Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

超硬振動板 第二段の続き-3

2020年02月01日 | 製品紹介

 

10cm超硬振動板ウーファーW100AV2型、製品版初ロットを製作中です。

途中で手作りのプレス機が破損してしまい、強化形の物を再製作したため、作業が立て込んでおります。ブログの更新も滞っております。(^^;

振動板本体の製作工程が非常に多くて、上の様な何でもない感じのキャップ型の部品でさえ、更に6個のパーツから構成されています。(アルミの単板をプレスした様な単純な物ではないのですョはい)

即ち、段取り替えが非常に多いので、ある程度の個数をまとめて作った方が効率が良い事になります。とりあえず6個/1ロットくらいが丁度よいのかな?という感じで始めてみました。

手作りの高級品という事ではありますが、のんびり構えて作るようなスタンスでは商売になりません。如何に迅速なモノ作りが出来るかは喫緊の課題であります。

そんな訳で、写真には無い加工用の打ち抜き器やプレス機も色々と工夫しております。写真の振動板アセンブリのストッカーも、何でもない様でいて、作業の効率化には結構寄与してくれています。この手の治具類は3Dプリンターでどしどし作っております。

本日(2/1(土)18:00~)の国分寺オーディオ協会に最新のデモ機(Evengelist-102V2)を持ちこみますので、是非からかいにいらしてくださいね♪

以下栗山会長の開催案内

来る2月1日日(第一土曜日)18時から国分寺Art × JAZZ M'sにおいて国分寺オーディオ協会の本年度第1回目の試聴会を開催する運びとなりました。

今回は、番外編として、A&Cオーディオの島津代表に、昨年から大きな変貌を遂げているスピーカーの最終調整版を御披露させていただきます。

今回も、発表前ということで、昨年からどのように音が変わったのかが楽しみです。

◇ 使用機材

プレイヤー:MARANTZ SA-10
プリメインアンプ:MARANTZ PM-10
スピーカー:A&Cオーディオ: 新製品の最終調整版

この試聴会を、音楽を愛する人のオーディオというコンセプトで進めてまいりたいと思っております。

今回も、参加の皆様の愛聴のソフトがあれば、御遠慮なく持参され参加の皆様と共に音楽を楽しめるような会であることも目標にしております。

奮ってご参加ください。

発起人 国分寺オーディオ協会会長(前メグ・オーディオの会会長) 栗山馨

 


コメント   この記事についてブログを書く
« TCT Japan 2020 | トップ | 超硬振動板 第二段の続き-4 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

製品紹介」カテゴリの最新記事