Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

今度の週末は 第25回 真空管オーディオフェア

2019年10月13日 | オーディオ イベント

酷い台風でしたが、なんとか無事でおります。早速秋葉原に向かって、試聴ブースのセットアップを行います。午前中は交通機関の立ち上がりが遅いようなので、お気を付けてお出かけください。それでは損保会館101号室にてお待ち申し上げております。
10/13追記


本日午前中に機材搬入が終わり、無事自宅に戻りました。明日の朝無事秋葉原に出勤できましたら、ブースを開けられます。皆様におかれましても、ご来場の際は十分に安全にご留意ください。ゲストのAudifillさんが設営の様子を配信されているので、下記にリンクを張らせていただきました。
→ 設営の様子(カノン5DさんのTwitter)
10/12追記


接近中の台風19号による被害が心配ですが、真空管オーディオフェア自体は予定通り敢行される事になっております。当社ブースにつきましても予定通りの開催を予定しておりますが、何分大災害の可能性がありますので、万が一のトラブルにはご容赦のほどよろしくお願いいたします。皆様におかれましても、どうか息災でありますように祈念申し上げます。
10/11追記  

10月13日(日)、14日(月・祝)は秋葉原の損保会館にて第25回真空管オーディオフェアが開催されます。今年の当社ブースは1階奥の101号室に移転しました。静かな場所なので、じっくりお聴きいただける環境です。(混んでいたらゴメンなさい!)

今年は、タイムテーブルにも余裕を持たせて、デモの後半はフリーにします。例年はお客様と話をする時間もないほどの窮屈なコマ割りでしたが、今年はご質問やデモリクエスト等もお気軽にどうぞ。

そして本年も、当社ユニットをご採用いただいているAudifill社様がゲスト出演して下さいます。小型サイズながらピラミッドバランスで高質感のしっかりした音が楽しめるConcept-SOLAのデモが行われます。

 

閑話休題

 

 

例年のデモではマランツのPM-10を使用しておりますが、「管球アンプで鳴るの?」というご質問が(真空管オーディオフェアなので)当然あります。

荷物が運びきれないので、これまで本格のタマアンプはご容赦いただいておりましたが、今回は小出力アンプ(3W+3W)という事で、Stereo誌、音友ムックで評判のラックスマンの管球ハイブリッドアンプにて前座デモをやらせていただきます。(Evangelist-102のデモのみ)簡素なアンプでも十分に高いクォリティでお楽しみただけることをご確認いただきます。

 

そして、20cm3wayのJupiter-203試作機は写真(↓)の様な体裁でお聴きいただきます。

 

 

これは既存のDuranty-203のキャビネットを間借りしたバラック組です。実際の製品はEvangelist-102やSleeping Beauty-1025と同系列のデザインになる予定です。価格も大幅に圧縮します。来春発売を計画しております。

試作機はいよいよ音決めの最終段階ですが、ミッドレンジの質感には徹底的に拘っており、塩梅調整を僅かに変更して、もう1セット再製作中です。どこまで究極に迫れるか、乞うご期待!

当日は是非ご来場ください。お待ちいたしております。m(_ _)m

 


コメント   この記事についてブログを書く
« お客様レポート・第三次オー... | トップ | 第25回真空管オーディオフェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ イベント」カテゴリの最新記事