私達の育てた小さな緑が失われようとしています

緑のまちを望んで、私たちは緑を育てました。その小さな緑が失われようとしています。

私たちの声が届かなかった都市整備委員会

2007年06月09日 | 私たちの育てた緑が
6月7日、都議会都市整備委員会において、「六町神社の早期移転計画の撤回と六町エコプチテラスの存続に関する請願」について、審議が行われました。
スタッフとともに傍聴してまいりましたのでご報告します。

審議結果については誠に残念ながら「不採択(否決)」となりました。

各政党の思惑が反映される政治的な結果でもありますが、都議会がくだした大きな判断です。

15年で終わるはずの区画整理が、東京都の見通しの甘さから30~50年以上かかることになり、人々の人生が大きく狂い、高齢化した住民から先の見通しを失わせ、まちが壊れる中で、六町エコプチテラスは、多くの人に希望を与え、まちを再生してきました。
折りしも、翌日の6月8日、ドイツで開催されたG8ハイリゲンダム・サミットでは、各国の首脳が地球温暖化対策の実現に向け、何とかスタートラインにたつことができた日であり、これからまさに持続可能な社会の実現に向けて、国だけでなく、企業も国民一人ひとりも参加し、行動する世界の流れが確認されました。
主観的な見解かもしれませんが、六町エコプチテラス事業は、環境問題を身近に、わかりやすく、また楽しく市民につたえる極めて民主的なプロセスを重視した、自立した市民と、協働を経営理念とする足立区・足立区まちづくり公社との協働による先進的な事業であり、まさに地域レベルで地球温暖化対策に取り組むツールとして効果的なモデルであると考えますが、その先進性ゆえに、また地球温暖化対策の必要性の認識不足ゆえに、また私たちの説明が不十分であったがゆえに、まさにこれからその必要性と価値について、評価・検証・普及させるべきときにもかかわらず、今回の不採択となった結果はまことに遺憾です。

しかし、今回の審議においては、単に「採択・不採択」だけでない、たいへん中身の濃い審議が1時間半にわたって行われました。
そこには、
「私たちの活動の価値がいったいなんであったのか」
「新しい公共とは何なのか」
「まちを豊かにしていくのは誰なのか」
「深刻化する環境問題について私たちはどう向き合っていくのか」
という議論がなされ、まさに現場の声が反映されたものでした。

特に印象的だったのは、最終的に否決に回った東野都議(公明党)から、「今回は賛成できないけれども」と前置きしつつも、
「東京都の都合で、このような物事の進め方が行われるべきではない」
「自治体・地権者・審議会だけでなく、ボランティア団体への丁寧な説明と情報交換が行われていたならば、このような事態にはならなかった。認識の薄さについて、今回の件は教訓とすべき」
など、まちをつくる人(ステークホルダー)への説明は、単に区画整理法で定められた範囲ではないという、「新しい公共」に対する認識の高い意見が出されました。

また、可決に回った吉田都議(民主党)からは、区画整理によって壊れた町が、市民の手によってぬくもりある活きた場所として再生したことにたいする評価をすべきであるという意見が出されました。世界に広がるコミュニティガーデン同様、エコプチテラスが地域の活性化、コミュニティの形成に成果を挙げていること、石原都知事が掲げた10年後の東京の方針の下、東京都環境局がおこなっている空き地の隙間緑化プロジェクトとの整合性があることなどについて、意見が出されました。

また、議論としてもバランスが取れており、神社移転の賛成についても意見が出されました。川井都議(自民党)からは
「神社移転は区画整理の一環として行われるもの」
「氏子が土地の寄進をするというのは大変なこと」
「区民農園に変わってできる神社の横に緑があれば、鎮守の森として本格的なヒートアイランド対策が期待できる」
などの意見がありました。
なお川井都議は、質問のとき以外でも、都の職員の説明に対し
「それじゃあ、都が説明責任果たしていないと認めることになるじゃねーか、笑ってんじゃねえ」
と都の職員をヘルプする野次を飛ばしたり、自分の発言の後居眠りを始めたりと、発言以外でも傍聴者の注目を集めていました。

植木都議(共産)からは、暫定利用が問題で、足立区がきちんとした用地を提供すべきという意見がありました。

今回の審議会では、東京都の考える町の関係者;足立区でも地権者でも審議会でもない、それでも町に住み、町を愛し、町のために汗を流し、町から世界に向けて発信する人がいるということが、何度も何度も繰り返し発言されました。
東京都にとって存在すら認識されていなかった私たちの発信は、
「緑を増やしたい」
「いいことやってるんだからがんばれ」
「エコプチ大好き」
という人と署名という形でつながって、7570名のぬくもりあふれた活きた市民の声として広がりました。
そして、東京都議会において、その存在と、新しい公共のあり方についての現場の議論がなされました。

繰り返しますが、神社は大切な施設です。歴史と文化を大切にし、神社を大切に思う人が町にたくさんいます。
それは子供たちや未来を大切にし、環境について考える人と重なっていることも多くあります。
人がいて、人が活き活きとして、町は活き活きとするのです。
まちづくりをしている私たちは、その人たちのために、その人たちが町をもっともっと好きになってもらうように、あらゆる合意形成のプロセスにかかわる準備があります。
そのとき、エコプチか神社かという議論でない、第三の道が現れるのです。

今回の件は、東京都が区画整理法の上にあぐらをかき、そこに住む人たちの思いを虫けらのように扱い、神社という大切な施設を軽んじ、エコプチという大切な施設を軽んじ、東京都が区画整理法だけを根拠に考えるまちづくりを押し付けていることが、背景にあります。
それは「ここは空き地だ」「環境問題は関係ない」などという発言が続くことで裏付けられています。
このようなプロセスでは、まちを大切にする人の心が壊れ、ささやかな幸せや人のつながりは踏み潰され、心のない、ぬくもりのない町ができてしまいます。
だから私たちは異議を唱えているのです。

今回の採決では私たちの意見は採択されませんでした。
しかし審議のプロセスにおいては、私たち現場の意見が反映され、都の対応や説明のやり方はおかしいんじゃないか、という議論がなされました。
不採択という結果の重要性を認識しつつ、そのプロセスで話し合われたことも重く受け止める必要があると考えます。
このような活きた議論をしていただいた都議会議員の皆様に感謝すると同時に、エコプチのような場を広げたいと署名に協力していただいた7570名の皆様のおかげでこのような議論が行われたと思っております。

改めてお礼申し上げます。

最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fuming)
2007-06-09 08:11:33
とても残念ですね。
もちろん、こうして審議されたことは、必ず今後につながっていくことと思います。
以前、都の方が「東京都がイエスと言うことは、その影響力から言って、国としてのイエスという位の重さがあるから、簡単に結論を出せなくて、何に対してもどうしても身重になるんだ」ということを言っていたのを思い出します。
私としては、だからこそ「イエス」と言って欲しくて突っ込んだのですけれどね。
平田さんのとても丁寧なご報告に、感謝します。
残念です・・・ (のこたん)
2007-06-09 09:01:28
 「不採択」残念ですが、議論された事が、その場限りの議論ではなく、何かに繋がる議論であったと信じたいです。

 私の住む所は、まだまだ自然がいっぱいの所ですが、目立たない微妙な流れで緑が無くなっていってます。

 後継者不足により農地が宅地へ(大きな団地化)・大手スーパー進出・それに伴うレジャー施設進出etc

 私が子供たちと遊んだ、きれいな小川(めだかすくい・ザリガニ取り・蛍追い)は、アスファルトに覆われました。

 ハリヨの住む川も無くなりました。

 町としては、「豊かな自然が残る町」を謳っています。
 今回の議会議員選挙の時は、環境を・子供を守りたいという議員を応援しました。

 何もできないではなく、小さな事でもいいから何かをしなくてはという事を、こちらで学ばせていただきました。

 ありがとうございました。

残念でしたね (wakasama)
2007-06-09 19:00:44
平田さんをはじめ、グリーンプロジェクトを根元からささえていらっしゃる皆さんには大変残念な結果になってしまいましたね。
しかし、都議のなかにも趣旨を理解して主張していた方もいたようですから、次世代の子供達への「よりよい環境の伝承」を考えれば、無駄ではなかったと思います。
どうか、皆さんも今まで通りにコツコツと頑張って下さい。
微力ですが、御協力いたします。

議決撤回の可能性は? (しろ)
2007-06-11 22:51:33
署名をお送りした一人として、とても残念な気持ちです。都議会への請願が不採択になった場合、もうあきらめるしかないのか、議決撤回のために何かできないのか、調べてみたいと思いました。このまま、都の対応を受け入れるのは悔しいですよね。5月31日の回答書も、これだけでは理解しがたく、もっと丁寧な説明が欲しいです。エコプチテラスのような画期的な活動が、こんなに軽視されてしまっていいはずがありません。私も神社は大切だと思います。たいがい見上げるような木があって、癒しの空間で。だから移転は神様にも申し訳ないと思います。もともとあったその場所に意味があるのでは…。
 ともあれ、こうして粘り強く、経緯を伝えてきてくださったこのブログに感謝します。労いの気持ちでいっぱいです。
ところで (fuming)
2007-08-05 12:28:30
今後、足立グリーンプロジェクトは、どうなっていくのでしょうか??
とてもとても気になります。
本当になくなっちゃうの??
だとしたら、いつまで・・・??
何かその後の展開はないのかな~っと、まだ、諦めきれないで、時々こちらを覗きに来てしまいます。
申し訳ありません (中尾慶子)
2007-08-23 00:08:35
この残念な結果を知り、申し訳ない思いで一杯です。
力になれないまま…こんな素晴らしい取組みが無くなってしまうのかと思うと残念で残念で仕方ありません。見学させていただいた時の感動は、長崎の私達にとって、どれほどの勇気となったか分かりません。
長崎では、今年から本格的にチャレンジ農園をスタートさせます。私の中では平田さんのエコプチテラスが憧れです。あの空間と皆さんの思いは私達長崎の者にも目に見えない糸を届けて下さいました。
まだまだ足下にも及びませんがこれから、少しずつ皆さんのあの素晴らしいエコプチテラスのような憩いの場所を目指して、長崎で頑張ります。
言葉もありませんが…役立たずで申し訳ありませんでした。
諦めないで (青空)
2007-09-05 19:01:30
私は門外漢ですが、エコプチテラスの存続を願う者です。都議会での残念な結果で、全て終わったわけではないと思います。足立のまちづくりの観点から、足立区長に「直訴」し都への働きかけをしてもらったらいかがでしょうか。新区長は区のホームページでも、時々環境に関してのテーマも取り上げています。若くて行動力のある方だと思います。