アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラブソングができるまで 2007年 アメリカ

2014-07-30 | ラブ・ストーリー
ヒュー・グラントはコメディ俳優ではなかったと記憶している。
若い頃の彼は二枚目で、日本でも絶大な人気があった。
初期には、『モーリス』などシリアスものを普通に(?)演じていた。
ところがいつからか、彼はラブコメ映画にはなくてはならない存在にさえなっている。
いまでは、彼が出てきただけで、なぜかおかしさがこみ上げてくるほどだ。
あのいつも苦悶しているような、困り果てているような、タレ目のへの字口の情けない表情はすっかり定着している。

本作品はラブコメ特有のベタすぎる内容だが、個人的にすごくおかしかったところといえば、グラント扮するかつてのポップスターだったアレックスの80年代のコスチュームと、あのいかにもげなプロモーションビデオ(PV)である。
やたらとシンセが響く独特の曲調。
だいぶ前のカラオケの歌詞映像のような、くさい演技のストーリー。
いま見ると異様である。
TV番組『笑う洋楽展』で、みうらじゅん氏が某アーティストのPVを観ながら80年代をこきおろしていたけど、確かに当時は意味不明なものがたくさんあった。

超人気歌手のコーラの新曲作りに、落ち目のアレックスに白羽の矢が立つ。
なんでもアレックスを気に入っているという若いコーラが、是非ともということらしいが、10年以上も曲作りをしていない彼にとっては複雑であった。
しかも彼は作詞が苦手だった。

たまたまアレックスの部屋の"植物係"でやってきたソフィーが口ずさんだ詩に、「これだ!」と飛びつくアレックス。
おいおい、いくら落ち目といったって、キミはプロなんだろう?
彼はソフィーに作詞の依頼をすることに。
かつての大人気だったPOPのボーカルが、素人のソフィーに頼むって、そんなことって・・・。

世の中には、有名な作詞家になりたいと願う人は星の数ほどいると思うが、ソフィーはいきなり話題の歌姫に詞を書いてしまったのである。
それを承諾したコーラもいい人なんだろうが。

ラブソングを書くにあたっては、本人や他人の実体験をもとにするか、あるいは「こうであったらなあ」という作者の創作によるものと思う。
アレックスが自分で書いたバラードの歌詞は、みんなの心を打つものがあった。
それはソフィーに対する彼の本心からつづられたものであった。
ありがちな愛のフレーズよりも、経験した思いを素直に表現したほうが、やはり詞(ことば)に一層の深みが増すのだろう。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 少年は残酷な弓を射る 201... | トップ | カールじいさんの空飛ぶ家 2... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラブ・ストーリー」カテゴリの最新記事