株式会社アセラ 農薬部

農薬通信 Web版

農薬通信果樹2014年3月号②「新規果樹用殺菌剤フルーツセイバー」

2014-03-28 20:33:10 | 記事

||||||| 新規果樹用殺菌剤「フルーツセイバー」& 防除技術紹介 |||||||( 3月号 )

 

 本号で紹介する新規果樹用殺菌剤「フルーツセイバー」は、有効成分ペンチオピラドを有する製剤で三井化学アグロ株式会社により開発されたピラゾール系殺菌剤(コハク酸脱水素酵素阻害剤)です。同じ有効成分を有する剤にはアフェットフロアブルがありますが、本剤は果樹専用剤として2013年上市されました。

 

特 長

◇幅広い病害スペクトラム

 担子菌、子のう菌、不完全菌に属する幅広い植物病原菌に対し高い活性

◇分生胞子の発芽阻害に特に優れるため、発病前から発病初期の予防的散布が効果的です

◇ぶどう黒とう病に優れた予防効果があります。

 

適用病害および使用方法                           有効成分:ペンチオピラド15.0%

作物名

適用病害虫

希釈倍数

使用時期

使用回数

おうとう

灰星病、幼果菌核病、炭そ病

1500倍

収穫前日まで

3回以内

なし

黒星病、赤星病、うどんこ病

1500~3000倍

ぶどう

灰色かび病、晩腐病、黒とう病、さび病

1500倍

収穫7日前まで

もも、ネクタリン

黒星病、灰星病

収穫

前日まで

りんご

 

 

赤星病、うどんこ病

1500~3000倍

黒星病、モニリア病、すす点病、すす斑病

1500~2000倍

斑点落葉病、黒点病、褐斑病

2000倍

かき

灰色かび病

1500倍

うどんこ病

1500~2000倍

 

 

 

 

 

 

          

            

 

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 農薬通信果樹2014年3月号①「... | トップ | 農薬通信一般2014年4月号①家... »
最新の画像もっと見る

記事」カテゴリの最新記事