feel.

レンズを通してみえたもの。感じたこと。

フルオーダースーツへの道。リングヂャケット

2017年10月23日 | ファッション
友人に石田洋服店まで連れて行ってもらった帰り、続いて4軒目に訪ねたお店”RING JACKET

もともとは阪急メンズ館のBerlutiスタッフにオススメいただいたショップ

セレクトショップのスーツを作ったりしてる地元大阪出身のファクトリー系ブランドであり、「注文服のような着心地の既製服を作ろう」という決意のもとに立ち上げたブランドだとか。海外の人にも人気だという。

メンズ館にも入っており一軒目といえば一軒目に訪ねたのだが、そこは基本既製服の売り場であったため、大阪淀屋橋にあるフルオーダーを扱うリングヂャケットの旗艦店たるマイスター店へ行ってみることにしたのだ。

リングヂャケットの中でもてっぺんなのがマイスターラインなのだという。

マイスター184

マイスター253

そして昨秋に限定でマイスター206と言うものがでたらしい。

ディティールの違いで色々あり、一番上の206は首周りの造りにこだわりがあるのだとか。

でも206の形というものがあり、それをいじることはできないそうなので今回は除外。

選ぶとするなら184か253だ。


↑184はラペル幅が8.5mm


↑253は9mmなのだという。たった5mmなのだが、されど5mm。比べてみるとぜんぜん違う。凄いもんだ。

日本人のために作った既製服という触れ込みどおり、試着した既製服でも作り込みが丁寧で着心地は良く好感触

ただ、ここのウリの一つである雨振り袖というのが今回の僕の志向とは少しずれているのかなと

フォーマルにも使うだろうし、ぴちっとしたスーツに肩だけシワシワもなぁ

カスタムで減らすことはできますというが、ウリを消すのも申し訳ない。

オフの日用のお気軽ジャケットをふんわりした生地で仕立て、そこに雨振り袖を入れてもらうのがお洒落かな

という感想を得て今回は終わりになりそうではある。でもこれはこれで欲しいなぁ…


因みに仮縫いを含めて納期は約三ヶ月だそうだ。

お値段はそこそこいってるね。石田洋服店以上ゼニア直営店未満という感じ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« フルオーダースーツへの道。... | トップ | フルオーダースーツへの道。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ファッション」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事