ねこやま くるり

猫山を中心にした外川目の魅力を余すところなく “くるり” とご紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そとかわめも ④伝説について

2012-02-24 16:04:53 | そとかわめも
伝説と昔話。

どちらも、地域で人から人へ伝えられてきたものとして
馴染みがあるものです。

簡単な分類としては、
場所や人物、年代などがある程度特定されたものを「伝説」。
場所や年代などが特定されていないものを「昔話」と
呼ぶようです。

「むかーし、あるお寺に…」という特定不能なものが昔話。
「●●寺の●代目の住職さんが…」は伝説。


花巻市のお隣、遠野市は「民話のふるさと」と呼ばれるのに対し、
外川目は伝説の郷と言えるのではないでしょうか。

外川目」に遺される伝説は、40話を超えています。
「昔話」も含めるとかなりの数が伝えられてきたようです。


「●●(地名)の●●(事柄)」という、由来を語るスタイルが
多くみられます。

教育委員会で編集した「大迫の伝説」から、
外川目の伝説を性質別にいくつか挙げてみますと…。

①八幡太郎(源義家)と蝦夷征伐にちなんだ話
 ・拝峠の鍋掛けの松
 ・竪沢の八幡太郎 など

②地形や石、樹木に由来する話
 ・猫山の巨石群
 ・笠掛け石 など

③妖怪や動物の話
 ・合石下村の座敷ワラス
 ・越田のキツネ
 ・嶽沢の河童 など

④歴史と関連のある話
 ・漆山の金山
 ・銭座
 ・狄川の放牧地

⑤家系、人物の話
 ・狄川の旧家
 ・佐々木左近と八木巻館
 ・菊池家の伝説 
 ・枡沢又四郎 など

そして、もっとも数が多いのがこちらのジャンルです。

⑥神仏に関する話
 ・宗通寺の由来
 ・失水
 ・春日神社
 ・金精さま
 ・春日大明神の大蛇
 ・諏訪神社の伝説
 ・三嶽山陽明寺 など


こうした伝説を丁寧に採集し、紙芝居に仕立てて
大迫町内外で上演している団体があります。

大迫町読書ボランティア「たんぽぽの会」さん。


外川目を含む大迫町の伝説を基にした大型の紙芝居が人気です。

現在、大迫町で開催している「宿場の雛まつり」でも、
大型紙芝居の上演を行っています。

お出かけの際は、ぜひご覧ください。

■宿場の雛まつり
開催中~24年3月4日(日)まで
詳しくは、こちらでご確認ください。
 
この記事についてブログを書く
« そとかわめも ③古代の巨石文... | トップ | 平成23年度外川目地区生涯学... »
最新の画像もっと見る

そとかわめも」カテゴリの最新記事