浮世のよしなしごと

ほぼ毎日更新します。独り言のぼやき日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほんよみ日記

2012-01-30 00:20:48 | 読書
田中慎弥
共喰い

さくっと読んでしまった
コメント

読書記録

2012-01-03 10:48:23 | 読書
することにしました
ジャンル問わず乱読です

ということで新年一冊目は
なんで???

白いへび眠る島
三浦しをん

新幹線移動中に読んでみた
コメント

読んだ

2006-12-22 23:20:50 | 読書


真相 横山秀夫

新幹線の旅のお供に。

オチのオチがまってる作品が5作
コメント

読んだぞ

2006-11-19 19:17:58 | 読書
硬軟まぜてみた



朽ちていった命―被爆治療83日間の記録―


東海村のJCOの事故での被曝者の記録。
まさに「朽ちて」という言葉がぴったり。
ベースとなったNHKの番組も見た記憶あるけど
印象強く残っている。
放射線の威力って…





小泉武夫 不味い!

日経新聞のコラムが最近お気に入り。
醸造学の権威でもあり、造り酒屋の生まれということもあってか
『なぜこれがおいしいのか(おいしくないのか)』
というのが科学的?にわかる。
文章も明快でおもろいのだ

コメント

読んだぞ

2006-10-08 21:18:39 | 読書
読みかけで半分ほったらかしにしてた

自壊する帝国


自壊する帝国
佐藤優

外務省にいて国策捜査で逮捕されたヒトね。

情報をとるにはいかに普段から気を配るかが大事か
思い知らされた
コメント   トラックバック (1)

読んだぞ~旅先編~

2006-09-04 22:09:26 | 読書
新幹線 ホテルで読書三昧

読んだ順に

秘録東京裁判
秘録 東京裁判 清瀬一郎

水曜の朝、午前三時

水曜の朝、午前三時 蓮見圭一
溺レる

溺レる 川上弘美

ホテルではテレビもつけず、音楽も聴かず、ただ読書に没頭。
なんかすごく贅沢な気分だった。

東京裁判はお盆前から読みかけていたものの続き。
著者は東条英機の弁護人でもあるお方。
で、水曜の朝…は関係ないとおもってたけど
登場人物のおじいさんが東京裁判でA級戦犯で処刑されたという設定。
帯で児玉清が「こんな恋愛小説を待ち焦がれていた」と絶賛していたけど
私は児玉清のような人と恋愛したい!!こんな私にアタックチャンスを!!

あー遊びすぎた。明日からは働かないと…。
コメント

読んだぞ

2006-08-14 21:57:52 | 読書

木曜島の夜会

司馬遼太郎 木曜島の夜会

あんまりおもろくなかった…。

昨日そんなに飲んだつもりは無いのに
夜眠れず、日中うだうだと過ごしてしまった。
おまけになんか腹にチカラが入らない。
これは夏バテ??




コメント

読んだぞ

2006-08-11 23:01:14 | 読書
東京裁判の全貌

東京裁判の全貌 

巣鴨プリズン

巣鴨プリズン 小林弘忠

靖国神社から東京裁判へと興味が移り、続いて教誨師(刑務所で受刑者などに対して徳性教育をし、改心するように導く人)という仕事にすごく興味を持ってしまった。自分ならどう接する?
戦犯の中には不本意ながら死刑になった人も数多くいるはず。
明らかに罪を感じ取っている人ならまだしもそういう人たちに
どう接し最期を迎えさせるのか…。

コメント

読んだぞ

2006-08-02 23:45:58 | 読書
戦争を知らない人のための靖国問題

上坂冬子 戦争を知らない人のための靖国問題

『国内問題としての靖国神社が外圧によってぐらついているのが情けない。
敗戦6年目に晴れて平和条約調印にこぎつけて独立した日本が、
半世紀を経て同条約に署名すらしていない中韓からゆさぶられているのが
納得いかない…。』

併せて文芸春秋 上坂冬子の連続対談を読む。
靖国神社前宮司湯澤貞氏との対談が面白かった。
合祀のしくみなど学習。

ところで ボクシング見てしまった。
あの判定は無いよね。
どう見ても亀田負けてるとおもったけど。

コメント

早朝 読んだぞ

2006-07-26 08:29:35 | 読書
昨夜は11時半に寝るんだから目が覚めるわな。

美しい国へ

安倍晋三 美しい国へ

内容は…当たり前すぎる気が。
ってことは 陳腐なのか
私の思想が近いのか…。

もしかしたらというかたぶん
9月20日にはこの方が首相となるんだよね。
コメント