中国茶 Adept Salon サロン・ド・クロノ

中国茶の世界へようこそ+調和心理学LABO+移動魔方陣

横濱中国茶 Adept Salon サロン・ド・クロノ

横濱で 『 横濱中国茶 Adept Salon サロン・ド・クロノ 』 を主宰しています。『 世界の調和はわたし自身の調和から』 HarmonyHeartコンサルタント∞ティーセラピスト、終活セラピスト、調和心理学LABOマスターカウンセラーとして、ココロとカラダの健康ケアと貴方が貴方らしくさらに輝く応援をさせて頂いています。自宅サロンを中心に、横浜崎陽軒中国茶会講師、サロネーゼ倶楽部アドバイザリーメンバー講師、神社おそうじ隊・調和心理学LABO主宰、他さまざまに活動中♪   お申込&お問合せはコチラに

サロン・ド・クロノ 『 調和の魔法 』 5つの扉 ♪

the-tea-pot_2858725.jpg
中国茶の魔法

VV.jpg
カードの魔法


調和の魔


波動の魔法


エッセンスの魔法

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オルゴナイト?

2015年02月17日 | 311欧州レイライン

最近FBなどで目にする「オルゴナイト」なるもの
あれはうちに在るあれのことだろうか

2011年の10月、レイさん達と一緒に巡った欧州レイラインの旅
イギリスに滞在した時、向こうで合流したイギリス人の素敵なチャネラー
ナタリーグラッソンのパパとママ
それはとってもステキなご夫婦だったのだけれど
マーリーンの洞窟があるティンタジェルにある有名ないわくつきの
ホテル「CAMELOT」で、お二人それぞれの降ろしたメッセージのまあ素敵だったこと

で、そもそもその時の古代アヴァロンと現代の地球とのゲートが重なる
稀有なるタイミングに居合わせたメンバーとゲートを守護するべくそこにいたのが
ゲートキーパーであるナタリーのパパと調停者ハンス




で、その見たまんまシャーマンで長老であるナタリーパパが
そもそもアブベリーにある、まるでハリーポッターに出てくるオリバンダーの店のようなショップで INNNER CHILD CARD をわざわざわたしの前に差し出して「これ、Ayumiに合うよ」と言ったのが、わたしのインナーチャイルドカードとのファーストコンタクト


その後一緒に様々な場所に向かい、グラストンベリーにある
これまたテンプル騎士団の幽霊が出ることで有名な、別名幽霊ホテルで宿泊したあとの
駐車場での別れ際、パパが車から取りだしたのが不思議なカタマリの入った袋
「これは私が創ったものだよ。日本の放射能を中和するのにも役に立つから、日本に持って帰っておくれ」
と一つ一つをみんなに手渡ししてくれました


それがコレ
根が素直なので
福島に行く時も、茨城に行く時も、いつでもこれを持参
軽いからペルーにも上海にもNYにも久高にも携行

で、どうもひょっとしたらそのオルゴナイトっていうものの取説が
パパの言ってたこととかぶる。
で、なんでこんなにもパワフルなのかが二年を経てようやく解説してもらった感じ

日本で広まるのにタイムラグがあるけど、この流れも面白いな~
イギリスの魔法再び

ということで、
そんなタイミングに素晴らしく鼻の利く方々からお声がけいただいたお蔭で

インナーチャイルドカードをツールに潜在意識を読み解く
インナーダイブMOON講座  
4月4・5・6日(土日月)、熊本で開催です

熊本でご一緒して下さる皆様、
どうぞお時間の許す限りご一緒下さいませ~
詳細は追ってお知らせいたします~


心の魔法が起きる横濱中国茶Salon サロン・ド・クロノへのお申込&お問合せはコチラに

コメント

CONTACT

心の魔法が起きる横濱中国茶Salon サロン・ド・クロノへのお申込&お問合せはコチラに

Message

   

 「誰かを笑顔にしたい」
 「みんなが幸せでありますように」
 「誰かの役に立ちたい」
  わたしはそんな貴方の笑顔をこそ見たいです。
  誰かの笑顔が見たいなら 
  誰かの幸せを願うなら
  世界の平和を願うなら
  貴方が今すぐ出来ることは
  自分を笑顔にすることです。
  自分を幸せにすることです。
  自分の心の内を平和にすることです。

 

BUDDHA

   

1.聞いたからとて信じることなかれ  
2.語り継がれたこととて信じることなかれ 
3.人々が噂をしていたからとて信じることなかれ 
4.教本に引用されていたとて信じることなかれ 
5.論理だけで信じることなかれ 
6.推論だけで信じることなかれ 
7.様相だけで信じることなかれ 
8.自分の見方に一致するからとて信じることなかれ 
9.説者が堪能とて信じることなかれ
10.師なりとて信じることなかれ  
 「 まず自らを依りどころとせよ 」