大人のバレエ~不思議な魔法 & Something Good

大人になってバレエを始める方、始められた方に。
なにか、参考になれば幸いです。

浅田真央選手、幼少期のバレエ先生と再会。

2009-05-14 11:09:17 | バレエ大人
昨日、日本テレビ系「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」を見ました。
浅田真央選手が小さい頃、バレエをやっていたというのは知ってはいましたが、越智インターナショナルバレエに通われていたのですね。
ご覧になれなかった方、さっそく、ムービーがアップされていました。
浅田真央選手のほほえましい発表会映像も見れます。




Mao Asada 浅田真央、幼少期のバレエ先生と再会




それにしても、越智久美子さんは、すごい経歴の持ち主なんですね。
1979年7月30日付の読売新聞に
「日本のトップバレリーナの一人である前田久美子さんがバレエの本場ソ連で、日本人として初めて主役を演じる」
という記事が掲載されたこの前田久美子さんが越智久美子さんだそうです。

「越智バレエ団」に入団し、主催者の越智實さんとかけおち。
34歳という歳の差と、娘にヘンなムシがつかないよう、頭を下げてお願いした越智實さんが相手だけに、ご両親が激怒。
その仲を取り持ったのが、大屋政子さんだったそうです。
それにしても、彼女が日本で唯一の受賞者というアンナ・パブロワ賞が専用レターヘッドに手書きなのには、びっくりすると同時に笑ってしまいました。



彼女の踊りを見て、ちょっと気になることがあったのですが、いっしょに見ていた旦那が
「首が短くない?」
バレエをやっていた人、やっている人は、みんな首が長いイメージがあると言っていました。
実は、私もそう感じていました。
でも、そんなことはどうでもよくなるくらいのすごいバレエ・ダンサーなんでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 姿勢と引き上げとアン・ドゥ... | トップ | ひと味違うロパートキナ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バレエ大人」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事