goo

醤油の国のオリンピック

※7月24日に追記があります。

本日開幕式典だというのに、オリンピック運営関係者が次々とバッシングされた上に、辞任されていますよね。いったいどうなってるのでしょうか?

特に、次の記事なんて関係あるのかと疑ってしまいます。

ヤマサ醤油、小山田圭吾氏のいとこ田辺晋太郎氏の発言炎上で謝罪
[2021年7月20日15時11分]


ヤマサ醤油は20日、ミュージシャン小山田圭吾氏(52)のいとこで、ツイッターでの発言で批判を浴びている音楽プロデューサーで「肉マイスター」としても活動する田辺晋太郎氏(42)との契約がすでに終了しているとした上で、同氏の登場するコンテンツがホームページ上に一部残っていたことに「ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます」と、公式サイトで謝罪した。

同社は「この度、『肉鍋つゆ』シリーズの監修を受けた、肉マイスターの田辺晋太郎氏のSNS上での発言について、弊社にも多数のご意見を頂戴しております」と言及し、「田辺晋太郎氏との契約は、本年6月30日に終了しており、これらの商品はすでに終売しております」と説明。

「現在、弊社のホームページでは、旧商品と新商品の入れ替え作業中で、田辺晋太郎氏の登場するコンテンツが一部残っておりました。ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます」と謝罪し、「弊社は『公正・公平であること』を企業行動規範に掲げており、あらゆる差別やいじめ、虐待などの人権侵害について、これを容認するものではありません」とした。

田辺氏は19日、小山田氏が過去のいじめ告白問題で東京オリンピック(五輪)開閉会式の音楽担当を辞任すると発表したことを受け、「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」とツイートしたところ、批判が殺到し、「先程は辞任の速報を受け、取り乱して不適切な投稿をしてしまいました。ご不快な思いをされた方に対し謹んでお詫びすると共に猛省しております。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪していた。

引用元:日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202107200000487.html


この田辺氏、記事を読む限り、問題を起こした当事者の小山田氏とは「いとこ」と「音楽業界」という繋がりが見えます。同業者でしかも親族であれば、倫理を超えて相手を庇うような発言が出るのは、擁護する訳ではありませんが仕方ない面もあるかと思います。

そもそもヤマサ醤油さんとの契約も終了しているとのこと。もちろん、契約期間後のイメージ維持条項もあるかとは思いますが、田辺氏はヤマサ醤油とだけ仕事をしている訳ではないでしょうから、ヤマサ醤油だけがここまで強くただの関係者に「処置」を表明したのは、何か不自然であるなと勘ぐってしまいます。

私は、こういうケースの場合は、まず暗号報道ではないかと疑うのですが、そう思う理由はこの記事の不自然さだけでなく、前々回の記事「Kohaku Lost」を今月13日に投稿したということもあるのです。

 関連記事:川内原発再び(九州核ネットワーク2)

これは日本の醤油醸造業界における重要機密事項に触れるお話となるのですが、本題からはちょっと遠い「肉マイスター」なる肩書をわざわざ強調するような文面から

 肉マイスター > 666マスター (2×9=18=6+6+6)

と読めるように、この件に関して日本の奥の院から出された緊急指令とも解釈可能なのです。どうやら「正義を振りかざす」輩が非常に目障りのようですね。

ヤマサ醤油とヒゲタ醤油は歴史的に深い関係があり、キッコーマンもその系列と考えて良いでしょう。さらに歴史を遡れば、そのルーツは現在の兵庫県に至ります。そこではヒガシマルが有名ですが、その対岸にある香川県の小豆島はマルキンなど醤油生産で名が知られています。

醸造・発酵とは、極端な言い方をすれば微生物を用いた「物質転換」工程です。そこから生産されるのが果たして醤油や味噌、酒類だけなのか、このオリンピック休暇を機会に読者様も考えてみてください。

世界の原子力産業や貴金属相場をいったい何が支えているのか、黄金の国ジパングの呼び名はどのように誕生したのか、その辺りを探って行くと、この国の黒い霧が見えてくるのです。

 関連記事:Can gold standard system revive for the future?


上図はジブリアニメ「千と千尋の神隠し」でカオナシが千尋に沢山の金の粒を渡そうとするシーン。魔力が失われた時、金は黒い煙のような物質へと戻ってしまう。

地球上にプール一杯分の埋蔵量しかない希少な金属と言われる金。しかし、現代のハイテク機器には欠かせない素材の一つでもあります。巷に溢れるハイテク機器の廃棄物量とこの希少性の話の間には大きなギャップがあります。

そろそろ私たちはこの話の嘘に気付くべきでしょう。金メダルは必ずしもありがたいものではないということです。金投資をされている方はぜひ留ご意ください。



画像:7月24日開催の講演会資料から


QUOMODO OBSCURATUM EST AURUM MUTATUS EST COLOR OPTIMUS DISPERSI SUNT LAPIDES SANCTUARII IN CAPITE OMNIUM PLATEARUM
なにゆえ、黄金は光を失い/純金はさげすまれているのか。どの街角にも/聖所の石が打ち捨てられているのか。
(哀歌 第4章1節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする