シロ散財記

着道楽な20代サラリーマンの日記in Tokyo, Japan

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とある日のVゾーン-4

2014-07-03 | Stylebook

暑い時季に好むのが、水色系のシャツやタイ。他人が見てどう感じるか、という事も考えて着るものを選ぶというのも大事なポイント(僕はこの点を良く忘れてしまいますが…)。水色であれば暑い時季にタイを締めていても暑苦しさは軽減されるでしょう。

FRAYの麻混のシャツにエルメスのワインポイントタイ。どちらも軽やかな生地感と色味が今の時季にぴったり。ブレザーはCamoshita。モヘア混のシャリっとした生地を裏地無しで仕立てた一着。所謂アンコンジャケットですが、着てみると肩周りやウェストがピシッと決まる、不思議なブレザー。仕立ての良さが顕れているのでしょう。

女性目線では、男性の装いは清潔感が何よりも大事だそうです。そういった点でも、水色コーディネートは効果的…かも知れません(笑)

この記事についてブログを書く
« BerlutiのShow Window | TOP | POLOのロングホーズ »
最新の画像もっと見る

Recent Entries | Stylebook