弁当日記

ADACHIの行動記録です。 
青年海外協力隊で2006年4月からバングラデシュに2年間住んでました。

バングラデシュへ来る方へ その2

2007年08月20日 | バングラデシュへ来る人、旅行、協力隊
8月20日

昨日の続きという程ではありませんが、もうちょっと書きます。

バングラデシュへ持ってくるお金はどうするか。
バングラデシュのタカはどうするか。
バングラデシュで住む人より、旅行者向けの情報になるのかな。

バングラデシュへ持ってくるお金は、ドルのほうが換金しやすいです。
トラベラーズチェックは換金率が悪いです。また、地方都市では使うことが出来ないようです。

以前銀行(スタンダート・チャータード・バンク)でドルをタカに換金しようとしたときは 
100ドル紙幣のみ受付でした。(他の銀行は入ったこと無いのでわかりません)
銀行内のExchangeの換金率の看板には円、ドル、ユーロ、AUD、CAD、HK$、S.RIYALなんかが
並んでいます。
ただし、地方都市にはスタンダード・チャータードバンクは無い場合もあるので、どこでも
使えそうなのはドルでしょうか。


換金する場所についてですが、空港内にも換金所はあります。
金曜日も営業しているそうです。旅行者の方の場合は、空港を出てすぐに現金が必要になる
でしょうから、ここで換金でしょうか。

街中の両替所は金曜日お休みなので、空港で換金のほうが早いかもしれません。
レートは少しだけ悪いそうです。
他にはホテルの受付で換金できる場合もあります。大きなホテルは出来るところは結構ある
らしいです。事前確認が必要ですけどね。

後は街中の換金所についてです。
私の知っている場所はグルシャンのNo-2サークル(グルシャン・ドゥイノンボル)付近の
1階にあります。(No-1サークル付近は具体的には知らないです。)数件固まっているので、
レートを聞いて換金することになります。ここだと、小額紙幣でも換金できるそうです。
また、円も換金できます。

次にボシュンドラシティの1階の換金所があります。
ダッカ市内の有名な観光名所になっているので、場所の案内は楽ですけど、CNGとかタクシー
だと料金をぼられる可能性が・・・。
ここだといろいろな通貨の換金が可能です。

あと、見かけたのはボナニ・スーパー・マーケット(ダッカ、ボナニ地区)内にも換金所あり
ました。

あとは、国際線の乗り入れているチッタゴンですが・・・。
空港内には換金所はあるらしいです。利用したことが無いのでわかりません。
市内には換金できる場所はあります。ダッカほど集中してないので、ニューマーケット付近や
GECモール付近で聞く必要がありそうです。

2007年8月19日のレートは以下のようにかかれてました。

     Selling    Buying
US$  69.05  68.02   → 100ドルで 6900タカ
EURO  93.98  89.71
AUD  57.76  54.14
YEN   0.60   0.58   → 1万円で   6000タカ
CAD  65.01  62.19


タカを持ち出す場合・・・。
銀行口座がある場合は、一定額まではドル紙幣を発行してくれるそうです。
それ以上はトラベラーズチェックが発行と聞きました。

口座の無い旅行者は・・・・。
以前一時帰国のときに経験したのは、タイ空港ではタカの換金が出来ません。
日本ではもちろん出来ません。
なので、バングラデシュ国内で換金する必要があります。
空港内にもカウンターがあると思いますが、一時帰国のときは探すのを失念。
気をつけてくださいね。

出国前にExchangeに寄ってみるといいかもしれません。


最後に、クレジットカードの使える店はダッカ市内、チッタゴン市内だとそ
こそこあります。ただし、家電なんかが主ですが。
お土産なんかを買うアーロンだと使えるようです。(ドルも使えるようです。)


最近のクレジットカードには VISA Plusとか現地通貨を引き出せるサービス
があります。ダッカ市内、チッタゴン市内のATMではこのサービスを使える
ところを増やしています。
下ろせるのは、1000タカ、3000タカ、5000タカ、10000タカ
単位のようです。換金所を利用するよりは手持ちのドルが無くても手早くお金
が引き出せます。
マスターカードの場合は、サービス名がわかりませんが、Dutch-Bangla Bankの
看板にはマスターカードのマークとMaestro、Cirrusなんかのマークがあります。


写真はルンギ売りの人。
肩に生地を担いで売って歩きます。
ちょっとだけお店より安い場合がありますが、なんとも。



大事なことを書き忘れました。

お金の価値です。
日本と比べて食べ物の物価は驚くほど安いです。
逆にいうと、そういう金額の生活をしています。
学校の先生の初任給が4000タカ程度といわれています。
もちろんその金額で一人暮らしが出来るわけではなく、家族で住むので生活
できるのですが。
だいたい日本の20分の1ぐらいの物価です。
お茶が一杯4タカ → 80円位、昼食1人 50タカ → 1000円のランチ


年々物価も上がってきており、現金の必要性はどこでも出てきています。
特に今年は洪水の影響で野菜の値段が高騰してます。
日本人には安くても、現地の人にすれば2倍3倍の値段です。


外国人は大金を持っていると思われることもよくあります。
お金の取り扱いには注意してください。
盗んだ人より、盗まれるような扱いをしていた人が悪いと、いわれることもありますので。





にほんブログ村 海外生活ブログへ←記事が面白かったらクリック!

アクセス解析
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« これからバングラデシュへ来... | トップ | バングラデシュへ来る方へ ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タカの価値 (shebow)
2007-08-21 17:14:26
以前、一度コメいただきました。それ以来、ちょくちょく楽しみに、お邪魔させていただいています。バングラの生活、大変でしょうが、もう少しですね、頑張ってください。

さて、私の滞在していた頃(1981-1984)は、1US$=230yen=23TK、くらいでした。それから考えるとアメリカドルは円に大して半分になり、さらに対タカに対しては3倍くらいになって、結局、タカは円に対して6分の1くらいになってしまったと、言うことのようですね。

と言うことは、私達の頃より現在の方が日本人にとっては金銭的には暮らしやすいのでしょうか・・・?そんなことはないですよね。ちなみのドカンのドゥッチャ一杯、50パイサでした。(確か・・)

なんとなく、昔を懐かしんでコメントしてみました。
大変貴重な情報を☆ (しょうじ)
2007-08-21 17:35:32
来年バングラに行く者です。

大変貴重な情報の数々、ありがたくメモらせていただいております。
これからも現地情報の告知、よろしくお願いします!
ありがとうございます (閑 甚太朗)
2007-08-22 06:26:51
私が、日本円の両替について質問したので、今回、両替についてUPしてくださったのですね。

バングラ政府が両替を自由化したので、ドルの換金はどこでもできるようになりましたが、以前は、アーロンの近くのブラックマーケットやラッシャヒの薬屋さんで換金していました。

スタンダード・チャータードバンクでも換金したことがあります。薬屋のオヤジが電卓をたたいて、レートを表示してくれるのが面白く、なぜか市中銀行より換金率が良いので、薬屋で換金していました。
空港から (シェバ)
2007-08-22 11:28:50
こんにちは。

いつも楽しく拝見させてもらってます。

バングラデシュの特に日常の情報は少ないので、

大変参考にさせていただいております。

実は9月1日から、観光でチッタゴンを訪れるのですが、チッタゴンの空港から、中央駅までは基本的にどうアクセスすればいいのでしょうか?

空港からの情報が少なくて困ってます。よろしくお願いします。


チッタゴン空港からは (あだち)
2007-08-22 11:55:23
チッタゴン空港にはいつも、タクシー、CNGが待機してます。
また、空港の外にはバスの停車場があります。

荷物や安全(スリや盗難)を考えると、CNGかタクシーだと思います。
バスはちょっと大きな荷物があると利用しにくいです。

中央駅のある場所はレイルウェイ・ステイションと言うか、ニュー
マーケットという地域になります。
※ニューマーケットの隣に駅があります。近くなったら、ステイション・
ジャン(駅に行ってください)と言えば良いでしょう。

CNGで行く場合実測でだいたい70タカくらいなのですが、空港側から
来るときは少し高いです。出しても150タカまででしょう。

タクシーだと本当は100タカくらいですが、200タカくらいまでが限度
だと思います。

基本はメーターですが、空港からだとメーターで行かない人が多いです。
郊外なのと、駐車台もプラスしてほしいそうです。
 メーター ディエ ジャン (メーターで行って)とか、
 メーター プラス ビッシュタカ (メーターより20タカ多く)なんて
 言うことになるかもしれません。


空港から出てすぐにタクシーやらCNGの運転手が寄ってきます。
なかには荷物を無理やり奪って車に積もうとする人もいます。
気をつけてください。

以前空港から家まで戻るときに、500タカだの1000タカだの言われました。
こちらも、うそつくな自分の家から70タカで来たのに、そんなしないだろ
とベンガル語で言ったら、旅行者向けのぼったくりの人たちは笑って居
なくなっちゃいました。

空港を利用するのはお金持ちか外国人が多いので、お金を多く払う人を
待っているんですね。

そのときは夕方だったので混んでいて、メーターで100タカで家まで着きました。

お気をつけていらしてください。

コメントを投稿

バングラデシュへ来る人、旅行、協力隊」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事