月下の走術師の生涯スポーツカーに乗ろうと思う

明日のために、今日の屈辱に耐えるんだ。それが男だ!

毎年咲いている桜の花を撮る意味

2019-04-04 | 写真とカメラ


近所の桜の花は今が旬です。明日の入学式には文字通り花を飾ってくれそうです。



毎年毎年桜の花を撮っていて意味あるの?って自問自答することがあります。来年も同じ場所に咲くのだから撮らなくても良いんじゃないのと思っていますが結局毎年飽きずにカメラを持って撮りに出かけるんですね。まあ余程の災害でもない限り来年も咲くのは間違いないでしょう。しかし私が来年も生きているかは当の本人さえにも分かりません。まあ家族の誰かが写真を見ればお父さんは好きな写真ばかり撮って逝ったのだから本望でしょぐらいは言ってくれるでしょう(笑)。
コメント