Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

ネットワーク用コイル 新製品準備中

2013年08月31日 | 製品紹介

真空管オーディオフェアに出展します。

さて、何の写真でしょうか?

答え・・・近日新発売のA&Cオーディオ製オリジナルコイルのカット断面写真です。(^^

トリニティ・コイルという名前の予定です。何故三位一体かと言いますと・・・

① コア入りコイルならではの低域の馬力感
② 空芯コイルの様な低歪感
③ 更に、静かで厚み感のある、高解像度な音

従来にない三拍子揃った新世代コイルという訳です。そんなうまい話があるもんかって?まぁ音は聴いてのお楽しみと言う事で・・・(^^

さて、その上手い話を実現するためには、勿論タネもシカケもございます。今日はこの辺の技術ねたをお話ししたいと思います。

①は周知でしょうが、一応触れておきます。コア入りコイルは、少ないコイル巻き数で大きなインダクタンスが得られるため、空芯コイルと比べると、直流抵抗(DCR)が非常に小さくできます。この影響はばかに出来ないですね。DCRが大きいと、ウーファーの制動が緩くなって、ゆったりした低音が出るというイメージがあるかもしれません。けれども私的には、DCRは小さい方がしっかりした低音感が出るので、かえって豊かな低音が得られると思います。

問題は②ですね。自作スピーカーでは、HiFi用途は空芯コイルが常識になっていますね。決してそんな事はないと言う事はPARC Audio社の珪素鋼板コイルをお使いになった方はご存知かと思います。・・・とは言っても、空芯コイルの方が安心?

はい、そこで何かもっとはっきりした優位性を出したいところですね。②、③両方に関わるのですが、トリニティ・コイルならではの特長は、アニール処理樹脂真空含浸にあります。


< アニール処理とは >

焼き鈍し処理といって、金属を高温で加熱処理する事で、歪の除去や結晶構造の崩れの修復を行って改質する事を指します。コイルの材料である銅線の製造過程ではアニール処理が行われていますが、コイル状に巻く最終段階で生じた残留歪は通常放置されています。コイルの巻き線は非常に長いので、この残留歪の総量は巻き付け加工の無い配線材やスピーカーケーブル等よりもかなり大きい物と考えられます。

そこで、トリニティ・コイルではコイル巻き後にもアニール処理を行っています。歪感が減少し、滑らかで厚みのある音質が得られます。

アニールに関してはPARC Audioの冨宅代表からいろいろと教わったのですが、上記はあくまでも私の私見です。ですが、けっこうな音質改善があるのは確かです。コア材に対しても改質効果があるのかも知れません。冨宅代表のアニールについての解説は、 →こちらから


< 真空含浸とは >

さて、やっと上の写真の説明になります。エポキシ浸漬コイルというのは、既にいくつかのブランドから販売されていますね。ところが「真空含浸」は意味が違います。

通常のコイルはパーフェクトレイヤー巻きと言って、隙間なくがっちりと巻かれています。それで、エポキシ樹脂にドブ漬けしても、コイル表層の1~2層目程度までしか浸透しないのです。これでは制振効果は気休め程度にしか得られません。

この事は、以前、大型の空芯コイルを使っていた時に制振処理で苦労した事から教訓を得ています。どうにもカンカンした付帯音が煩くて、エポキシ樹脂に浸漬したのですが、どうも効果がない。そこで、凄く高価だったこのコイルを、こなクソとばかりに切断してみてビックリ。コイル内部にはエポキシがぜんぜん浸透していない!

悔しいので、同じコイルを再度買って来て、今度は真空設備を用意して、「真空含浸」と相成った訳です。これはかなりの効果がありましたが、大型空芯コイルの鳴き音は完全には止めきれなくて、ソルボセインを挟んで台座に固定したりして、随分苦労しました。

ちょっと脱線しましたが、真空含浸とは、真空容器の中でコイルをエポキシに浸漬して、その後大気圧に戻すと、大気圧の力で樹脂がコイルの最深部まで浸透するという手法です。

それで上の写真をご覧ください。コイルとコイルの間にはしっかりと浸みていますね。


ところでエポキシ樹脂はコイルの隙間の充填のみで、その周りの黒い部分はウレタン樹脂ディッピングによるパッケージ(外装)です。ウレタンは少しネバリがあって、制振効果が良いです。これ以上の制振構造コイルは、ちょっと他にはないのではないでしょうか。(^^

外観写真?いやスミマセン、それはまた改めて・・・(^^; まだ他にもいくつか特長があるもので。

それでは今日はこの辺で・・・

コメント

フィフスエレメント サントラ盤

2013年08月23日 | CD発掘

真空管オーディオフェアに出展します。

今日はめずらしくサントラ盤をご紹介します。

この盤は知り合いのショップの方から、システムチェック用に教えていただいたものです。

The Fifth Element 7243-8-44203-2-1 → アマゾンで検索すると

サウンドトラックとHiFi録音とは、私の頭の中では結び付いていなかったのですが、最近のサントラは凄いですね。音作りが非常に工夫されていて、とにかく抜群の演出効果に感心してしまいます。ハリウッドサウンドと言うのでしょうか、新しい音の文化と言って良いかと思います。

このCDでは一貫して宇宙空間の雰囲気を演出しています。例えばトラック14では、オペラ「ランメルムーアのルチア」のアリアが出てきます。コンサートホールではなくカテドラルの様な響きで録音されており、正に宇宙空間でのコンサートと言う感じが良く出ています。

録音について。私は低音に余裕のあるシステムをデモする時によく使用します。トラック2のゴーッ!という効果音的音楽はかなり迫力があります。人工的な音場感も優れています。

しかしこのCDは決してゲテモノではありません。トラック14のアリアは非常に質感の高い録音ですから、オペラの厚みのあるリッチ感が出せるかどうか、装置の品位がシビアに分かってしまいます。冒頭のフルートやソプラノがガサツになりがちですが、システムが良ければ、滑らかで厚み感のある音になります。弦の低音の重厚感も結構出すのが難しいです。

それから、このアリアは非常に高い位置に音像が出来ますので、音場感(解像力)の再現力のチェックにも便利です。良い状態で再生出来ると、ソプラノが見上げる様な高い位置に定位します。(正に空中コンサートという感じです)

それでは、今日はこの辺で・・・

追伸
A&Cオーディオのホームページに ♪ユーザーコーナー♪ を開設しました。当社取り扱い品の感想や製作レポート等、是非お寄せ下さいませ。皆様で育てていただき、ご活用いただけましたら幸いです。今後ともよろしくお願い致します。

コメント (4)

ナノコンポ ~リーズナブルな高級品~

2013年08月07日 | 製品紹介

真空管オーディオフェアに出展します。

今晩は。今日はナノコンポのご紹介です。

イヤー、すっかり気に入ってしまって、このところナノコンポでばかり鳴らしています。それに、このクソ暑いシーズンに我が家の陽炎の立つ球アンプはちょっと不可能ですしね・・・(^^;

さて、Olasonic社のNANOCOMPOは、オーディオ雑誌やブログで評判になっているので、ご存知の方も多いのではないかと思います。現在のラインナップは、

・ USB DAC内蔵プリメインアンプ  : NANO-UA1型
・ CDトランスポート            : NANO-CD1型
・ DAC内蔵ヘッドフォンアンプ     : NANO-D1型

以上の3機種です。定価で6~7万円しますので、どちらかと言えば高級品の部類になりそうですね。

私とナノコンポとの出会いは、去年の「音展」に遡ります。ちょうど音展のPARC Audioブースのお手伝いに伺っていた時に、冨宅代表から東和電子ブースの新製品を聴いてみないか、と誘われたのです。某S社のハイエンド製品開発のナンバーワンの人が設計しているとの事で、ホンマに凄いもんかいなぁ?(失礼!)と半信半疑で試聴ブースにお邪魔しました。

この時はKEFの小型モニタースピーカーで(試作品を)聴かせていただいたのですが、リッチな低音感がよく出るのには驚きました。とにかく音の質感がとても良いのに感心しました。この価格帯のアンプでこれだけの音質はあり得ないのではないでしょうか。しかも小さくてシンプルでオシャレなので、当社A&C(Arts and Craftsの略)のコンセプトにもよく合います。「リーズナブルな高級品」という感じですね。それで半年間楽しみに発売を待っていました。

そしていよいよ発売となり、当社でも取り寄せて最終確認です。音像の高さ(情報量や音離れの良さ)については、自前のシステムに繋いで評価しないと明確な結論が出ません。それに、試作品と製品で同じになっている保証もありませんので、ちょっと心配でした。それで、試聴の結果はばっちりOKでした。このプリメインアンプ+CDトランスポートの合計で約13万円となりますが、もっと高額なCDプレーヤー単体でも、まともに音像の高さが出るプレーヤーはなかなか無いと思います。拍手!

当社はスピーカーを売る事をなりわいとしていますが、特に音離れや質感については、組み合わせる再生系の品位が問題になってしまうので、良い状態で聴いていただける保証がないのが悩みのタネでした。また、音楽ファンのお客様には、スピーカーが良いのは結構だが、アンプやプレーヤーはどうしたらいいのかとおっしゃる方が多いので困っていたのです。

その様な訳で、このナノコンポは助けに船ということで、早速当社の製品ライナップに加えさせていただいた次第です。

ところが一つ問題が・・・・

値引いてなんぼの価格ドットコムの様な販売形態には、弱小販売店はついて行けません。(^^; そこで、他にはない付加サービスを用意しました。

< 特典その1 >
・ アンプ(NANO-UA1)専用の高品位スピーカーケーブル

 

このアンプは小型の代償としてスピーカー端子が非常に小さいので、本格のスピーカーケーブルの接続が困難です。そこでバナナ端子付きのケーブルを用意しました。これは製品として購入したら結構な金額になりますので、かなり価値があるかと思います。(^^

 < 特典その2 >
・ CDトラポ(NANO-CD1)専用のCDスタビライザー兼リモコン&CDスタンド

なんと専用品を作っちゃいました! 無垢のレジンキャスト製なので、ずっしりと重量があります。底面にはソルボセインが貼ってあり、筺体の振動を吸収してくれます。また、操作ボタンを押す時につい力が入り過ぎて、本体がズルッと奥に滑ってしまう事がありますが、このスタビライザーの重みでそれを防止してくれます。なかなか優れ物だと思います。

さぁ、それでは今後はナノコンポもよろしくお願いいたします。製品案内は →こちらから

それでは今日はこの辺で・・・

コメント (6)