ACE KIDS ACADEMY&CJA日本語学校

岡村ゼミナールの園児・小学生向けの珠算・習字・英会話部門、播磨にある日本語学校についてのブログです。

世界に日本語教師を派遣する社会的任務

2019-09-14 18:09:36 | 日記
日本語教師養成講座、修了生向けの就業先

今日も、国際日本語研修協会さんから、求人のご案内をいただきました。

いつも注意してみていますが、当然のことながら、海外の日本語学校からの求人はほとんどが専任講師の求人であって、その人材不足の窮状が痛切に伝わってきます。

私も若ければ飛んでいくのに・・・と思いますが、そもそもまだ日本語教師で教壇に立てる資格もまだありませんので・・・

その海外の日本語学校の運営者や幹部の方々のお人柄は、実にご立派で、正にCJA日本語学校の校訓「誠実・友愛・叡智」そのものだと感心しています。

取り分け、今回の求人には、ミャンマーの有馬慎二先生のグループのGAKUBUNからの求人も掲載されています。

私どもCJA日本語学校:日本語教師養成講座からは、まだまだ海外勤務を希望される修了生の数が少なく、ご要望に応じて派遣できないことが極めて残念です。

国内人口の減少と高齢化現象が足かせとなって、高齢の親御さんのお世話をもしなければならない必要性のために、定年退職後に折角日本語教師の420時間講座を修了されても、海外勤務ができないというジレンマに陥っておられる方もあります。

そういう意味で、日本国内の少子高齢化現象のマイナス局面は、単に海外人材の受け入れ促進だけでは解決できない我が国の将来の国力の衰退を物語るかもしれないと心配されます。

一体、どんな解決法があるのでしょうか?

種々の解決法を考えては消していかざるを得ない苦しい思考を続けていますが、それは正に、日本語教師養成講座の運営に携わり、世界に日本語教師を派遣する社会的任務を背負っている者として、厳しい試練の毎日です。

皆様のご理解とご支援を何卒宜しくお願い致します。

令和1年9月14日 土曜日
岡村ゼミナール&CJA日本語学校:岡村寛三郎


日本語教育の基本方針策定に向けて、各省庁横断の会議がスタート

2019-09-14 15:27:34 | 日記
日本語教育の基本方針策定に向けて、各省庁横断の会議がスタート

 国内で暮らす外国人への日本語教育の充実を目指し、文科省・法務省・厚生労働省などが、昨日13日(金)に、初の省庁合同での「日本語教育推進会議」を開催した。

 最終的には来年6月に取り纏め案を策定する。

 内容的には、学校や地域における日本語教育の在り方、日本語教師の質の向上や日本語能力の評価方法を盛り込む。

 6月に成立した日本語教育推進法で規定された外国人の日本社会への定着を後押しするため、国や自治体に日本語教育を充実させる責務を定め、受け入れ企業には、外国人に教育機会を提供するように努める責任があると明記している。

                     (日経新聞・9月14日・夕刊8面記事参照)