株式会社アセラ 農薬部

農薬通信 Web版

農薬通信一般2016年2月野菜用殺虫剤「パルミノ」

2016-03-25 08:44:38 | 記事

|||||||| 野菜用殺虫菌剤「パルミノ」 ||||||||

 

野菜用殺虫菌剤「パルミノ」は、モレスタン水和剤を剤型変更したフロアブル製剤で、平成26年11月に農薬登録されました。

有効成分は水和剤と同じ25.0%製剤ですが、水和剤と比較すると薬害の低減がなされ、使い易い製剤となっています。但し現時点では、登録作物が少なく、凡用性に欠けますが、順次適用拡大をする予定です。

 

特長

◇うどんこ病:高い予防効果、多作用点活性により薬剤耐性菌が発生しにくい。

◇コナジラミ類、チャノホコリダニに対する効果、殺卵効果が主体

◇薬害を軽減し、作物への安全性を向上

 

有効成分:キノキサリン系 25.0%

物理化学的性状:黄色水和性粘稠懸濁液体

規格:250ml

 

適用病害虫および使用方法                       2016月2月現在の登録内容

作物名

適用病害虫名

希釈倍数

使用時期

総使用回数

きゅうり

うどんこ病

2000倍

収穫前日

3回

アブラムシ類

なす

うどんこ病

コナジラミ類

チャノホコリダニ

 

《注意事項》

○  ボルドー液等アルカリ性薬剤と混合すると分解が促進されるので混用はさける。

○  なすに使用する場合、定植直後や幼苗、軟弱苗等には使用しない。

○  コナジラミ類防除に使用する場合、発生初期の卵の多い時期が散布適期となるので、時期を失せずに散布する。

○  だいず、あずきにかかると葉に薬害を生じるおそれがあるので、かからないように注意する。

○  蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにする。

 

 

製品ラベル

アグロカネショウ(株)は製品ラベルを一新し下記に示したような新デザインに今後変更される予定です。



最新の画像もっと見る