adlibrary

余波文庫
(↓移転中)
http://d.hatena.ne.jp/adlib/rss

 堤家の人々 ~ 友だちをつくるな

2005-03-04 18:30:00 | Yahoo! blog
2005-03-04 18:30:00-0309 更新
 
 堤家の人々 ~ 友だちをつくるな ~
 
── 友だちをつくるな。製造業に手を出すな。女の入知恵に迷うな。
死後十年間は動くな。 ── 堤 康次郎・口述《堤家々憲 196.0624 》
 
 正座した堤 康次郎は、三男に「義明、こっちへ来なさい」と招いて、
ヒタイがタタミにつくほどに手をついて、こういった。
「お前に、わたしの事業を継いでもらいたい」(四男・康弘の目撃談)
 
  
 石塚 三郎 恒子の父 元衆議院議員 1876‥‥ 新潟   1958‥‥ 82 県歯医会長
 堤 康次郎“ピストル堤”衆議院議長 18890307 滋賀 東京 19640426 75 /西武鉄道
♀岩崎 ソノ 堤 清の生母      189.‥‥ 滋賀 /康次郎の“初恋の女性”
♀西沢 こと 小島 淑子の生母    189.‥‥ 東京 /特定郵便局員(非入籍)
♀川崎 文  堤 清&小島 淑子の養母 189.‥‥   /康次郎の内妻(非入籍)
────────────────────────────────
♀青山 操  堤 清二&邦子の母   189.‥‥   /康次郎の妻(のち入籍)歌人
♀堤  操  堤 清二&邦子の母?  19071123 東京   19841117 76 /歌人
♀石塚 恒子 堤 義明 康弘 猶二の母 189.‥‥      19841125 死亡記事?
────────────────────────────────
♀小島 淑子 堤 康次郎の長女    191.‥‥ 東京 /正次郎の妻
 堤 清   康次郎の長男      1913‥‥   /堤家と“断絶”近江鉄道社長
 堤 清二  康次郎の二男/詩人   19270330 東京 /元西武百貨店会長(辻井 喬)
♀堤 邦子  康次郎の二女/詩人   1928‥‥ 東京 Paris 19970616 69 セゾン
 堤 義明  康次郎の三男/西武社主 19340529 滋賀 /20041013全役職辞任
 堤 康弘  康次郎の四男      1940‥‥ 東京 /豊島園社長
 堤 猶二  康次郎の五男      1944‥‥ 東京 /東京テアトル取締役
────────────────────────────────
 小島 正次郎 堤 淑子の夫      191.‥‥   /西武鉄道社長/康二郎の娘婿
 堤 康二  康次郎の孫/清二の長男 19581001 東京 /西武百貨店

 
── 堤 操(つつみ・みさお)歌人 堤 清二西武流通グループ代表の
母 没:昭和59年11月17日76歳〔心不全〕生:明治40年11月23日(東京都)
旧姓=石塚 恒子 筆名=大伴道子(おおとも・みちこ) 歴:昭和29年、
当時衆院議長だった堤 康次郎氏と結婚。社交的、活動的な性格で、か
つて「火曜会」という西武グループの御前会議が開かれた時代には、
そのメンバーとして参加。また毎年、高輪プリンスホテルでクリスマス
パーティを主催し、一種の上流社会を形成していたといわれる。歌人で
もあり、代表的歌集に「静夜」「真澄鏡」がある。西武流通グループ代
表・堤 清二氏の母。
── 《ジャパン WHO was WHO 19880325 日外アソシエーツ》P408
 
 1954年(当時47歳)の結婚では、1927年に清二、1934年に義明ともに
出産できない。旧姓=石塚 恒子の記述は、別人を合成したものか?
 通説では、実の姉妹を母とする異母兄弟。
 
>>
 
── 二十歳の時に結婚、長女をもうけた。上京後、川崎文と結婚。子
供はできなかったが、他の愛人との間に長男清、青山操との間に、次男
清二をもうける。その後、青山と結婚するが、石塚恒子との間に、三男
義明が生まれる。結局は、義明にその跡を継がせている。── 
 
── 康次郎氏健在中、義明氏の母「石塚恒子」氏は一度たりとも「堤」
を名乗ることを許されなかったという。
 康次郎氏逝去後何年も経ってから、母「恒子」が逝去した際、義明氏
は新聞の死亡公告に「堤恒子:堤義明氏の母」として自ら指示して掲載
させたという。
 
19871031◇週刊 現代(講談社) 堤 恒子氏(堤義明氏ご母堂)
     思い出北陸中日新聞(朝刊) 界隈景観賞に自作の記念賞
 
 検索不可 ~ Google & Yahoo ~
 
── 塚本 邦雄 ... 青霜百首―大伴道子秀歌鑑賞塚本 邦雄 (著)
価格: ¥2,310 (税込) 新品/ユーズド価格: ¥2,000より 発送可能
時期:出品者から通常2営業日以内に発送します。
内容(「BOOK」データベースより) 大伴道子夫人の序数歌集9 ...
mmmax.net/d/016/870/ - 19k - 補足結果 - キャッシュ - 関連ページ
── 
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%A7%E4%BC%B4%E9%81%93%E5%AD%90&hl=ja&lr=&c2coff=1&rls=GGLD,GGLD:2004-50,GGLD:ja&start=10&sa=N
 
http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%c2%e7%c8%bc%c6%bb%bb%d2&fr=slv1-
 
232 :無礼なことを言うな。たかが名無しが :05/01/22 11:16:54
ID:/rV0LZOa
情報の整理のため、「野望と狂気」によれば堤康次郎の血族は
 
第一正夫人(西沢 コト)淑子を生む
第一側室 (岩崎 ソノ)清を生んですぐ別れる
第二正夫人(川崎 文 )子供はないが、淑子と清を育てる
第三正夫人(青山 操 )清二(実は操の姉の息子)と邦子(実は操の妹
            の娘)を育てる
第二側室 (石塚 恒子)義明、康弘、猶二
愛人(その他多数)・・俳優の水谷八重子なども、
 
注)上記以外の子供たちは認知はしていないが、それぞれグループ企業
  の幹部になっている。
 
注)長男の清が廃嫡になった原因は、操が文を追い落とすために、清の
  嫁に康次郎が手をつけるようにしむけ、それに対し清が怒ったこと。
注)康次郎の母は夫(康次郎の父)の急死後、舅(康次郎の祖父)と関
  係ができ、いたたまれず実家に帰った。
注)操は康次郎の欲望を満たすため、自分の知人の上流夫人たちを自宅
  でのパーティに招いては酔わせたあげく、夫に「手篭め」にさせて
  いた。
 
 小説という形をとっていますが、辻井喬(清二のペンネーム)の作品
にもこういった事情は詳しい。
 
 追加情報
 
・康次郎の最後の妻(操)は、康次郎が自分の姉と妹から手をひくこと、
その二人が生んだ子は自分の子とすること、二点を条件に康二郎に身を
ゆだねた。
 
・操の父(青山芳三)は経営していた会社(東京土地所有)がつぶれて
割腹自殺をとげるが、その経営破綻には康次郎が関わっていたという説
がある。
 
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/npb/1099031827/
 
<<
 
http://blog.goo.ne.jp/adlibrary/e/80eb56643195e709ce8bf4004775f9f4
── 《連続自殺 ~ コクド&西武 ~ 2005-02-20 07:32 Diary》
 
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
«  自分のHPが検索でヒットす... | トップ |  失われた記憶をもとめて »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
★★★★★★★★★★★★ (★★★★★★★★★★★★)
2008-01-19 17:47:24
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
          豪傑色を好む
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを投稿

Yahoo! blog」カテゴリの最新記事