株式会社アセラ 農薬部

農薬通信 Web版

ブドウ園でアブラムシ発見!

2016-06-06 18:15:41 | 記事

露地ブドウの摘粒作業も本格的に始まりました。

社員Tの園もシャインマスカットの摘粒が始まり、早朝作業をしていたら房にアブラムシを発見しました。

昔からときおり見られるジャガイモヒゲナガアブラムシではないかと思われますが、種類は未確認です。

4日(土)にトリフミン水和剤とスプラサイド水和剤を散布していますが、まったく影響なく寄生しています。

幼果に寄生すると、果粒が振るい着粒が悪くなります。

園内で寄生を発見したら、早めに防除を行いましょう。

防除薬剤は、アドマイヤーフロアブル:5000倍やスカウトフロアブル:3000倍が有効です。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アメリカシロヒトリの防除は? | トップ | 農薬通信一般2016年6月新・水... »
最新の画像もっと見る

記事」カテゴリの最新記事