Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

ミニ・トゥイーターBox MKⅡ 新発売!

2016年06月30日 | 製品紹介

ホームページに詳しい製品案内をアップしました。(→ 詳しくはこちらから

アドオン用のネットワークは既に製品化済ですが、もう少し本格的で、しかしかなり音も良い、という新しい(ワングレード上の製品ラインナップの)試みをしたいと思い始めました。

先日のブログの「ユニウェーブ方式ネットワーク1」という話題に関わりがあります。ユニウェーブ方式の話は改めてさせていただきますが、大雑把には「インパルス応答でタイムアライメントを合せて、6dB/octのネットワークで正相接続で繋ぐ」という方法論です。一般的な、コーンネック付近を音源位置とした機械寸法ベースでアライメント調整する方法(一般的リニアフェイズ・スピーカー)と比べて、トゥイーターの位置がギョッとするくらい奥になりますので、通常の2wayスピーカーのデザインにはちょっと採用したくない感じになります。そのせいで、メーカー製品としては皆無な方式です。(当社もご多分に漏れず同様です)

さてもうお気づきかも? アドオン(ポン置き)トゥイーターでは、タイムアライメント調整が自由自在ですから、ユニウェイヴ方式も可能です。かつ-6dB/octのネットワークはコスト的にも扱い易いです。ウーファー側はフルレンジスピーカーなので、高音域のクセ(ブレークアップ)が少ないので、6dBでも何とか切れます。但し、妥協すべき制約として、トゥイーターに無理はさせられないので、高いクロスオーバーが前提となります。

或いは次善策としてウーファー6dB+トゥイーター18dBの選択肢もあるので、更に1グレード上として、クロスオーバーのより低いネットワークも可能になります。

タイムアライメントは予めこちらで確認して、ウーファー取り付け面からのトゥイーターのオフセット距離を指定したネットワーク製品としてパッケージ化すればOKという目論見です。

まだ、とくに実験はやっていないので、途中でずっこけたらごめんなさいです。(^^; 失敗要素は基本的に無いと思ってますが、重要点はコスト・パフォーマンス比となります。商品として出す以上は、玄人のマニアでも唸るレベルにしたいですね。

 

 

コメント

ミニ・トゥイーターBox MKⅡ

2016年06月29日 | 製品紹介

 

生産完了したミニ・トゥイーターBoxの後継機が、もうすぐお目見えです。最も心配だった新しい注形型のファーストショットが、つい先程出来あがりました。無事組立って、一安心です。最近は嵌め合いのシビアな設計になってきまして、きつくてハマらない、等の不具合が出ないか、びくびくものなのです。(^^;

四角いデザインが丸いデザインに変わりました。前作では木型を使っていたので、複雑な曲面デザインが出来なかったのですが、今回は3Dプリンターで自由自在なので、新しいデザインに挑戦してみました。カワイイでしょ(^^ 家内には「目玉オヤジ」とか言われましたが(笑)

価格は少し上がってしまいますが、スピーカーターミナルが完全非磁性タイプになったり、底面に固定用のオニメナットが入ったり、通線穴が開いていたりして、付加価値も上がっています。

近日、ホームページにアップしますので、しばしお待ち下さい。

 

 

コメント

ユニウェイヴ方式ネットワーク 1

2016年06月27日 | ネットワーク

 

Illusionist-13では、ユニウェイヴ方式を(部分的に)導入しています。ユニウェイヴ方式とは何かはとりあえず置いておきまして、ネットワークの位相合せについての話題を数回のシリーズで提供したいと思います。

★文末に追伸追記しました。

ネットワークの位相合せがうまくいった状態と、そうでない場合の音の違いは御存じですか?

ところで、自作(例えば2wayとして)の場合の位相合せでは、F特がフラットになる様にするとか、 トゥイーターの位相を正、逆試して、音圧が上がる方を選ぶとか、色々な判定方法があると思います。もっと高度な方法としては、肩特性を厳密に整えた状態でリバースヌルを確認する方法もあります。

さてしかし、方法論は大切ですが、音の違いが判らないのであれば本末転倒ですよね?

それで、今日はその前置きとして、位相が合った時の音についてお話ししてみたいと思います。

どの様な手法でネットワーク調整をするのかはさておき、ある程度整った、或いは一応まともな状態と思われる音が出る段階を話のスタートとしましょう。

位相が合っている場合は以下の様な音の特長があります。

・ 音色で判定するのはちょっと難しいが・・・
・ スピーカーが消える
・ 音像が高い
・ 奥行き感や定位がリアル

もっと分かり易い判定方法では、スピーカーの前で立ったり、しゃがんだりした時の変化を見ます。位相合せの良好なスピーカーでは・・・

・ 音色が変化しない
・ 音像が上がったり、下がったりせず、常に高い位置にある

音像の高い、低いが判らないですって? はい、こればかりは判っていただけないと、どうにもならないのです。音像の高さについては、→こちら①、や→こちら②、を参考になさって下さい。

※ 参考ページで出てくる「音離れ」には2種類の意味があって、一つは、スピーカーから音が離れる(音像が高い、スピーカーが消える)という意味と、二つ目は、音が良く飛ぶ(応答が良く、クリアー、音力がある、高解像度・・・)という意味です。後者として使われる場合が多いですね。

この判定(立ったりしゃがんだり)方法は非常に鋭敏で分かり易いです。

一体全体どういう事なのかと言いますと、立ったりしゃがんだりして、トゥイーターとウーファーのタイムアライメントを僅かに変化させることで、位相の馴染み具合が悪いと、音色や音像の高さが顕著に変化するのが判る、というカラクリなのです。位相の馴染みが良いと、テニスのデカラケットと同じ様に、スイートスポット(位相の合う範囲)が広くなり、立ったりしゃがんだりしたくらいでは、位相ずれのボロが出なくなるのです。

試聴会で、立ったりしゃがんだりする人がいたら相当な玄人、要注意人物です(笑)

※ この手法は同軸スピーカーには適用出来ません。
※ この手法では、リバースヌルの出ないパターンでも、位相馴染みの良し悪しが判定出来ます。即ち、適用範囲の広い、実用的な方法と言えます。

以上の様にして、位相のきちんと合った音は聴感で判定が可能です。

 

******* 追伸① *******

新製品のサイレントダクトですが、やっとホームページにアップできました。(→ 詳細はこちらから)一部のお客様には既に出荷させていただいております。遅くなりまして恐縮です。ご活用いただけましたら幸いです。バスレフ方式についてのウンチク話も、また改めてやらせていただきたいと思います。

 

******* 追伸② *******

プロジェククトFのL11切削フレーム用のフローティングマウントアダプターにつきまして、複数の方よりリクエストをお寄せいただきました。ありがとうございました。何とか実施出来そうな状況になりましたので、その方向で進めさせていただきます。17cm用標準タイプのフローティングマウント・アダプターが先になりますので、受注開始は8~9月頃になりそうです。暫くお待たせしますが、よろしくお願い致します。

トゥイーター用のフローティングマウント・アダプターも自作用に販売しますので、ご検討下さい。上のIllusionist-13の写真のものになります。価格は¥7,506-(税込/1台) トゥイーターの組み込みは簡単です。(こちらも、ご希望者には販売開始しております。案内が間に合わず、申し訳ありません。)

 

 

 

コメント (4)

ボーナスセール♪

2016年06月19日 | その他

 

予算が合わず、見送りされていた方に朗報です! 展示品入れ替えにて、大特価放出です。

詳細は → こちらから

コメント

超軽量制振材?!

2016年06月12日 | オーディオいろいろ

 

今晩は。Illusionist-10/13の仕上げ(音決め)に時間がかかってしまい、長男のIllusionist-13がやっと納得の仕上がりになりました。兵庫県のSANE社様には、暫定のものをお送りしていましたが、こちらも早急に改訂させていただく事になっています。

ところで、Illusionist-8/10/13の三兄弟は、今後の当社の主力ラインナップとして考えています。Mr. Hippoのスピーカーはどんどん良くなるのは良いけれど、きりがないので、いつ購入したら良いのか判らないんだけど・・・と言われたがありまして・・・(^^; しかし技術的には一巡し、製品としての独特のスタイルがほぼ固まったと思います。

そういう訳でIllusionistシリーズは、すぐに改良型を出すと言った事が無い様に、しっかりと追い込んでいます。末っ子で製品化済みのIllusionist-8は驚愕の完成度だと思いますが、兄貴分たちも更に価格が高い分のグレードアップが必要なので、けっこう大変です。

前置きが長くなりましたが、本題に入りましょう。

トライフォニック・サウンドのための重要な技術的ブレークスルーとしては、ネットワーク・モジュールやフローティングマウント・アダプター、超軽量吸音材、サイレントダクトといったアイテムがあり、スピーカーユニットを除く周辺技術はほぼ手中に収めたと思っています。それで、最後の聖域がスピーカーユニットとなります。

トライフォニックの音作りは、これまでの常識には無い、ほぼ完全に付帯音を除去した音作りですので、スピーカーユニットについても、この音作りを最大限に生かすための専用チューニングというのが理想です。具体的には、分割共振のコントロールを独自に行い、無歪感と音離れのより高度な両立を目指します。

さてしかし、我がガレージメーカーで専用ユニットのOEMを発注するのは正直しんどいです。けれども、音離れ重視で設計されたPARC Audio社のユニットは、十分に優れた素材になるので、敢えてOEMを頼む必要も無いと考えています。有名な某高級ユニットメーカーはどうかって? 答えはノーです。大半の市販ユニットでは、良くも悪くも(従来の)付帯音の非常に多い使用環境を前提にして音作りされていますので、基本的に「殺し過ぎ」な音作りになっているのが不満です。

それで、音離れの良いユニットをベースにして、トライフォニックサウンド専用にチューニングするのが、現状でのベストと考えています。

ご参考に、分割共振のチューニングに関してはPARC Audio代表のブログでも紹介されています。

★ さて、新しい話はここからです。

理想の振動板は、軽い、高剛性、高内部損失が条件ですが、今回のチューニングは、この内の内部損失の増強を意味しています。具体的にはブチルゴムやソルボ等の粘性(ダンプ)材を貼り付ける事になりますが、この手の素材はとにかく重いのが難点です。F特の高音域が減衰するから「音が死ぬ」のではなくて、せっかく軽く作られた振動板を、ダンプ材で重くするのが、音が死ぬ原因です。

そこで、必要になるブレークスルーは「質量ゼロの粘性体」です。沢山貼り付けても音が死なないので、振動板の理想条件が実現出来ます。

さぁ、特殊素材は私の鼻の利く分野ですので、見つけましたよ! 名付けて「超軽量制振材」です。上の写真の様に、エーッ!こんなに沢山貼っちゃったら・・・の状態でも、同じ重量のソルボセインでは写真の右手前くらいの使用量でしかありません。

※ 素材自体が変な音色を出さない事や、長期的な劣化の無い事も確認済みです。

勿論、やり過ぎはNGですから、ちゃんと音離れ具合を確認しながら、調整しています。非常に静かで滑らか、しかし音離れのダメージはほとんどなし、”パンチがあるのに優しい”を実現しています。従来出来なかった音作りだと思います。

※ 少なくとも、フローティングマウント+デッドマスの要素技術と組み合わせないと、この良さは成立しません。

昨日お得意様が来社されたので、早速聴いていただきました。Illusionist-8も凄いが、13は想像を超えた高品位だと仰天しておられました。「良い音とは、あくまでも自分の好みに合致する音だと考えていたが、このスピーカーでは好みと言う事ではなくて、音楽ジャンルを問わずに良い音だと感じられる」と感心しておられました。(^^

以上です! 超軽量制振材の中身は門外不出の秘伝ですので悪しからず。何れにせよ、調整のためにユニットを10個くらい潰す事になるので、どのみち自作の方にはお勧めしません。良い子は真似しないでくださいね。(笑)

追伸

次回はIllusionist-13での新しいネットワークネタをご紹介したいと思います。高度な位相合せに関する新しい知見です。その他沢山の宿題は・・・サボっている訳ではありませんので!

 

コメント (4)