向かう事はあり得ない。
既に垂直尾翼を破壊した者たちの命令に逆らう事は出来なかった。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。