アクティビティ研究会

アクティビティ研究会会員の為のブログです。活動予定や報告などを定期的にアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アクティビティ研究会ブログ・メール引越しのお知らせ

2014年03月06日 | Weblog

アクティビティ研究会会員の皆様へ

 GOOメールの有料化に伴い、長らくお世話になったGOOから引越しすることになりました。

 ブログもメールも心機一転、下記のアドレスに移ります。

 みなさま、ブックマークおよびメール設定の変更をお願いいたします。

 今後とも、アクティビティ研究会をよろしくお願いします。

 新ブログ  http://actken.blog.fc2.com/

 新メール activity.ken@gmail.com

 

ACT研事務局

コメント

H26年アクティビティ研究会外来講師講演会

2013年11月29日 | Weblog

アクティビティ研究会外来講師講演会開催のお知らせ 
 
 当研究会では、年に一度、外来講師をお招きして、講演会を開催しています。
 今回の講演会は、当研究会会員以外の作業療法士も参加できますので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください。


●講師:北里大学名誉教授 淺井 憲義 先生(作業療法士)
●講演内容 「作業遂行を認知の視点で分析し統合する尺度の活用 」
         〜作業活動評価尺度の開発経緯を踏まえて〜 
  今回は、認知の分野で多くの研究に加え、福祉機器開発の経験もある、淺井先生を講師に迎えることができました。淺井先生を当研究会の外来講師講演会をお願いするのは、10数年ぶり2回目です。前回の講演会に参加された方も、その後の知見を含めてお話をいただける予定ですので、日々の臨床に役立つ講演であると思います。
 
●日時 2014年2月9日(日) 14:30〜16:30   
●場所 日本赤十字社総合福祉センター レクロス広尾
      東京都渋谷区広尾四丁目1 番23 号 
●対象 作業療法士 
●受講料 1000円 
●連絡先 アクティビティ研究会事務局 奈良 
      メールアドレス act-ken@mail.goo.ne.jp 
      連絡事項:①氏名②所属③連絡先(携帯電話番号等)④懇親会の参加有無
      なお、当日は講演会終了後、懇親会を近場で予定しております。 
      講師の先生も参加してくださる予定ですので、皆様の参加を是非お願いします。
●申込締切 先着順で30名程度まで(受付は2014年1月25日頃までを予定)  
●作業療法士協会の基礎研修ポイント(1ポイント予定)   
●主催 アクティビティ研究会  (ブログ http://blog.goo.ne.jp/act-ken/)

コメント

H25年度ACTセミナー報告

2013年11月14日 | Weblog

遅くなりましたが、今年のアクティビティセミナー報告です。

今年のセミはーは、佐藤先生から「回復期リハビリテーション病院におけるアクティビティ利用について」というタイトルで講演をいただき、体験クラフトとして、「スティック手織機の紹介」佐藤先生他と「牛乳パックを使ったリリアン編みマフラーの作製」犬木先生が担当してくださいました。今回は、参加者14名とやや少なめの研修会となりましたが、会場は広尾という都心の真ん中の、設備が整ったレクロス広尾で、行うことができました。

スティック手織り機は、板についた十数本の細長い棒(棒には縦糸付き)に、毛糸を横糸として交互に巻きつけていくことで、完成します。事前に縦糸を棒に取り付けておけは、比較的手順が簡単なアクティビティといえます。仕上がった作品は、敷物だけでなく、袋状にも編み上げることができるので、段階付けがしやすいように思えました。

牛乳パックを使ったリリアン編みマフラーは、作成するための道具作りから課題に取り入れることができるため、よりレベルの調節幅を持ったクラフトです。編み上がりは、筒状の織物が出来上がりますが、初めの自具のサイズを変えることで、筒状の大きさを変えることができます。

やはり実物を作ってみて初めて分かることが多く、体験の重要性を再認識しました。

最後になりましたが、会場担当の小野先生、いろいろと手配や準備、ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

 

会員の皆様へ

今年の研究会活動は、無事終了しました。

また来年の予定が決まりましたら、ブログにアップいたします。(2月上旬に外来講師講演会を予定しております)

当研究会活動へのご協力を、来年もよろしくお願いいたします。

奈良篤史/ACT研事務局

 

 

コメント

H25年度アクティビティ研究会セミナー開催のお知らせ

2013年07月29日 | Weblog

今年も作業療法場面におけるクラフト活用について、作業体験を通したセミナーを行います。
ご興味のあるアクティビティ研究会会員の方、そして会員ではないOTの方でも参加可能なこの機会に是非ご申し込みください。
------------------------------------------------------------------------------

研修内容 講演:「回復期リハビリテーション病院におけるアクティビティ利用について」(仮) 担当:佐藤先生
体験予定クラフト:「スティック手織機の紹介」(仮)佐藤先生他と「牛乳パックを使ったリリアン編みマフラーの作製」(仮)犬木先生 

●日時 2013年10月6日(日) 10:30 - 15:00
                                  (受付開始) (後片付け後解散16:00頃)
●場所  日本赤十字社総合福祉センター レクロス広尾(予定)  東京都渋谷区広尾四丁目1 番23 号
●対象 作業療法士 
●受講料 500円 
   セミナーでは アクティビティ研究会編「アクティビティと作業療法」(三輪書店) を使いますので、書籍を当日ご持参下さい。 
    ☆書籍はこのセミナー申込時と同時に購入申込も受け付けています。 
     その場合は参加費免除で、書籍代3570円のみでセミナー参加となります。 
      購入希望の方は、参加申し込みメールに「アクティビティと作業療法」書籍購入希望ありと記載して下さい。 
 
●連絡先 アクティビティ研究会事務局 奈良 
      メールアドレス act-ken@mail.goo.ne.jp 
 
●申込締切 先着順で20名程度まで(最終受付は2013年9月末日頃を予定)

●作業療法士協会の基礎研修ポイント(1ポイント予定) 

※アクティビティ研究会は、1992年に設立されたOTによる作業療法研究グループです。定期的な研究会や講師による講演会を開催しています。研究会では会員が実践しているクラフトを中心として発表や体験を行い、難易度の検討や材料の紹介、作業工程の工夫など情報交換を行っています。なお、日本作業療法士協会SIG認定を受けております。

-----------------------------------------------------------------------------------------

コメント

定例会報告

2013年07月15日 | Weblog

H25.7.14に行われたACT健定例会の報告です。

今回は、南埼玉郡宮代町にあります、公設宮代福祉医療センター立花にお邪魔させていただき、定例会を実施しました。

 場所は東部動物公園の近隣で、緑の多い地区です。定例会中には、カエルの鳴き声も聞こえました。夏ですね。

 今回は会場施設のスタッフも参加していただき、施設見学時には、施設の特徴や運営についてのご説明を頂くことができました。

 さて、定例会ですが、今回は発表担当初となる熊谷先生からペットボトルの風車、会の代表の大熊先生から切り絵のご紹介を頂きました。

 ペットボトル風車では、まずペットボトルの選定(ペットボトルには硬さが多少あるほうがよいこと、、上と下に円周上に線が入っているタイプのものなど)から、風車の軸となるワイヤーハンガーの針金部分の加工についてなど、ご説明を頂きながら、作品づくりに取り組みました。

 切り絵では、影絵のような懐かしい絵柄を題材にご説明いただきました。下絵を切り絵シートに仮接着して行う方法ですと、細かな切り抜きにもシートが破れてしまうことがないので、扱いやすいです。出来上がった作品は、完成度も高く、利用者の満足も得られやすいのではないかと思いました。

 皆夢中になって取り組んだだめ、それぞれ1~1.5時間程度の紹介・工作時間となってしまい、終了予定時刻も17時を超えてしまいましたが、実りの多い定例会でした。

 お疲れ様でした。

 奈良篤史/ACT研事務局 

コメント

定例会開催のお知らせ

2013年06月05日 | Weblog

アクティビティ研究会の皆さま

 いよいよ夏も近づいてきました。暑さが体にこたえるなぁ~と感じる機会が年々増加中ですが、皆様いかがでしょうか。

 さて、当研究会の原点といえる「定例会」の開催がきまりましたので、お知らせいたします。

開催日時:7/14(日) 13:00 集合

会場: 公益社団法人地域医療振興協会 公設宮代福祉医療センター 六花
     〒345-0831 埼玉県南埼玉郡宮代町大字須賀177

アクセス  http://www2.ocn.ne.jp/~mfic/

発表者 熊谷先生、大熊先生

-------------------------------------------------------------------------------

①熊谷先生
課題:「ペットボトル風車」 
 *皆様が一度は見たことがあるはず?!のペットボトルで作る風車です。

②大熊先生
課題:「切り絵のプリント」 
  *切り絵の基本的な技術習得と、布へのプリントによる実用性のある作品作り。 

-------------------------------------------------------------------------------

皆様へのお願い

 材料等は会場のほうである程度ご用意できますが、参加人数が不明ですので、お持ちであれば下記のものをご持参下さるとありがたいです。

 よろしくお願いいたします。

材料①空きペットボトル(サイズは自由)

道具①ペンチ(ラジオペンチ)③はさみ④カッター
-----------------------------------------------------------------------------------

なお材料などの準備から、参加できる方はメールで参加予定と事務局宛にご連絡ください。お待ちしていま~す。 

奈良篤史/ACT研事務局

コメント

H25年度アクティビティ研究会外来講師講演会報告

2013年05月20日 | Weblog

深川先生の講演会の報告です。

今回は、参加者38名と大人数の講演会になりました。予定定員より大幅な申し込みがあったため、やむなく受付も1ヶ月前に締め切らせて頂きました。

講演では深川先生より、作業療法士は医療職種であり、そこを基盤にして展開をきちんと行っていくこと、対象者の身体機能、動作・生活がどのようになされているかを適切に把握して、自助具や福祉用具などの早期からの導入も考えて行うことなど、先生の体験・経験から導き出されたポイントについてお話しいただき、作業療法の素晴らしさが伝わる内容でした。

その後の懇親会でも、多くの参加者にお声かけ下さり、楽しい時間を過ごすことができました。深川先生、大変お忙しい中、長時間にわたりご講演・ご指導して頂き、ありがとうございました!

奈良篤史/ACT研事務局

コメント

H25年度アクティビティ研究会外来講師講演会開催のお知らせ

2013年03月19日 | Weblog

アクティビティ研究会外来講師講演会開催のお知らせ 
 
 当研究会では、年に一度、外来講師をお招きして、講演会を開催しています。

●講師:専門学校社会医学技術学院 副学院長 深川明世 先生(作業療法士)

●講演内容 「対象者の日常生活動作で気付く作業療法プログラムの組み立て方」
     〜臨床から学ぶさまざまな作業療法の用い方、アクティビティの取り入れ方〜  

   今回は、臨床経験30数年の先輩作業療法士が伝える作業の用い方について伺いたいと思います。特に臨床経験が少ないOTの方には、アクティビティだけでなくプログラム立案等での疑問や悩みをベテランOTに質問できる絶好の機会です。 
 
●日時 2013年5月19日(日) 14:00〜16:30   

●場所 東大病院リハビリテーション部作業療法室(予定) 
 
●対象 作業療法士 
 
●受講料 1000円 
 
●連絡先 アクティビティ研究会事務局 奈良
      メールアドレス act-ken@mail.goo.ne.jp
      連絡事項:①氏名②所属③連絡先(携帯電話番号等)④懇親会の参加有無

      なお、当日は講演会終了後、懇親会を近場で予定しております。
      講師の先生も参加してくださる予定ですので、皆様の参加を是非お願いします。

●申込締切 先着順で20名程度まで(受付は2013年4月30日頃までを予定)  募集人数を超えましたので、受付終了しました(4/14)
  
●作業療法士協会の基礎研修ポイント(1ポイント予定)   

●主催 アクティビティ研究会  (ブログ http://blog.goo.ne.jp/act-ken/

コメント

H24年度アクティビティ研究会体験学習参加報告

2013年03月18日 | Weblog

3月10日のKAMIZUMの体験工房に参加してきました。ちょうどスカイツリーのおひざ元にある和紙の工房です。

今回は、3種類の技法(木版、墨流し、櫛引)の中から、2種類をチョイスでき、証明が作成できるコースを選択。

参加メンバーは4名と少なかったですが、それぞれの趣向を凝らした作品が出来上がりました。

私が行ったのは、墨流しと櫛引。

墨流しは、墨流し用の特別な墨を使うことで、鮮やかな色が出るそうです。左手に墨を含んだ筆、右手に洗剤?溶液を含んだ筆を持ち、交互に水面に付けていくことで、年輪のような絵柄ができます。

これをうまく崩して、紙を上から乗せれば、模様が紙に吸い取られます。

櫛引は、これまた特殊な金色の溶液を和紙に塗り、櫛のように切れ目のある道具を用いて、塗った顔料をはぎ取ります。もともとは漆喰に櫛を当て、かき取ることで模様をつける土壁装飾技法を、和紙装飾用にアレンジしたものとのことでした。

残念ながら、邪念が入り、こちらは思ったようにいきませんでしたが、職人のフォローで、どうにか完成することができました。(他の皆様は、それぞれすばらしい作品となっております。)

その後、施設見学もさせて頂き、プロの技を担当させて頂きました。。。。

後から知ったのですが、なんと、翌日の予約から春のスプリングキャンペーンということで、参加費無料!!のイベントもやっているようです。

むむむ、、、ご興味のある方は申し込みをお勧めします!!                       ACT研究会事務局 奈良

 

コメント

H24年度アクティビティ研究会体験学習会開催のお知らせ

2013年01月24日 | Weblog

アクティビティ研究会の皆様

 H25年になり、本年第一回目は、体験学習会に決定しました。

 内容は、和紙壁紙、照明和紙の工房KAMISMにて、照明制作体験です。 

 HPの記載には、「1体験で2度楽しめる、カミズムおすすめのコースです。創作和紙の醍醐味は、なんと言っても照明。和紙に光を通すことでやわらかい陰影が現れ、明るい所でみる表情とは一味違った雰囲気を味わえます」とあります。

 詳細(場所、参加費)は下記参照。

http://kamismlab.jp/workshop/%e4%bd%93%e9%a8%93%e5%b7%a5%e6%88%bf

 

この機会に、伝統和紙工芸に触れてみましょう。

実施予定日 3月10日(日)14:00集合~15:00解散(幹事はその後打ち合わせがあります)

集合場所 現地集合

参加ご希望の方は、2月15日までに下記メールまで、ご連絡下さい。キャンセル料はかからないということですので、参加できそうな方は、ぜひお申し込みください。

奈良篤史/ACT研事務局 act-ken@mail.goo.ne.jp

コメント