Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

ティータイム

2019年01月24日 | いい仕事してますねぇ

 

この度「いい仕事してますねぇ」というカテゴリーを追加しました。オーディオについては勿論、日常生活で出会った「いい仕事」も話題にしてみたいと思います。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。今日は町で出会った「いい仕事」の話題です。

※ 先日のタンノイのコーン補強の話題もこのカテゴリーに移しました。

音楽(オーディオ)愛好家は、ゆったりと過ごす紅茶やコーヒーの時間が大好き。(^^ たまにはオーディオとは関係のないお話を・・・

さて先日、清澄白川方面に出かけた際に、通りがかりのカフェでティータイムを過ごしました。お店の名前は”ハネ・カフェ”。

最初は風変わりな店名の意味が分かりませんでした。静かな店内では、空港ロビーの音を小音量でBGMならぬ環境音として流しています。センスの良い調度の店内は、思い切った少ない座席数で、実にゆったりとしています。

家内と一緒にアールグレイ(紅茶)とケーキを美味しくいただいている内に、お店のコンセプトが徐々に分かってきました。これは、「欧州の上品な空港ロビーのカフェでくつろぐ」というシチュエーションらしい。ふと壁を見るとフランクフルト空港の奇麗なポスターだったり、綺麗な色の旅客機の模型が煩くなく(これが大切)置いてあります。紅茶のティーバッグもドイツの有名な紅茶メーカーだったりして、これはドイツびいきの店主かな?

実はお店の奥に行くと、機内グッズの販売コーナーがあったりして、つまり店主は旅客機オタクだった訳です。オタクの店と言えば、(自分の店は棚上げにして)悪趣味なものと相場が決まっていますよね。(笑)ところがこちらは、オタクのお店なのにやり過ぎになっていなくて、とてもセンスの良い店主とお見受けしました。

そこで精算の時に、「ドイツに住まわれていたことがあるのですか?」と伺うと、案の定フランクフルト近郊に住まわれていたとの事。私も前職でドイツ出張が多かったので、ドイツびいきの人はピンとくるのですよね。それから客室乗務員だったとの事で、日本の事業所に転属になったのち、10年前にこのカフェを始めて脱サラしたとの事。さすがに客室乗務員だっただけのことはあって、接客のプロ。店内もとても綺麗で行き届いています。私も脱サラ組なので、しばし意気投合してから、店をあとにしました。

欧州のゆったり感やセンスの良さの空気が感じられて、懐かしく思いました。いい時間を過ごさせていただきました。距離は少々遠いですが、うちから電車一本で行かれるので、再訪したいと思います。いい仕事してますねぇ。

hane・cafe
清澄白川駅(地下鉄半蔵門線)A3出口左手徒歩2分(清澄庭園の道路を挟んだ向かい側)
お店のホームページ → こちらから

コメント