feel.

レンズを通してみえたもの。感じたこと。

karitoke.

2017年08月01日 | モノ

IWC、ロレックス、ブライトリングなど高級時計を時計レンタルできるサービスが始まった。

一度借りたら返却期限はなし。毎月お金を払って使い続けるもよし、次々と借りてみるのもよしと言う感じ。

料金は時計のグレードによって4段階ある模様
casual   3980円 タグホイヤーやオメガのベーシックなモデル Hamilton EDOX など
standard  6800円 タグホイヤー・カレラ オメガ・スピードマスター ブルガリ・ブルガリなど
premium  9800円 IWC・ポートフィノ カルティエ・ロードスター シャネル・J12 ロレックス・エアキング
exective 19800円 ロレックス・サブやエクスプローラーやロレジウム、パネライ・ラジオミール ロジェデュブイ・イージーダイバー 
などなど。ただ最上級グレードに現時点では100万オーバーな時計は少なく、ブランドも少ない。中古にて手頃な値段でいっぱい出回っていそうな代物ばっかりだ。

一番高いプランに三大雲上ブランドなどが出てくれば納得なのだが…

それでも昔っから気になってる時計がオンリストしているし、すっかり冷めてしまった時計熱に生暖かい風を送ってみるのも面白いかなと思い

事前登録をしておけば初月は60%引きを受けられると言うのもあり、いっぺん試してみようと思うに至ったわけだ。


僕がレンタルしたのは、兼ねてより興味があり何度も欲しいと思ったものの値段が張る割にみんな持ってるから最終的に買うに至らなかったモデル

IWC・ポルトギーゼ クロノグラフ

お洒落やわぁ…


登録した翌日に書類確認が済んで即発送され、その翌日には到着。素早い処理には満足。

届いた時計は恐らく新品ではないと思われるものの、傷は全然なくて非常に綺麗だ。

早速はめてみると、うん、いい感じ。レンタル開始は発送日になっている模様。

じゃ、返却完了は向こうについて検品を終えてからになるのかな。気をつけねばなるまい。

返却までの1カ月弱、オーナー気分に浸ってみようと思う。

焼けぼっくいに火がつかないことだけを祈る。



毎月払い続けると年額24万円となってしまうため、2-3年も払えば立派な時計が買えてしまう。

しかし高級時計は一度買うとなかなか次に挑めないものの、その1本が飽きてく事もある。加えてメンテナンス代は払い続けないといけない。

じゃ、1本を所有するのではなく、毎月定額で違う高級時計をレンタルして遊んでいくのも一つの選択肢だと思う。

自動車は既に所有から共有する価値観に移りつつあると言われるが、時計はよりお手軽にそちらの世界に移行するのかなと思わんでもない。


ただし今は選べる時計がすこぶる少ない。(特にエグゼクティブグレードは殆どがレンタル中)

それでいて規約を見ると”本サービスの月額利用料金は、サービス利用期間中、本会員が商品アイテムの貸出を受けない期間があった場合でも、利用停止または退会手続きが完了するまでは継続して発生します。”

とある。つまり借りてなくても(借りることができなくても)毎月お金を徴収されることになる。

選べなくちゃ意味は無いので、今後客が落ち着いて選択肢が増えるか、在庫が増えないと毎月料金を払うのは難しいだろう。

今月中に対策を練らないと皆一ヶ月で利用を停止するのは想像に難くない。

また、借り終えて利用停止する場合に返却の作業から受付完了までどのくらいの日数がかかるか不明瞭である。
利用停止を申請するタイミングを考慮しないと、1ヶ月間ぎりぎりで借りて、返却処理中に一ヶ月を超えて翌月分を請求されるトラブルが発生するであろうことは火を見るより明らかだ。

・借りてる間だけ月額費用が発生するプランを足せばいいのに。でないと最初だけのお祭りで終わっちゃうよ
・返却時にかかる日時も明示しなさいよ

何度もレンタルして時計を楽しみたい!そう思えるサービスを提供してくれれば化ける可能性はあるんじゃないかなと思う。
コメント