お田植祭開催のお知らせ

だんだんと夏の足音が聞こえてきます。
皆様いかがおすごしでしょうか?
今朝の境内では、大音量で鳥の鳴き声が聞こえてきました。
よく朝のラジオや目覚まし時計で使われているあの鳴き声!
なんとその正体は「ホトトギス」‼
あまりに良く通る声に、最初は町内放送かと思いました(笑)
ホトトギスは、5月ごろに大陸から渡ってくるようです。
いよいよ夏の到来ですね。
さて現在神社では、6月14日(日)に斎行される
「お田植祭」の準備真っ最中です。
「お田植祭」は、新田にある御神田(洒落みたい)にて
神様に捧げるお米をつくる一番最初のお祭りです。
収穫した赤米は神様に捧げ、早めに刈り取ったワラは
神社境内の注連縄に使われます。
(拝殿前の大注連縄作りはここから始まっています!)
氏子有志の方にお借りした田圃で祭典を行った後、
早乙女やカラスの子供達、総代さんと一緒に早苗を植えます。
今年はあち祭囃子によるお田植唄の演奏に合わせ、
賑々しく斎行いたします。
どなた様もお田植の様子をご覧いただけますので、
日本古来の稲作の文化、どうぞ体感してください。
皆様のお参りをお待ちしています。
【阿智神社お田植祭】
6月14日(日) 8時斎行
※雨天決行、但し早乙女・カラスの参加はありません。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


春季例大祭のご案内

明日16日(土)春季例大祭 斎行いたします。
 【ご案内とお願い】
  臨時駐車場:東小学校正門コンクリート部分のみ(約30台駐車可)
  利用可能時間:17時00分~21時00分(時間厳守)
  御厚意によりお借りしていますので、ゴミの持ち帰り等校内の美化、
  近隣住民へのご配慮をお願いいたします。
  また、満車の場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。
  路上駐車や無理な駐車は絶対におやめください。
秋季例大祭(春祭り)は、皇室の弥栄と五穀豊穣を祈る、
一年の中でも重要なお祭りのひとつです。
神社の御扉(みとびら・神様の鎮まる御本殿の扉)は、
この春祭りと秋祭りの2回だけ開かれます。
御扉の開かれた御本殿へ、氏子地区27町の代表の総代により、神饌(しんせん・神様へのお供え物)が伝供(でんく・神饌を手渡しをしながら神前まで運ぶこと)されていきます。
その様子は拝殿外からご覧いただけます。
その後祝詞奏上、巫女による豊栄舞が奉納され、
玉串(榊の枝に紙垂と麻をつけたもの)を奉奠し、祈りをささげます。
★★★祭典は一般の方もご参列いただけます★★★
  朝8:30ごろから受付を開始しますので、
 参列希望の方はこの時間を目安に来社ください。
16日(土)夕方18時からは下記の通り奉納行事(神賑い)を予定しています。
◇神賑い(雨天決行 ※天領太鼓は雨天中止)
18時00分~18時20分 雅楽演奏(阿智神社雅楽部)
18時25分~18時35分 三女神(第一六代目三女神)
18時40分~18時55分 素隠居(素隠居踊り保存会)
18時55分~19時05分 祭囃子と獅子舞(あち祭囃子)
19時05分~20時05分 子供神楽(阿智神社子供神楽)
20時05分~20時35分 天領太鼓(天領太鼓)
◇臨時駐車場(東小学校)
17時00分~21時00分
※21時には必ず出庫をお願いします。
 
16日と17日の両日は御本殿御扉が開いております。
この貴重な機会にぜひお参りください。















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )