浮世のよしなしごと

ほぼ毎日更新します。独り言のぼやき日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

漢字道場

2006-08-28 20:22:10 | 国語のじかん
土日の新聞読んでたら

日本漢字能力検定試験の練習問題(3級)が掲載されていた。
暇つぶしにチャレンジ。

3級っていうのは小学校+αの知識が必要。

楽勝って思っていたんだけど
90問中13問も間違えてしまった。
読みはいいけど書けない。
特に間違いを見つけるのがアウト

例えば
この中で間違って使われている同じ読みの漢字が一字ある。
正しい漢字を記せ とあるわけよ
○報告は当方の調査結果とぴったり符号する
何がおかしいのっておもうんだけど違うのよね。
答え見たらあーなんて私ってバカって思うんだけど。

問題は毎週日曜日に掲載。
これから月曜日は修行の日じゃ。


コメント

ブンブカガク

2006-07-19 22:53:12 | 国語のじかん
会社の隣の部屋の女史。
「ユーセー民営化のときにたくさんテレビに出てた人」の
名前が思い浮かばず…。
新聞の閣僚名簿のコピーを見せたら
竹中平蔵だ!!とのたまう。

この名前がわからないなんて…

さらにこの閣僚名簿を眺めながら
「ブンブカガクダイジン…」
!?
周囲が声をそろえて「モンブカガクでしょ」

理系とはいえ4年生の大学を出ているのに。
大丈夫か、いまの若者。


明日からは会社で漢字ドリルじゃ
コメント

「です・ます」と「だ・である」

2006-04-14 21:45:15 | 国語のじかん
何気な~くニュースウオッチ9をみていたところ
ニュースの読みが「です・ます」ではなくて「だ・である」であることに気がついた。
お堅いNHKが。

NHKのニュースといえば声のよいアナウンサーが
ゆっくり、丁寧なコトバで読んでいたはずなのに。

しかもスタジオのキャスターが原稿を読むことはほとんど無く、
感想を述べ合うだけ。別のアナウンサーが読んでる。
なんか違和感を覚えるなー
使い分けるならまだしも。

今夜はまだご飯たべてなーい。
食べに行く約束したんだけど仕事が終わってないらしい。
腹減った~
と思ったらちょうど電話鳴った。
なにたべよーかなー
コメント

名誉と汚名

2006-02-14 20:55:16 | 国語のじかん
これまで順調に進んできたテストですが
一部で、スタッフの習熟が十分でないため、結果としては失敗に見える部分があります。
きょうはその部分の集中特訓、不意打ちでテストをしました。

結果としては◎

そこで隣にいたスタッフが
「これで汚名挽回ですね」
…?? …
ちょっと待った!!

「汚名は返上するものであって、挽回するのは名誉でっせ!!」

と突っ込んでみました。
しばらくはこのネタでこのスタッフをいじれそうです。
コメント

伏線 その2

2005-12-09 22:22:39 | 国語のじかん
12月7日の「伏線」の続きです。
初めて読む人は先に7日を読んでください。













侍は母親から飴玉を取り上げ床に置いた。


「コチン」


侍は刀の柄で飴玉を二つに割り、子供たちに分け与えた。




というお話でした。心優しいお侍さんは想定外??だからこそ伏線ですよね





コメント (2)

伏線

2005-12-07 14:25:30 | 国語のじかん
「半落ち」を読んで、小学生のとき国語の授業で「伏線」を習ったことを不意に思い出した。

あらすじはこうだ。忘れかけてるけど…

江戸時代、渡し舟に乗ってきたのは母と子供二人の家族、それと刀を差したお侍さん。
子供たちは最初はおとなしくしていたが狭い船の中、退屈になりきょうだい喧嘩がはじまった。
母親はお侍さんを恐れ、子供たちが騒ぐたびに飴玉を与え続けた。
とうとう飴玉は一つになった、二人の子供は「その一つは自分が食べる」とさらに騒ぎ出した。

そのとき、お侍さんが子供たちをにらみつけ刀を抜いた…

「#$%&?」

↑に入る擬音語を考えなさい。


続きはまた今度。
コメント (4)