シロ散財記

着道楽な20代サラリーマンの日記in Tokyo, Japan

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BALLY "Untold - Part 1: 1851-1951"

2016-05-06 | Shoes

銀座に新しくOpenしたTOKYU PLAZA GINZAに行ってきました。StrasburgoやKitonの売り場を見つつも、特に気になったのがBALLYです。店舗のデザインも特徴的で、美術館のような印象。BALLYは学生時代から鞄を愛用していた事もあって、思い入れのあるブランドです。そのBALLYの2階にアーカイブ展として"Bally Untold - Part 1: 1851-1951"が開催されていたので見学して参りました。

※写真撮影可でしたので、撮影させて頂きました。

Marquess Shoemakerの川口氏からもおススメされて観に行ったのですが、川口氏の仰る通り古い年代の靴の雰囲気がやはり素晴らしかったです。展示はレディースシューズのみでしたが、メンズもいつか展示してくれないかなぁと期待…

非常に細かいピッチで美しく刻まれた、だし縫いとアッパーの刺繍。現代においてここまで手の込んだ靴を作るメーカーはいないでしょうね。この一足はもう芸術品の域でした。

ボタンアップブーツも高貴な雰囲気が堪りません。

こちらはボタンアップのパンプス。ヒールの積み上げが描くラインも美しかったです。

レプタイルを使いつつも、とても可愛らしく仕上げられた一足。レースステイのパーツのパターンも凝っていて、見ていて楽しい靴でした。

こちらはレザーでなく、キャンバスに刺繍を施して作られたパンプス。刺繍のデザインや色使いが可愛らしく、アルプスの空気を感じてしまいました。

展示スペースは店舗に入って階段を登らなければならないので、入るのにちょっと勇気が要りますが、素敵な靴がたくさん迎えてくれますから、ご興味のある方は是非行ってみてはいかがでしょうか!

ランキングに参加しています。更新の励みになりますので
宜しければポチっとして頂けますと幸いです。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Kaori Millinery Bespoke Ord... | TOP | Leather Craft / 帆布リュッ... »
最新の画像もっと見る

Recent Entries | Shoes