シロ散財記

着道楽な20代サラリーマンの日記in Tokyo, Japan

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SHAKE SHACK TOKYO

2015-11-19 | Gourmet

ニューヨーク駐在の間、ずいぶんお世話になったSHAKE SHACK。その味が恋しくて日本に帰ってから色々なお店を試してきましたが、やっぱり少し違う。そんな中、待望の日本1号店が外苑前にオープン!!!大行列覚悟の上、オープン翌日の先週土曜日に突入して参りました!

11時OPENだったので10時半に行ってみたところ、既に100m程の行列が...小雨の降るなかでこれだったので、晴れていたらもう少し長かったかも知れませんね。行列の途中にはニューヨーク帰りの某女性タレントの姿もあり、芸能人も行列しなければならないようです(笑)

11時になりOPENすると、席数が多いせいか列の捌けが覚悟していたよりも早かったように感じました。それでも、注文して席に着けたのが12時ちょうどですから、1時間半並んでいた事になります。普段、食べ物に行列するのは避けるようにしているのですが、今回ばかりは仕方がありません。

注文したのは、僕にとっておなじみのメニュー。シャックバーガー、ハンバーガー(レタス・トマトをトッピング)、シュルームバーガー、フライ、レモネード、シェイク(ストロベリー)でした。メニューは日本用のデザートがいくつかありましたが、基本はニューヨークのお店と同じでした。

シャックバーガー。バンズの味が少しニューヨークと違った(本場の方が少し甘みがあったと思います)かも知れませんが、その他は全く同じ。特に、肉の風味が強く感じられるパティには感動すら覚える程でした!

相方のおススメは、ソースが付いていないハンバーガー。お好みでレタスやトマトなどの野菜をトッピング出来ます。こちらはソースが付いていない分、より肉の風味を強く感じられ、そのわりにサッパリと食べられるような気がします。

さらに追加でOrderしたのが、ベジタリアン向けに開発されたシュルームバーガー。こちらは正直、ニューヨークで食べたものの方がマッシュルームの香りが強くて美味しかったかなぁ~と感じました。ただ、これは好みの問題で、美味しいには美味しかったです。

そしてフライ。ニューヨークのSHAKE SHACKのフライは、写真のようにギザ切りのものと、細切りのもの2パターンがありましたが、TOKYO店は前者でした。こちらの方が好みだったので、これは嬉しい仕様です。チープな感じに見えるかも知れませんが、けっこうイモの風味が感じられて美味しいんです!

シェイクは甘いですが、日本人向けに少しアレンジされたのか、ニューヨークで飲んでいたものより甘さが控えめだったように感じます。もしかしたら、向こうで僕の味覚が変わってしまったのかも知れませんが。。。

当日はこんな格好でした。ツイードジャケットにネクタイを締めてバーガーにかぶりつく!秋の週末はこれに限ります(笑)

Jacket : Dashing Tweeds
Shirt : Black Fleece by Brooks Brothers
Tie : Ermenegildo Zegna

残念ながら銀杏並木はまだ色付き始めでしたが、真黄色になる頃にまた行きたいなぁと思います。

この記事についてブログを書く
« 山神シャツ/おかわり注文 | TOP | Leather Craft »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | Gourmet

Similar Entries