お役に立てれば 〜日日是好日のアダチマ日記〜

日々の暮らしでの小さな工夫や発見、お気に入りのものたちの記録。
見知らぬあなたの、お役に立てれば。

折り紙で、いつも余る不人気な色は…。

2016-11-01 06:00:00 | リトルアーティスト
おはようございます。アダチマです。

我が家には幼稚園と小学生の子供がいて、
どちらも時々、折り紙で遊びます。

だいたい、徳用の折り紙の箱から、20色とか 27色とかの
セットを一組ずつ束ねて渡すようにしています。
一気にあげてしまうと、とんでもないことになるので、、、。

でもね、当たり前だけど均等には消費しないんですよ。
「ママー、おりがみが無くなったからちょうだい!」とか
「お花を作りたいんだけど、綺麗な色が無いから」とか言ってもらいに来て、
端数がそれとなく折り紙収納ケースの最下段にたまっていきます。

皆さんのお宅では、あるいはご自身が折り紙制作をするとしたら、
使わなくて余ってくるのは何色の折り紙でしょう。

我が家の場合は、黒。圧倒的に黒です。
ところが、最近、ようやく「これぞ」という使い道を見つけたみたいで。

手裏剣です。
確かに、リアル。忍者っぽいですね。

ちなみに、上の写真は手裏剣の形に折った折り紙を重ねて置いてあります。
手裏剣屋さんごっこ、なのだそうだ。。。

白色の折り紙も余りそうだけど、お絵描きに使われていたりして
不思議と残ってはいません。
茶色もテンションが上がる色ではないですが、動物(イヌ)とかどんぐり
とか、低年齢でも作ることが出来る折り紙が多いので
普通に使われて減っていきます。

金、銀のツルツル折り紙も意外と使い道がないんだよな〜。
(勿体ぶっていて、結構使いそびれます。)
でも最近、子供たちがメダルを作ってオリンピックごっこなどを
していたので、意外と消費量が伸びたかも知れませんね。
これからのクリスマスシーズンにも使うかも。

手裏剣は、折り方を覚えるまでが大変だけれど、
そこを通り越すと作るのが快感になるみたいですね。
8歳の長女は、作り始めると狂ったように量産しています。。。

手裏剣しゅしゅしゅ、日日是好日

アダチマ


エヒメ紙工 徳用おりがみ KTO-500 15cm角 500枚入
クリエーター情報なし
エヒメ紙工



クツワ HATS おりがみ用ケース PT070
クリエーター情報なし
クツワ



おりがみ 収納ケース
クリエーター情報なし
サナダ精工
『クラフト・ハンドメイド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ハッカ油の手作りスプレーで... | トップ | 曼荼羅、それとも鳥獣戯画? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リトルアーティスト」カテゴリの最新記事