Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

Sleeping Beauty-1025 開発 その6/6

2019年06月21日 | 製品紹介

 

やっとグリルが出来て完成しました。

オマケ情報。トゥイーター用のグリルの穴を目一杯大きく、且つ楕円形にしています。穴の淵もR面取りした丁寧な作りです。写真の左側が試作品で、右側が製品版です。意外かもしれませんが、この程度(9mm)の厚みでも、穴の中で共鳴現象が起こって、高音がピーキーになります。

これにて、グリルを装着したままでも自然な音質で楽しめます。但し、鮮度感が若干スポイルされる事は否定しません。本気で聴くときはグリルを外す事をお勧めします。マグネットキャッチ式なので、簡単に着脱出来ますので♪

News!

7/6(土)の第7回 国分寺オーディオ協会 定例会にて、前回のEvangelist-102に引き続き、本機Sleeping Beauty-1025の紹介をさせていただく予定です。前回は折悪しく少人数でしたので、今回は改めて両機種共のご紹介となる予定です。近日、Art & Jazz M'sのスケジュールページにも詳しい紹介文が出ると思いますので、こちらもご覧いただければと思います。スピーカーのご紹介以外にもPC音源の聴き比べや、持ち込みの蔵出しソースの鑑賞がある様です。お楽しみに!

追伸!(6/22)

今までFoober2000を使用していましたが、この度Jplay FEMTOやAudirvana Plusを試してみました。特にAudirvana Plusのアナログディスクの様な情報の多さ、位相周りの良さ、且つ煩くない音には驚きました。柔らかいのにリアルな音がします。定例会でも聴き比べをやる事になるかと思いますので、ご期待ください!


コメント   この記事についてブログを書く
« Sleeping Beauty-1025 開発 ... | トップ | スピーカー考 1/4 現代のス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

製品紹介」カテゴリの最新記事