Cool Japan Academy&ACE KIDS ACADEMY

主として、学習塾「岡村ゼミナール㈱」・日本語教師養成講座「CJA」に関することについて、気ままに書いています。

コロナ禍との決別へ!

2020年07月10日 | 日記
コロナ禍との決別へ!

皆様のご健勝とご清栄をお慶び致します。

さて、我が国では、本年2月に始まった新型コロナウイルス感染騒動や災難は、社会的・経済的・文化~芸能的側面など、多くの側面において大きな傷跡を残しました。

7月中旬の今もなおその騒動は完全には収束せず、様々な地域や分野で、迅速な解決が困難な大きな課題になっています。

それでも、今朝の新聞記事にあるように、政府が国際交流の復活交渉・調整を、感染騒動が落ち着いている多くのアジア諸国との間で、第一弾・第2弾という順番で、しっかりと行い始めるとのニュースは、貿易立国しかありえない我が国全体にとって、大きな前進・朗報です。

我が国政府は、疫学的には重症化もしにくい若年層が主体の学校に対して、全国一律に休業要請を強行した見返りに、世界でも最大規模の各種支援金総額を支出・交付したと宣言していますが、必ずしも社会の隅々にまではその恩恵は行き届かず、長期にわたる広範囲な営業や外出の公的な自粛要請で、生活や事業に行き詰っている国民や企業は枚挙にいとまがありません。

政府は、そういった世間一般の経済情勢の極度の悪化と国の財政上の巨額の負担とを、先の営業や外出自粛要請の副作用として招いてしまったことを踏まえた上で、もう少々の新型コロナウイルス感染者数の増加は、今般の医療体制の充実化を盾にして、国民の社会生活上の要注意的なものに留めて、社会・経済生活一般の以前の状態への回帰を、一歩一歩乍らしかし着実に進める決意であることが明白になっています。

そういうわけで、私たち国民においても、生活一般面でも経済面でも、はたまた精神的な側面においても、もうコロナ禍で騒ぎ立てるのは止めにして、落ち着いて注意深く感染防止対策を施しながら、元の生活・経済活動への復帰を進めてゆきたいと考えています。

コロナ禍やそれに伴う騒動は、何れにしても有効なワクチンが、世界中において1~4年内に開発・利用されるに至れば、自然に消滅するのですが、それまでの間においても、コロナ禍への「様々な分野での賢い対応策」を工夫・深化・普及させ続け、より安全・安心な社会生活を取り戻しましょう。

引き続き、皆様のご理解とご協力とを宜しくお願い致します。

令和2年7月10日 金曜日
Cool Japan Academy・岡村寛三郎

コメント   この記事についてブログを書く
« 朗報! 中韓台など再開交渉... | トップ | 前が見えない動乱の時代に生きる »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事