acc-j茨城 山岳会日記

acc-j茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

西上州・大岩-碧岩

2018年11月05日 11時38分59秒 | 山行速報(ハイキング)

山が好き、岩が好き。ときどき、ハラハラ。

日帰り紅葉ハイク

 

 群馬県南牧村・三段の滝-大岩-碧岩


季節の移り変わりは早いもので、10月も最終日。
高山では雪の便りもチラホラ聞こえるこの季節。
里の山では紅葉のベストシ-ズン。
山々を埋め尽くす木々は秋色に染まり始めていた。

秋の山は、冬を目前に木々が一斉に赤や黄、橙に色づきとても鮮やかな季節。
突きだした岩稜と秋の彩りがより美しいコントラストを描き出す。
そんな秋の山々を歩いたのは、sakと新入会のYUKAさん。
旅のスタートは、群馬県南牧村から―――。

沢沿いの道をてくてく歩く。
途中にたくさん出てくる丸太の橋はなんだか壊れそうで怖いけれど、瑞々しい風が気持ちいい。
登山口から三段の滝を眺められる、とっておきの場所までは約30分。
沢のせせらぎをBGMに。

三段の滝の展望スペースは、さらさら流れる滝を見渡せる特等席。
そこから、さら滝に近づいていきます。

滝下の釜には色とりどりの落ち葉が浮かんでいてきれい。
見上げると、木々の色づきはこのあたりから始まっているみたい。

三段の滝から落ち葉の道をさくさく歩く。
途中の岩場で、これから行く岩稜のためにロ-プを使って少しだけ練習。
はじめてのロ-プワ-クは覚えることがいっぱい。
でも新しいことを覚えるのはとっても楽しいことですよね。

ジグザグ道を登っていくと尾根に出ました。
紅葉がとっても綺麗。
「来てよかった-」って思える瞬間。

いよいよ大岩に向かいます。
岩の魅力をひと言で表すことは難しいけれど、その高度感にハラハラしちゃうことも魅力のひとつ。
のんびり落ち葉ハイクもいいけど、ちょっとだけドキドキするのも山の醍醐味だったりしませんか?

標高1133mの大岩ピークに到着したYUKAさん。
見渡す限りの山山山。。。
そのどれもが彩り豊かで青空に映える。

ここに来ないと見れない景色だよ-。

振り向けば、チョット気になる碧岩のトンガリ。
もちろん、これから登るんですよ-。

碧岩の登りでは、ロ-プを使って安全確保。
岩場のクライミングは足場が重要。慎重に登りましょう。
YUKAさん、なんかすごい所を登ってますよ。

碧岩1125m。
思わず、ヤッホ-って言い出したくなるロケーション。
この山に登った人だけに待っていたご褒美です。

朝歩いた道も、帰りには新しい姿を見せてくれる。
登った山を振り返ると、朝よりちょっとだけカッコよく見えたりして。
包まれる空気や陽光、今日一日の出来事ひとつひとつが景色を変えてくれます。

だれかとこの感動をシェアしたい!
そう思える山の絶景は、歩いた人だけが味わえる最高のご褒美。こんな素敵な笑顔にもなれる山旅ってすごいよね。
旅の締めくくりには、下山後の温泉が待っています。


写真と文:sak

 

   

acc-j茨城 

acc-j茨城は、クライミング・沢登りを中心に活動している社会人山岳会です。
山々の織り成す風景に、絵になるシ-ン。
ちょっとドキドキハラハラなハイキングから、華麗なクライミングデビュ-まで応援しています。

次はあなたが主役です!

現在会員募集中。詳しくはこちらまで

                  

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 子持山獅子岩 | トップ | 霊山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山行速報(ハイキング)」カテゴリの最新記事