南九州採集記

えびの市を中心に昆虫採集、きのこ採集、野鳥撮影な日記

モズ幼鳥

2018-08-14 21:22:48 | 
庭にて




モズ



・・・・・・・・

と思って撮影したが、
なにかおかしい。

かなりモフモフ。
どうやら巣立ったばかりの個体のようだ。

いつもこのポイントにとまる個体の子どもなのだろうかと。


無事に成長してほしいなと。
そして立派になった姿をまた見せてほしい。
コメント

キマダラカメムシ

2018-08-13 21:47:34 | 半翅目
思わぬところで出会った。




キマダラカメムシ


てっきり九州あたりまでの外来生物かと思っていたが、
どうやら神奈川県下も本種の生息分布に近年入ったらしい。

箱根で活動していた時も感じたが、やはり神奈川県は外来生物の玄関口になりやすいようだ。
(港がある 人で出入りが多い いろんな人がいる、等・・・)


個人的にはかっこいいカメムシだと思うのだが、外来生物。
先日は熊本県内でもかなりの個体数が確認できた。
もうこの調子だと日本全国一気に広がってもおかしくないくらいだ。


今回、
関東遠征して本種と遭遇した体験からは多くの学びがある。

@関東地方 神奈川県
コメント (1)

イチモンジセセリ

2018-08-12 22:37:26 | 
先日アップした川口市のタケオオツクツクのポイント。

すごい勢いでセミが鳴く中、



イチモンジセセリが盛んに活動

どうやら、


カラスの糞に吸汁しに来ているようだ。

ウェブ上では現在のところタケオオツクツクの外敵としてスズメバチがあげられているようだが、
現地を実際に確認したところ、一日中ノラネコがうろつき、朝はカラスを何羽か確認。
羽化のために地上い這い出てきた幼虫を狙っているんだろうな~。


知らぬところで、
外来生物タケオオツクツクを巡る食う食われるの関係ができ始めているのかな。
今後どうなるのか、気になるところだ・・・。


@関東地方 埼玉県
コメント

タケオオツクツク

2018-08-10 22:46:15 | 半翅目
関東に行ったので、その記録。




タケオオツクツク



大陸からの外来生物。
この3年ほど、埼玉県川口市で確認されているとの情報を経て、いざ竹林へ向かった。
一発目でビンゴ。日没前後40分間は機械音のような鳴き声を聴くことができた。
明らかに日本の文化とは異なる「虫の声」。

数キロ圏内に本種が依存するであろう竹の林が点在する。
今後どのような分布拡大、増減を繰り返すのであろうか。
非常に気になるところではある。

@関東地方 埼玉県
コメント

エリマキツチグリ

2018-08-09 21:46:37 | きのこ
湿度ガンガンの林内の道路沿いを歩いていたら見つけた。



エリマキツチグリ


ナイスなネーミング


しかし、和名のとおりそっくりな

「別種のツチグリ」とはかなり縁遠い種らしい。




Wikiによると、
エリマキツチグリは「ヒメツチグリ目」。
ツチグリは「ニセショウロ目」とのこと。


と、いうことは・・・

昆虫でいうと、
カブトムシと、アゲハチョウくらい違い。

哺乳類でいうと、
ヒトとイヌくらい違う。

ということになる。




うぬぬ~~~~

きのこの収斂進化恐るべし・・・・
コメント (2)

ボーベリア

2018-08-02 22:14:36 | きのこ
「虫屋」であり「きのこ好き」であるため、



こういうのはフィールドで発見するとテンション上がる。

ボーベリアにやられたヒグラシ


菌に寄生され、風通しの良い場所で死を迎え、胞子をばらまく。
おそらく寄生された後、どこかの時点から操られているんだろうな~と。



朝日を浴びて神々しい・・・


菌類を食べる昆虫がいれば、

逆に

昆虫を食べる菌類もいる。

やはり自然界の「食う食われる」は奥が深いなー。


以前ボーベリアについて書いた日記↓(かなりマニアックな内容かもしれない・・・)

https://blog.goo.ne.jp/act2_gogogo/s/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2

コメント (4)

スギドクガ

2018-07-21 22:24:38 | 
ようやく会えた・・・・




スギドクガ

イモムシハンドブックを手に入れてから以来、ずっと出会いたかった毛虫。
スギなんてどこにでもある植物だからどこでも大発生しても良さそうなものだが、全く出会いがなかった。

このモヒカンな毛束。
緑色の体色。
角を思わすお尻のあたりから生える黄色い毛束。
ドクガ科なのに毒が無いというツッコミどころ満載なところ。

なんてアートでパンクな毛虫なんだろうか。


実はうちの王子が地面を這っているのを発見。
でかしたーーーっ!!!息子よ!
コメント

ニセショウロ

2018-07-19 22:17:12 | きのこ
先日行った海岸で出会ったこのきのこ。


おおおぉぉ・・・・


こ、これは・・・

ショウロというやつ???


だとすれば

これはいわゆる食菌か???



海岸の砂地、アカマツ林の中に点在していた。
探し初めて、一つ見つけると、

「あ、ここにも。おおっ、あそこにも!」


みたいな感じでどんどん見つかった。


10個ほど採集し、帰宅しドキドキしながら半分にカットしてみた。


・・・





???????








あれ・・・????????





中、

黒いやん




これはおかしい。

ショウロといえば内部は白~小麦色的なはず。
腐れたにしろ全てが真っ黒になっているのはやはりおかしい。


改めて調べてみたところ。
どうやら

「ニセショウロ」

の仲間らしい。


かなり分類がややこしいらしく、「の仲間」。



あああぁぁぁ・・・・・

なんてこった。
地下生菌の自己採集に一種追加できたかと思っていたのに。
というか、あまりに出会いたいばかりに勝手に「ショウロ」だと決めつけていた自分のアホさ加減がまずいなと。
先入観は捨てなくてはな~。


しかし、
前向きに考えれば、きのこの自己採集種に一種加えられたのは間違いないわけで、
特殊な環境に発生するきのことしてはやはり魅力的なのも間違いない。



ショウロはショウロでまた頑張って探すわけで、
やはりきのこの世界は面白い!!!
コメント (4)

ベニヒガサ

2018-07-15 21:36:01 | きのこ

ベニヒガサ

木漏れ日を浴び、燃えるようなその姿は美しい・・・

わずか2cmほど。
とても小さな小さな存在。

その中にきのこの美しさが凝縮されているようだ。
コメント

ウスキキヌガサタケ

2018-07-09 22:39:56 | きのこ
圧倒的存在感


ウスキキヌガサタケ


薄暗い林内で輝いて見えた。


あまりに神々しく、
とても採る気にはなれない。

「採集記」失格・・・・・
コメント