gooブログはじめました!

鎖国の人が開国を唱える本末転倒な国

世界に流れるコロナパンデミック情報を自らの利益に統制する日本権力の馬鹿ども。
vaccine先進国イスラエルが、世界一の感染率を記録したことも、ハワイが同じような状態であることも蚊帳の外で、ただひたすらグローバリズムマフィヤの要請に従い、在庫一掃セールにかじを切り続ける。
デルタ㈱にも効果が認められなかった在庫を、いまたに感染予防として推奨する。
小池の馬鹿があおる。
「大切な人を感染させないために。」((´∀`))ケラケラ
この馬鹿に人間の感情かあるとは思えない。

バイデンをアメリカの正当な大統領視する日本の乞食犬マスゴミの意図とは逆行してと、すでにバイデンを大統領とみなす米有権者は危険水域を突破しいる。
ハンターバイデンの淫行スキャンダルにも触れず、3S制作のまま、しらを切り取ろうとしている。


アメリカでは、コロナの裏側を主流メディアが流し始めた。


ファイザーCEOが、コロナの終息を語っている。


情報破棄、改ざん、創作ー作り話で世間をけむに巻く官僚、政治屋。

アメリカでは五十の州兵の動きが活発化しているという。


DSの打ち上げる創作物語が電波を通して、視聴者の正常な思考を破壊している。あいつぐ火事、少年の殺人、これがやつらの狙いなのだ。日本解体以上に人類解体である。


日本人は、植民地奴隷のエリートでしかない。

この馬鹿どものこの世の春を謳歌させるために、大切なもの、正義、公正に口をつぐむ。
地獄に落とされる前に、この馬鹿どもを引きずりおろす。そのためには、テレビの空虚と汚れを情報発信していくことだろう。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2020年
人気記事