株式会社アセラ 農薬部

農薬通信 Web版

農薬通信果樹2013年11月号「ディアナWDG」

2014-03-05 15:12:16 | 記事

 ||||||| 新規殺虫剤ディアナWDG |||||||( 11月号 )

 ディアナWDG (一般名:スピネトラム)は住友化学株式会社から2011年に農薬登録され発売されているマクロライド系殺虫剤です。本年10月22日付けで従来のりんご、もも、なしに加え、おうとう、ぶどう、すももに適用拡大されました。

本剤は既存の有機リン、カーバメート、合成ピレスロイド、ネオニコチノイド、IGR剤等とは異なる作用性を有し、既存剤に抵抗性の発達した個体群に対しても高い効果が期待できます。本県では、オウトウショウジョウバエやぶどうのスリップス剤として期待されているところです。

特長:

 ◇広い殺虫スペクトラムでチョウ目、アザミウマ目、ハエ目、コナジラミ類の各害虫に対し、防除効果を発揮します。

 ◇ハマキムシ類の各ステージ(卵・幼虫・成虫)に高い効果を示します。よって散布適期が広く使いやすい薬剤です。

 ◇効果は速効的に発現します。

 ◇すべての果樹で収穫前日まで使用可能。

 ◇ボルドー混用可能。

[ 2013年10月22日適用拡大内容 ]

作物名

適用病害虫名

希釈倍数

使用液量

使用時期

本剤の

使用回数

使用

方法

スピネトラム

を含む

農薬の

総使用回数

ぶどう

 ハスモンヨトウ

10000倍

200~700L/10a

収穫前日まで

2回以内

散布

2回以内

 チャノキイロアザミウマ

5000~10000倍

かんきつ

 ミカンハモグリガ

 チャノキイロアザミウマ

 ミカンキジラミ

5000倍

ブルーベリー

 オウトウショウジョウバエ

すもも

 シンクイムシ類

おうとう

 オウトウショウジョウバエ

 ハマキムシ類

5000~10000倍

ネクタリン

 モモハモグリガ

 シンクイムシ類

< その他 >

・蚕、ミツバチに対して影響があるので、使用に際しては注意をお願いします。

・おうとうの収穫期の散布は、果実汚染(粉残り)が発生することがあります。はじめての使用に際しては、最寄りのJA等にご相談下さい。

 

[ 2011年新規登録時の適用 ]

作物名

適用病害虫名

希釈倍数

使用液量

使用時期

本剤の

使用回数

使用

方法

スピネトラム

を含む

農薬の

総使用回数

りんご

 ハマキムシ類

 シンクイムシ類

 キンモンホソガ

 ケムシ類

 ヨモギエダシャク

5000~

10000倍

200~700L/10a

収穫前日まで

2回以内

散布

2回以内

もも

 モモハモグリガ

 シンクイムシ類

なし

 シンクイムシ類

 ハマキムシ類

 チュウゴクナシキジラミ

 チャノキイロアザミウマ

5000倍

 

ディアナSC(11.7%)  ⇒野菜、茶

ディアナWDG(25.0%)⇒果樹

 

マクロライド系殺虫剤は、スピノエース、アファーム、ディアナが野菜で使用されてきました。本年はアグリメックが発売され、さらに防除対象害虫が広がりました。

野菜類・茶にはディアナSCがトマト、ミニトマト、なす、ピーマン、キャベツ、だいこん、はくさい、ブロッコリー、こまつな、カリフラワー、メロン、きゅうり、たまねぎ、ねぎ、レタス、非結球レタス、いちご、アスパラガス、茶、花き類・観葉植物、わたに登録があります。



最新の画像もっと見る