素晴らしき茜空の会

感想ブログ。キバ→ブレイド→アマゾンズ→クウガ→アギト→龍騎→響鬼→カブト→555→ディケイド→シャンゼリオン(完了)

劇場版 仮面ライダービルド/快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

2018-08-05 22:40:00 | 仮面ライダービルド
天才物理学者は科学の力を信じ、未だかつてない強敵に挑む。
新たなる勝利の法則が導くのは―未知なるベストマッチ!!
仮面ライダービルド

快盗と警察―――交わらない信念と、交わる標的!
ギャングラーと超大決戦を制し、最後に笑うのはどっちだ!?
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

予告する―君のヒーローが、最高の夏を創造<ビルド>する!


夏の劇場版が昨日より公開されてまして。
さっそく見てまいりました。以下、ネタバレ感想。



快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film (アンフィルム)

ルパパトが最高でした!!!

何がアレって、アレですよね。
今回はこういう設定だから、
警察&快盗が6人横並びで同時変身するとか、
そのシーンだけで「今日は良いものを見られた」って感じなんですが。

そのほかもう、いろいろ、つか全部!全部良かった!

・オープニング
主題歌にあわせてのアクションシーン。派手。そして素晴らしい。
いつものように警察と快盗が戦いながらも
余力で(?)ギャングラーも片付けていく、その鮮やかさ。
とにかくかっこいい! うちの5歳児も「かっこいいね」と言ってたかっこよさ。

・朝加圭一郎
推しです。
いや、最初は「設定的にルパンレッドでしょ、ブルーも良い」とか思ってたんだけど、
もう圭一郎先輩が良い。なんかもう、ダントツに良い。なんでかわかんないけど良い。

つーわけで、劇場版も圭一郎先輩がめちゃくちゃ良かったんですよ。
国際警察としての責務がありながら、ルパンレッドの言動に心揺さぶられる
そんな複雑な表情とか。

ギャングラーの激しい銃弾がとびかうなか、
「俺がおとりになる、お前はその隙に!」と叫んで走り出す、その姿とか。

落ちたルパンコレクションに気を取られ、動けない魁利のために
とっさにゴーシュの体にしがみついて足止めする姿とかね。

とにかくな、圭一郎先輩、すごくいいよな!!!
好きだ!!!

・警察と快盗の共闘。
一時休戦の急ごしらえなチームなのに、息がぴったりあってるの! いいよね!!!
とにかくルパパトは、アクションが派手で大好きです。

この時期、追加戦士をメインに出したいだろうと思うんですが、
そこは敢えて!ノエルは露出を控えて
(とは言いながら、見せ場では高難度のアクション乱発してたけど)
警察と快盗に的を絞ったのが良かったですね。

・ロボ戦。
ぶっちゃけると、ロボ戦って興味ないんですよ(苦笑)
あとね、CG戦。ライダーの劇場版のメインでやるようなヤツ。あれも苦手。

しかし、ルパパトのロボ戦でCG使ってるの、すっごく格好いいなと思ってて、
今回も劇場版だから魅せてくれるんだろうなと期待していたら
これがむちゃくちゃ!むーちゃーくーちゃー格好良かった。

つか、あの半透明な素材の羽根、あれは反則でしょ。
あんなのつけたらタコでも格好良くなるって(暴言)

とにかくすげぇ良かったんですよロボ戦。
なんだろ、ロボの魅せ方が格好良い。
そもそも人がはいって動かしたり、子供用玩具として使用に耐えるデザイン前提だから
手足も太くてずんぐりむっくり体型なんだけど、
ロボットアニメに登場する格好いいロボットみたいな、
本当に格好良く見えたんですよ。重厚感も素晴らしい。

とくに最後。
敵をはさんで左右から斬り込むシーン。
そこにオーバーラップする圭一郎先輩と魁利の表情。
最高!最高の最高でした! 拍手したかった。

・エルロック・ショルメ
ググッたら「モーリス・ルブランがルパンのライバルとして創作した
シャーロック・ホームズのパロディーキャラ」とのことで、
思いのほか由緒正しいお名前であった。

ツイッターでも言われてましたが、
「世界的に有名な探偵」でありながら、正体がギャングラーということで
本物は殺されて、乗っ取られたんだろうなぁと。

そう考えると、ラストに本物が出てきて
快刀乱麻のごとく事態を収拾するっていう展開でも面白かったかもですね。

ともあれ。正体がギャングラーだったということで、
全ての展開に辻褄あわせられるのが、本当にうまいなぁと思った。
しかし、せっかくだから正体をばらす前に
警察の面々を後ろからだまし討ちして欲しかったですよね(笑)

とりあえず、そんなところでしょうか。
とにかくすごく良かったよ!!!


仮面ライダービルド Be The One

九州ロケの話を前からネットで読んでましたが、
実際に見ると、すごい。
大通りのシーンは一日で撮ったというような話を読んだので
冒頭のシーンだけかと思ってましたが、
市民の輪の中でアクションシーンまであるとはびっくり。
あれだけのシーンを一日か。すごい。

うーん・・・、なんというか、良くも悪くも、本編とつながった話なので
劇場版っていう特別感が薄かったというか。
うむ、本編もすごいからさ。差別化されにくい感じっていうか。

しかし、あれだね。仮面ライダーvs一般市民の絵面がすごいっていうか、
グリスとローグが応援に来ても、市民の足止めしかできないっていう。

ライダー倒すに怪人いらぬ
市民の100人あればいい

みたいなね。金網ごしにビルドに迫る市民とか
ゾンビ的でとてもよかったです。
しかし、何より「一般市民から走って逃げるビルド」の図が
大変だったろうなと思いました。全力疾走に向いてないよね、あのスーツ。

戦兎を助けるエボルト。
「え?これ本編につながる流れなんだよね?助けちゃうの???」
って驚いた。すごく意外だった。助けるんだぁ・・・って。

あと、ラブ&ピースが葛城忍発信だったという事実。
ビックリした。

いや、葛城巧と桐生戦兎がキャラ違うので、
桐生戦兎には佐藤太郎の一部が混じってるのかなぁとか。
事ある毎に「ラブ&ピース」を口にしたり、劇場版で言えば
犬に夢中になって市民に見つかってしまったりとか、
そういうとこが、佐藤太郎っぽいと思いながら見てたので。

そんなんで。音をしぼって魅せるシーンとか、
戦兎の表情をじっくり見せるとことか
印象に残るシーンも多々あって、
さすがだなぁと。すごく丁寧で上質な作品だなぁと思いました。うん。

カシラ、良かった。やっぱ格好良いよカシラ。
もっと活躍して欲しかった。

うーん。
戦争に疲れた市民が平気を忌み嫌うのは理解できる。
銃を、爆弾を、戦車や戦闘機を恐れ、遠ざけるのはわかる。
でもさ、悪いのは、銃や爆弾ではなく、それを使う人間なんだよ。

しかし一方、銃や爆弾がなかったら、
こんなことにはならなかったというのもある意味正解で、
目に見えるもの、わかりやすいもの、憎しみをぶつけやすいものに
すべての理不尽に対する怒りを、投げつけてしまうのもわかる。

そういう人間達の感情をうまい具合にコントロールして、
相手の銃(ライダー)に怒りを誘導しながら
自分も銃(ライダー)の力で戦うという。
そんなことすら気づかせないような状態にしながら
自分達を守ってくれる存在に、石を投げさせる。
えげつない行為だよなと思いました。

本編でも「空っぽの存在」と笑われていた戦兎が、
ここへ来て、本当に味方を失い、たったひとり、空っぽになって、
それでも「やれることをやるだけだ」と前を向いて歩き出したときに、
たった一人の少年が、自分に感謝の言葉を伝えてくれる。
きれいな構成だなと思いました。

そんなこんなでエンディングのクレジット見るまで忘れていたジオウ(笑)
登場シーンがディケイドの序盤とそっくりで、
ディケイド好きとしては、もうテンション上がりまくりですよね!
コメント

仮面ライダービルド  第25話「アイドル覚醒!」

2018-03-04 20:47:21 | 仮面ライダービルド
仮面ライダーローグ、リモコンブロス、エンジンブロスの攻撃に変身を解除、窮地に追い込まれた戦兎たち。そこに現れた美空の目が緑色に光ると、手のひらをローグらに向けて信じられないパワーを発揮する。戦兎らの窮地を救った美空に何が!? 「東都に西都のスパイがいる」石動から情報を得た戦兎らはスパイをあぶりだすワナを張りつつ、美空の不思議な力の秘密を探ろうと研究を始めて・・・。


ビルド。楽しく視聴してるんですが、
ソシャゲ等にはまっていて感想を書く時間をとるのが面倒
気合がのったときにガーっと書いたらいいよねって思いましたまる。

(録画ドラマの消化も追いついてなくて、先週の海月姫みながら)
コメント

仮面ライダービルド 第24話「ローグと呼ばれた男」

2018-02-27 21:22:00 | 仮面ライダービルド
仮面ライダーローグの正体は、幻徳だった。衝撃の事実に声を失う戦兎らに、幻徳はいかにしてローグに変身する力を身に着けたのか、その苦難の日々を語り始める。幻徳の恐ろしいまでの東都への復讐心が明らかになっていく…。ブラッドスタークが戦兎からボトルを取り返しにやってきた。戦兎はビルド海賊レッシャーハザードに変身、スタークへ激しい攻撃を仕掛けるが次第に意識がもうろうとなり・・・。


戦兎の正体を知ったとたんに「葛城」と呼びかけるようになった幻徳さんは
本当に葛城巧が好きだったんだなぁ・・・などと思いながら見てます。

「幻徳。お前は優しい子だった。
 だが10年前、私の代わりに火星の帰還セレモニーに参加したせいで・・・」


幻徳さんはあんな強面でヒゲ面なのに
泰山パパの言葉に「なんかわかる気がする」と納得してしまう。

なんだろな、やっぱり彼なりの一途さっていうか、まっすぐさっていうか、
育ちの良さなのかなぁ。
なんか、この権謀術数うごめく世界の中では心配になるほどの
無防備な生き方をしてるような気がする。権謀術数なんて言葉、初めて使った。

「愛だの仲間だの、理想だけを追い求めるお前らにはわかるまい。
 国を背負う重みを・・・。
 貴様に、俺の信念は打ち砕けない」


だがしかし。国を背負う重みとか信念とかは素晴らしいと思うのですが、
それは結局「俺」が主体なんじゃないかなぁ。

幻徳さんには幻徳さんの思い描く世界があるんだろうけれど、
それは、戦争とか革命とかで大量の血を流して作りなおすほどのものなんだろうか。
面倒でも、いまある仕組みの中で試行錯誤しながら
ゆっくりと舵をきって、方向転換していくべきじゃないだろうか。

なにしろ、国民を苦しめて何が国か!という感はあります。
国のために苦しみに耐えろとか犠牲になれとか、主客転倒も甚だしい。
そうしてみると、「国」なんていうのは正体のない亡霊みたいな感じかもだなぁ。

スタークさん。

「ハザードレベル4.2、4.4・・・
 これがハザードトリガーの力、いいぞ、リミッターをはずせ、
 俺の想像を超えてこい、まだいけるはずだ、
 俺が求めていたレベルに達してみろ!」


ハザードトリガーを使った戦兎には、かなり押されてる感じですが、
どうやらスタークさんの目標は、ハザードレベル5超かなと。

現時点では戦兎より幻徳の方が圧倒的に強い感じなんだけど、
ハザードレベル的には、幻徳はたいしたことないのかな?

一海さんことカズミン。

「俺達と手を組まねぇか?
 お前となら、俺たちの心火に魂をくべられる」


これに続く展開に「おまえ、みーたんのそばにいたかっただけだろ!」って
思わず全力で突っ込んだよね。

みーたん枕持ってるし。
「うわぁ、ネットアイドルってグッズ販売までしてんの!?」って思ったけど、
美空がそんなにマメマメしく生産活動してるとも思えないので
カズミンが手縫いでちくちく作ったのかなぁ、とか。

いやむしろ、カズミンは猿渡農場のアイドル的存在だったと思うので、
カズミンのお誕生日に、農場で働いてるパートのおばちゃんとかが

「何がいいかしら」
「好きなアイドルがいるんだって」
「いまアイドルの抱き枕っていうのがあるんでしょ?」
「枕?枕に顔をつければいいの?」

などとワイワイやりながらオカンアートやってくれそうだなとか
受け取ったカズミンが全力で喜んでそうだなとか
思ったりしました。平和。

その他。
ホークガトリングの羽の動きがすげぇ格好よかったです。
やっぱりホークガトリングは格好いいなぁ。

そのあと飛び立つグリス@ヘリコプター、置いていかれるクローズの図に
剣の、フュージョンジャックできないレンゲルを思い出したりなどしました。
あれって、ネタでは見かけてたんだけどずっと意味わからなくて
最後の劇場版見て「おおお!」と感動した記憶があります。
でもレンゲルはちゃんと飛べてた(笑)
コメント

仮面ライダービルド  第23話「西のファントム」

2018-02-18 19:40:00 | 仮面ライダービルド
東都と北都の戦争に決着をつけた戦兎だったが、今度は西都が北都を制圧した。仲間や家族を支配下に置かれ一海らは激しく動揺。戦兎と龍我とともに東都政府へと直行する。西都首相の御堂が東都に宣戦布告。御堂は人質を盾に一海に西都の兵器になるよう要求。が、仲間を傷つけられた一海は拒否し戦うことを選択する。戦兎と龍我も一海らの支援を約束するが、そこへ“西都のライダー”の影が迫り・・・。


「万丈、ハザードトリガーを使う」
「・・・わかった、まかせとけ」


うわぁ!
うわぁ! これって!これって!?

前回までの、「戦兎は龍我のことを『守るべき対象』と認識していて、
最後の最後に頼る相手とは思っていない」っていうのが、
ここへ来て、龍我に頼った、龍我を信頼して命を預けたっていうのが
すげぇ胸熱ですね!!!

その後、元に戻ってからの「仕留められなかったか」ていうのも
格好良かったっす。まぁ、意識がとんでる=やや暴走してる、ってことだけど。

さて23話。今回の目玉はなんと言っても仮面ライダーローグですね。
ね、ローグね。うん。
週末あたりからツイッターで、仮面ライダーローグ関連の玩具情報が流れてきて
まぁ公式情報だし、仕方ないんですけど
本編まで知らずにいたかったなぁその情報・・・って。

そりゃ、「仮面ライダーローグ」って言われたら
中身はあの人しかいないよね?ってなりますよね。
完璧にタバレを回避したかったら
少なくともツイッター絶ちするしかないってことだな。ですよね。

ともあれ。
いままであんまり良いところのなかった幻徳さんが
ここへきて、満塁ホームラン級に格好良い登場。うおおおお推すぜ推すぜ!!

ところで、ビルドの世界での「仮面ライダー」の定義ってなんなんだ。
ベルトで変身する人たち?

三羽烏はスマッシュですよね。
スマッシュを制御可能な形で運用したタイプ。

んで、次にトランスチームガンで変身する人たち。
wikipediaによると、トランスチームシステムとは
「最上魁星が開発したカイザーシステムを、葛城巧がアレンジしたもの」
とありました。ナイトローグやブラッドスターク、今回のブロス兄弟もですね。

先人二人は表舞台に立たない暗躍派だったので、
国の兵器にカウントされなくても当然なんですが、
ブロス兄弟は西都の公式軍事平気だし、葛城巧を経由しているけれど
仮面ライダーにはカウントされないのだな。

そういえば、トランスチームシステムで使用するフルボトルは
パンドラボックスに収まるべきものとは違うっぽいよね。あれは何なんだろ。

そして。「仮面ライダー」
葛城巧が新しく作り上げたライダーシステムから生み出された強化人間。
わりと序盤で「ライダーシステムとトランスチームシステムを並行させる意味がわかんない」
みたいなことを書いたけど、こうして考えてみると、
ライダーシステムの前身がトランスチームシステムってことか?

前身にしては強かったですよねブロス兄弟。
兄者が鷲尾風、リモコンブロス。
弟が鷲尾雷、エンジンブロス。

ひとつのスチームガンを兄弟で共有してるとことか、いいなぁ。
ビルドとクローズの必殺の蹴りを正面からまともに受けて
耐え切るとか、やばい勝てる気がしない。

そして仮面ライダーローグ。変身音の「デンジャー」に続き
「キャー!」という女声の悲鳴が入るという、危険すぎる演出。
強さの演出がハンパなかったんですが、
なんかもう確実に、何かを犠牲にして成立してる感がすごい。やばい。

西都vs北都。

「スターク、最初から西都とグルだったってことか?」
「ハハハハハ」


多分ですが、この笑いは「西都とだってグルじゃない」ってことなんだろうなぁ。

「仮面ライダーグリス、こいつの命を助けたければ、西都の兵器になれ」
「そういうことだ、グリス。我々は君を歓迎する。良い返答を期待しているよ」


真面目に考えるなら、「人質をとって助力を強制する」なんていうのが
この局面で有効とは思えないわけです。
実際、「大事な仲間傷つけられて、のむわけねぇだろゴルァ」と一海も速攻却下してるし。
その場で彼らも「これは罠だ」って言ってるしな。

まぁ、結局のところ西都は難波重工を抱え込んで最新鋭の技術を得ており
北都や東都の仮面ライダーを圧倒しているわけなので
つまりは、グリスたちを誘き寄せて一掃したかったって話か。

黄羽ちゃんを拘束してエサにしただけじゃなく、
「実はね・・・カシラ来る前から、もうやばくて・・・」って言わせるような、
つまり、殺さず生かさずってレベルにいたぶっていたのかと思うと
正直、吐き気がしますよね。

「聖吉」
「あ・・・やっぱり、記憶失ってないじゃん・・・嘘下手だなぁ・・・」


今までしらばっくれていた一海が、最後の最後に黄羽ちゃんを名前で呼んだのは
最後の最後だから、ちゃんと彼にむきあったんだなぁっていう。
黄羽ちゃんの最後に、体を震わせて彼の背中を見上げる一海とか、
その後、生身でがむしゃらに殴りかかっていく一海とか、
やっぱカシラ、かっけぇ。生身でブロスに殴られたら死ぬのでは?

ところで。北都の猿渡農場には一海の家族やら仲間やらたくさんいたと思うわけで
だからこそ黄羽ちゃんも独断で助けに行ったと思うんですが、
そこらへんのフォローはどうなったんだろう???

戦兎&龍我。

「俺達が北都に行けば侵略行為とみなされる」
「こんなときにそんなの関係ねぇだろ!」
「あるんだよ!」


「仮面ライダー」が国の兵器としてカウントされ、
いまや、戦兎や龍我の一挙一動が「東都の意思」としてみなされる。
うーん、なんでこんなこと面倒な事態になってしまったんだろう。

次回「ローグと呼ばれた男」
ググッたところ、ローグとは
・悪党、ゴロツキ、ならず者、不良、詐欺師
・いたずらっこ、わんぱく
・はぐれもの、浮浪者、放浪者、ホームレス
・変異体、不良生物
等の意味があるようです。現状は「放浪者」って感じが似合うかな。
コメント

てれびくん超バトルDVD 仮面ライダービルド 誕生!クマテレビ!!

2018-02-13 16:00:00 | 仮面ライダービルド
龍我が奪った北都のフルボトルを取り戻そうと、東都にやってきた生方直進(うぶかたまっすぐ)。アイススマッシュに変身した生方は美空を人質に取り、ボトルの引渡しを要求してきた。美空を救うために変身した戦兎は、北都のボトル、クマとテレビの力でアイススマッシュに勝負を挑むぞ!




時間軸的にはどの辺なのかな、19話前後?

・nascitaに初めてのお客さん。
 つか、営業してないのにドア施錠してないの?
 お客さん来ないのが常態化しすぎだろ。

・ブレンドコーヒー頼んじゃう生方さん。
 北都の人は基本、食うにも困るカツカツな生活してると思ってたんだけど、
 喫茶店でコーヒー飲めるくらいのお金持ってるの? 生方さん裕福系?

・意外と育ちは良さそうな性格してるもんな。

・既に缶コーヒー出すのが普通になってるnascita。
 もう、店内に自販機置いておくべき。

・生方さんの効果音とか、なんかすげぇドライブっぽい。本願寺課長っぽい。

・生方さんを投げる戦兎のかっこよさよ!!

・美空を人質に取る生方さんの、緊迫感の欠片のなさに笑っていたら
 一瞬にしてマジにピンチな局面になるっていうサプライズ。

・んで。意外と強いのな生方さん。

・「ハチミツハイビジョーン!クマ!テレビ!」
 もう、この二つ名が逐一面白いんだが。
 つかクマのアイデンティティーは蜂蜜なのか。そこか。

・「氷は、不純物が混じると、強度が低下する」
 そっか!万丈こっちにも缶コーヒーひとつ持ってきて!!!(そうじゃなかった)

・はちみつ氷。それ絶対食べたら美味しいやつですやん!

・「うわ!ビルド大きくなった!」
 「違うよあれは遠近感っつって近くにいるものが大きく見え・・・マジで巨大化!?」
 ってなる私

・グリスとクマテレビ、カラーリング同じ。

・生方さん(25) え、学生服着てるからてっきり未成年かと。

・農作業を軍に監視されてるとか、国営農場とかそういう感じなんだろうか。
 つか、監視する人員がいるんだったら、おばあちゃんを働かせるより
 そいつらが農作業したほうが効率良いのでは?って思うよね。

・勝手にカシラと三羽ガラスのみなさんのドッグタグを作っちゃう生方さん。
 もうただひたすらに、個人情報を調べ上げちゃった彼の執念が怖い。方向性間違ってる。

・それを受け取らなかったばっかりに、またひとりスマッシュ怪人作っちゃったカシラ。
 男が惚れる男・猿渡一海。彼に惚れた男はみなスマッシュになるという(違)

・「お前が一番恩返ししなくちゃいけないのは、育ててくれたおばあちゃんだろ」
 マジそれ。ホンマそれな。だから「男って、バカね」って言われるんだよ。

・「すみません、お守りがわりになるかと思って」
 いやぁドッグタグはお守りになるのかなどうかな。wikipedia読んでたら

万が一に備え掃海母艦「はやせ」の乗組員に認識票を配布したところ隊員達の表情が曇った

 とありましたよ。ですよね、縁起でもねぇよなむしろ!

・二枚セットだとカチカチ言うので、サイレンサーと呼ばれる
 ゴムの外周カバーをはめる場合がある、との事。
 なるほど確かに戦場でカチカチ言ってたら無駄に死にかねないよね。
 カシラと三羽烏のドッグタグのカラーリングはサイレンサーか。勉強になるな。
コメント