それでも・・

ここに日々の全てを記す

好きなのは好き

2018-01-13 17:57:57 | 日記
朝から
飯豊まりえさんばかり出ています。

俺の頭に相当刷り込まれました。

苗字が読みづらい、
そういうのが引っかかる原因になっているんだと思う。

頭の隅に残るというか

上手く操作されているのだろうか、
そうだとしたら本当に上手いな。


こうして俺の記憶に何人もの女性が刻み込まれて行くというか

忘れられなくなっていくのだろうか


テレビの話は置いといて

逆に全く記憶に残らないというか

俺の行動パターン上
どうしてもその流れにならないっていうのに
さっき気が付いた。

ヤフーのニュース見てて

今、オートサロンやってるのね・・・

う~ん。
また今回も行けず

どうしても幕張に行く流れにはならない。

まず、この時期だっていうのを忘れている。

それにこの時期は当たり前だけど
休みがあればすべて山へ行く予定を入れている。

それを覆すのは基本ライブくらいなもんだ、

しかも、オートサロンは開催期間が短い。
三日しかやってない、

それだと俺が行ける確率は相当低いな

来年こそ

とここで書いてもきっとまた忘れるだろう

別にモーターショーの方が好きなのではない。

ただ単に時期の問題だ。


で、

忘れていないのは
ゲーセンで

今日はなんか入ってる筈なので
獲りに行った。



スープジャー

使用するかは微妙かな

実用性はありそうなので
入る前から獲るつもりではいた。

久しぶりにお菓子じゃない物を獲った、

実際のところ、半分は店員さん目当てになっている気も
しなくもないが

若干引かれているのを感じなくはないが

残念ながら惹かれているんじゃなくて
引かれているのが悲しいが



さて、
また仕事期間になるわけですが

まだ1月半分になってないのね、
なんかもう結構経った気がするんだけどなぁ



南郷からの帰り

2018-01-13 09:32:22 | スノーボード
長くなってしまったので一度切った。

これで終わっていれば

まぁ偶然なこともあるな、

で終わりだったんだが

とにかく昨日は濃かった。


昼時になって
一度下へ降りて

ここではレストハウスで飯をと思ったんだが

やはり入れない俺。

色々ね・・

前半部分での女性の絡みもありましたし

え、?
絡んでないって

そうなんだけど

う~~ん、

前から書いているけど

話した相手なら、面識のある人

話してない人は変な距離のある人で

その状態って正直微妙


この壁がずっと超えられない俺

なかなか人とは付き合えないようです。


まぁ車に丸ごとバナナ、食ってないのがあったので
それもあったので仕方なく車で
食べました。


残り時間もだいぶ少なくなって





パイプに入るあの人が見たかったが

結局見ることは出来なかった。



入っている人も
2~3人ってところかな

横のパイプはハイクで行くしかないのかな

毎回ハイクアップしてて
大変だなって思った、

ジブもそうだけど
本当に好きな人じゃないと
なかなかね、


ていうかパーク側には一切行きませんでした。

アングルをカービング方面に振ってからは
一切飛んだり跳ねたりをしなくなってしまったので

ウェーブのみ行くことはあるけど

俺のボードの予定としては
カービングを納得するまでやったら
コブをやるつもりなので
トリックとかジブに行くことは
ほぼ無理だと思う。

俺の人生の時間にそこまでの余裕は残っていないと思われる。

コブまで出来るようになったら
パウ板を買って
のんびり流して、みたいな
そんな流れになってしまうと思うな。

実際に50代になってボードしているだけでも凄いと思うが
そこからジブだのパークだの始めるって
怪我したらお終いな感じだと思うから
そこまでの勢いはないな。

先の事を考えるとロクなことはないので
そういうのはもう書かないと思うが


とにかく最近は時間が経つのが早いと感じる、
楽しんでいるってことなんだろうが

この後も予定を組んでいたので
2時には帰ったが


温泉、

どこにしようか、と
迷っても

結局通り道

この選択も必然じゃなかったと思うんだが・・・

道の駅きらら289
山口温泉

入ってすぐに驚いたわ

え?

何でここに


これに関してはどっちなのか、
分からない。

11月の23日から見ていない、あの人が
そこに居るか?

そっくりだぞ

そんなこと言ったら
ちょっと似ている人なんて
山ほど居そうだし

俺自身どれだけまだ引っ張られているんだっていうことになってしまうんだが

本人なわけないよな~

時系列から言って髪の長さが合わないと思うし

でも、

そこで思い出すのが

最初のリフトの後ろに居た女性2人なんだよなぁ

またこれが引っかかるというか


う~~~~~ん。


被害妄想の激しい人になっているようです。


でも、この道の駅マックアースがやってるんだよなぁ
つまり
スキー場と同じ経営

う~~~~~ん。

なんか引っかかる



温泉に入っている時も
もう上の空

このことばかり考えていた。

普通に考えれば
福島に居るわけはない。

それに
スキー場で俺のことを知っている人が
いる訳もない、

そう納得すればいいだけのことなんだけどね。

ただ、YouTubeで見たプロの人が居たのは事実、

それだけなんだろう。


そういうモワっとした感覚を残しながら

身体の状態が悪くなっているのを周りの反応を感じつつ

宇都宮へ向かい

去年の春の月山行く前に寄ったのと同じで

来らっせに行って



みんみん、高橋餃子



香蘭




龍門

と腹いっぱい食べて

スープ餃子いいね。


たまりませんでしたと。



福島の南郷

2018-01-13 08:44:59 | スノーボード
宮崎の南郷から始まり

しゃくなげの湯の南郷

そして今回

南会津、福島の南郷スキー場へ

結局、知っている南郷は全て行ってるみたいな

もう流石に有名どころはないだろう


まぁでも
実際に行ってみたけど
3つとも全部田舎だ。

雰囲気はさほど変わらない。


で、
今回は途中で意味不明な記事を書きたくなるくらい
濃かった。

まぁただの被害妄想なのか
それとも
偶然が重なったからなのか

モワモワってする感じの日だったので

そんな感じで


まず、

距離を見たら
当然群馬よりも遠いので
早めに出ないとならないっていうので

2時出発

実際のところはもう少し遅くて平気だったんだが

何せここんところ寝不足気味だと思われるので
途中で休憩を挟んで行かないと
辿り着け無さそうってことで

実際やっぱり2回くらい途中で休憩したし。


こっちに来ると思うことは

まず、栃木県と福島県で道路の整備事情が違うこと

管理しているところが違うからっていうのは
その通りなんだが
本当に走っていて差がわかるくらい、
整備の仕方が違うのでちょっと焦る。

とりあえず福島に行く時は4WDでも全く気は抜けない。
スピードは出せない、
そういう気持ちでいた方が良い。

後ろは基本ペースが速いから
近づいてきそうなら直ぐ抜かさせる、

道の形状もどちらかというと
くねくね道じゃなくて
直線が多いから
基本スピードが速いんだよね、

だからコーナーに行った時点でスピードオーバーで進入することになりやすい、


で、

早く着いたな




駐車場に着いた段階で
1時間くらい余裕あったな、

南会津の4スキー場の2つ目

高畑はスキー専みたいなので
残すはだいくらのみなんだが

果たして行く日が来るかな


で、

初めてのスキー場なのでどんな感じなのかがさっぱりわからない、

一番の問題は板の選択

どれ乗ろうかなってこと

来るとき、雪パラパラはしてたけど
積もるほどでもなかったから
パウはそれほど期待できない。

かと言って踏んだ感じだと
ガチガチの前回のオグナほど固くもない、

まぁアルペンでもって思ったんだけど
俺的にはエリミにワックス入れてきたから
エリミが良かったんだけど

正面の斜面を見てなんとなく
フリーの板にしておいた方がいいかなって
思えて

エリミ止めた。

後から考えればどれでも良かったって感じだけど


早速上へあがりましたが



人が居ない。

群馬の平日を超えている。

完全にローカルだ


駐車場はもう少し停まっていたと思うんだが

全部のお客さん数えられるくらいしか人が居ない、


まぁ途中から団体さんが入っていたので
それなりの数には
なったのかもしれないが

それでもスキー場の大きさから言えば
ほとんど人が居ないレベル、

前から
感じていたが
やっぱりツアーバス入っているか入っていないかは
結構重要なのかもな

それと場所的なものも、
決して都会からは来やすい場所ではないっていうのが
大きいのか

曜日が違えば全然感じが違うんだろうから
何とも言えないけど

実際去年たかつえに行った時は
もっと混んでいたけど
あれは土曜だったと思うから


で、

徐々に俺の中での本題に入って行きますが


一旦一番上へあがって
パウはあんまりないってことを確認して
中間まで戻ってきて

再びリフトに乗ったんだ。

後ろに乗った女性二人

なんか話しているのが聞こえてきたんだが

最後に話していた声が
妙に耳に残ってね。

誰のことを言っていたんだ?
っていうのがね。

あえてどんな話をしていたのかは
書かないが

ただ、

あの人たちが
お客さんなのか
現地に居るスタッフ側の人なのか

その辺もわからないので
ドンドン深みにハマっていったというか

一日頭の中で気にしていたな。


ココを見て、俺の事を言っていたのか。

初めは思ったんだ、

でも、

リフトで上へあがったら

見たことがあるウエアの人が居たんだ。

一瞬
アレ?って思ったんだけど

まさかね、って思って

そのまま滑り降りて

次に上がって下からリフトで上がってくるのを見たら

ソールにOGASAKAって入っているのを見たら
確信してしまった。

あーCTかよ
間違いないわ


わざわざ同じウエアで同じ板履いてる
ニセものは居ないだろ

YouTubeでよく見かける人だった。

俺とは縁遠い人かなって思っていたから
突然こんなところで
見かけるとは、って思って
ビックリ。


なんか書いてて思ったけど
俺はどれだけ女性に引っ張られているんだろうな


で、
前の話

リフトの後ろで話していた女性の言っていたのは
この人のことか?

とある程度納得したような
そうでないような

そんな微妙な感じで
時間は過ぎて行った。


滑りに関しては
さかえ倶楽部の時にやったイメージが
だいぶ身体にというか頭に入ったみたいで
ようやくバックサイドが
変わってきたのを感じる。

もう一歩、って感じかな

でも、なんか楽しくて仕方ないって感じかも

彫っているのが気持ちいい。

ただ、まだお尻が擦らないから
もう少しいけるはずなんだよな。