Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

Monitor-061 新発売

2020年05月16日 | 製品紹介

 

準備に時間がかかってしまいましたが、カタログも完成して、ようやく正式に新発売となりました。

→ 当社ホームページでの製品紹介

10万円(税別・ペア)を切る価格ながら、手作り超硬振動板ユニットと、フローティングマウント等の大型ハイエンドシステムでもなかなか採用されていない贅沢な周辺技術で固めた、これまであり得なかった小型超HiFiスピーカーシステムとなります。

技術説明はこれまでに散々させていただきましたので、あとは論より証拠、実際にお聴きになってみて下さい。

スピーカーという音の出口が従来如何にボトルネックになっていたのか、そして大袈裟な装置にどれほどの価値があるのか、改めてお考えいただける機会になれば幸いです。いずれにせよ、最も大切な点ですが、音楽が文字通り楽しく聞けると思います。

 

★ カタログ ダウンロード(pdf)
→ こちらから(低解像度500KB)
→ こちらから(高解像度1.3MB)

★ 試聴機の貸出し
→ 貸出詳細はこちらから

★ 納期について
従来は都度受注製作として1カ月の納期を基本としておりましたが、Monitor-061につきましては、決済後の即納を基本とするべく準備中です。6月初旬からの製品発送の予定ですが、ご注文が多い場合は恐縮ですがリードタイムをお願いさせていただきます。先にご注文をいただいた場合は、ご予約として承り、優先的にお取り扱いさせていただきます。

 

閑話休題

① 次回は、「最新版・超硬振動板 その10 音質はどう違うのか」として、実際の音楽CDを紹介しながら、音の魅力感のポイントを解説してみたいと思います。

② その次は、「Monitor-061の推奨アンプ」と題して、当社の推奨アンプやプレーヤーのご紹介をしたいと思います。価格とはまったくつりあわない高解像度なので、廉価品からハイエンド品まで、アンプの音質を丸裸にしてしまいます。つりあった価格(または品位)のアンプとして何がお勧めできるのかについて非常に悩んでおります。音楽を堪能していただける品位についての線引きをしなければなりません・・・(^^;

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« ンガーッ! | トップ | Monitor-061のセッティング »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

製品紹介」カテゴリの最新記事