浮世のよしなしごと

ほぼ毎日更新します。独り言のぼやき日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

命尽きるまで

2006-09-25 23:03:44 | 鑑賞
ドキュメンタリー番組を借りた。

がん患者となった山陰放送のカメラマンが
がん患者組織を立ち上げ
抗がん剤専門医の配置などを呼びかけ、世の中を動かした。

命尽きるまで 山陰放送制作
去年民放連中四国地区 テレビ報道部門 最優秀を受賞したもの

医療格差がある現実。
それは日本と欧米 そして東京と地方
田舎に抗がん剤専門医は少ない。

カメラマンは島根でうけた抗がん剤治療で
激しい副作用に見舞われたが
東京でうけた治療では副作用はほとんどない
その一方で混合治療が受けられないため
治療費は莫大なものに。


構成とかはイマイチっておもったけど
医療格差の現実を見つめ直すいい機会になった。


コメント   この記事についてブログを書く
« 出口のない海 | トップ | 真夜中の »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鑑賞」カテゴリの最新記事