あややの家

あややとその家族のつれづれ

交換留学の試験が終わりました

2017-08-31 | なおなおつれづれ

     :あとは結果待ち

 

なおなお:交換留学へ行くための試験が二週(二回)にわたって行われました。

一回目は英語の筆記試験と一般常識問題、グループディスカッション、

二回目は両親も一緒の日本語面接と、英語面接をしました。

どれも積極性を重視していたような気がします。

自分的にはやれることはやったので、結果を待ちたいです。(9月中)

ちなみに、受験していた人は女子が殆どでした。


アンジェラ:面接ではあややのことも説明しました。

情緒不安定で奇声を出したりパニックを起こしたりすることと

言葉によるコミュニケーションが殆ど出来ないので

留学生に負担をかけてしまうかもしれない、

でもそういったことも受け入れてくれるのであれば

我家としては大歓迎です、と伝えました。

正直どのくらいの事が出来るのか全くの未知数です。

もしなおなおの留学が決まれば我家もそれ相応の覚悟と準備がいることになるでしょう。

まぁ合格したらですが^^;

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カール復活!!!

2017-08-30 | 日記

           :

 

ポケおやじ:日光のローソンにカールチーズ味が置いてあった!!!思わず3袋買ってしまいました。買う時

店員さん「やはりカールですかーー」

私「復活したんですかね」

店員さん「昨日入荷してきたんですよね、どうしたんですかね」

謎のまま購入しました。

私はカールカレー味党なんですがね。

 

1泊2日で急遽日光旅行をしてきたので、詳細は後日書きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜で羽を伸ばして☆4

2017-08-29 | 旅行・お出掛けレポート

         :手入れが行き届いてました

 

ポケおやじ:下船後、山下公園を歩きました。

見頃は越えていましたがバラが美しかったので、アンジェラとゆっくり散歩。

香り豊かなバラに蜜蜂が飛交っていました。

中華街に入って中華菓子を買った後、腹具合と遊び具合によっていくつかコースを考えていたのですが。アンジェラも私もなんだか遊び足りてしまってお腹もいっぱい。今回はここまで。

場合によっては朝食に行くつもりだった中華粥の店は臨時休業していたので、今回の選択はタイミング、運とも絶妙だったのだと思い知りました。

家に帰ってこの1泊旅行中に溜まっていたテレビドラマ「過保護のカホコ」「わにとかげぎす」を観ました。

まず、「過保護のカホコ」麦野君と糸ちゃんがデート待合わせする場面。あれ、ここ見覚えがあるぞ。

今日行ってきた山下公園のバラ園じゃないか!しかもバラ咲誇る。ということは2、3か月前に撮影されたのかな。なんとも偶然でした。

続けて「わにとかげぎす」ヤクザの女がパチンコ屋で働く場面。あれ、ここ見覚えがあるぞ。我家の近所、私も通ったことのあるパチンコ屋じゃないか!これまたなんとも偶然でした。

 

横浜若者デートのバラ園からヤクザの女が働くパチンコ屋のある町に戻ってきたんだなと思いました。

まぁそうだけどその〆は何だかな~


横浜で羽を伸ばして☆おしまい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜で羽を伸ばして☆3

2017-08-28 | 旅行・お出掛けレポート

     :ロビー

 

アンジェラ:ライブで燃え尽きそのまま帰らなくていいというのは

本当に有難かったです。

宿泊は横浜ロイヤルパークホテル。

今回はあのランドマークタワーに泊まります^^

チェックインの時ホテルから思わぬサジェスチョンが!

「スイートルーム(ジュニアスイート)にキャンセルが出たので従来の宿泊費プラス1万円で如何でしょうか」

平日ならではの殺し文句なのでしょうが通常10万円の部屋とのこと。

ポケおやじ、好奇心が勝り即決

なんとも夢のような

64階(66階までが客室)からの。。。

あぁこれを一晩独占出来るなんて

そういえば付き合い始めた日が8月22日だったから

今日はちょうどあれから丸27年、28年目に突入ということで記念旅行だね!!

と贅沢特別感を全肯定~夜景を見ながら盛り上がりました

 

翌朝もゆっくり景色を楽しみホテルを出ました。

途中ベンチで休んでいたおじさんにお願いをしてランドマークを背にパチリ


汽車道をブラブラ歩いて赤レンガに向かいました。

目指すは赤レンガにあるBills

行列が出来る程の人気と聞いていましたが

平日なのでこちらもスムーズに入れました。

リコッタパンケーキ

スクランブルエッグのプレート

ポケおやじとシェアして「世界一の朝食」を頂きます。

本日も晴天なり

食事後さらにタイミング良く水上バスが来たので山下公園までクルージング

海風に包まれながら

昨日からの贅沢すぎるプレゼントの数々を思い出し

全てのタイミングに恵まれていたことに感謝と畏れを感じ

「きっと絶対私は明日に死ぬんだ」とマジで何度もつぶやきましたよー

ポケおやじは「アンジェラ明日に死んじゃうのか」とその都度思っていたらしく。


10分ほどで山下公園に着きました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜で羽を伸ばして☆2

2017-08-27 | スピッツ

         :アリーナに向かって 

 

ポケおやじ:横浜アリーナは初めて行きました。

席は2階席の最後方のライトスタンドみたいな所。これは見えないな。でも約10000人これだけの会場になると観客の大半の人が同じように見えていないだろうな。

ただ、最後方なので後ろの人を気にしなくていいのがメリットと思ったら、後ろに立見席の人が沢山入ってきました。

コンサート開始。「醒めない」「8823」「涙がキラリ☆」「ヒバリのこころ」いきなり続けての演奏で、MCなしでいくつもりかと思わされました。

MCはやはり正宗さんが務めるんですね。あまりやる気のなさそうなMCになんとか盛り上げようとするてっちゃんのコメントという形式でした。予想通りでしたが初めて聞くので新鮮でした。意外とよくしゃべるんですね正宗さん。

正宗さんの歌声はライブでもブレることなく完璧な美しい物でした。

途中で今回が1000回目のライブだと発表がありました。正宗さん曰く数えていたわけでもなくなんだかあまり根拠は無いそうなのですが。毎回1000回って言ってるのではないか?不安になって翌日のスピッツのコンサートに行ったG氏に尋ねたら「今日が1001回」と言っていたそうです。記念すべき公称1000回目のライブに行けてラッキーでした。

「ヘビーメロウ」「冷たい頬」「君が思い出になる前に」「チェリー」「さらさら」「惑星のかけら」「メモリーズ・カスタム」「エスカルゴ」「ロビンソン」「猫になりたい」「楓」「夜を駆ける」「日なたの窓に憧れて」「正夢」「運命の人」「恋する凡人」「けもの道」「俺のすべて」「1987→」「ハチの針」「恋のうた」

1番大好きな「正夢」で涙が止まらなくなっている所で「運命の人」でもう前が見えなくなる位泣きました。アンジェラも大泣き。

あと、「ヒットするとは思っていなかった」との前置きから入った「ロビンソン」。「冷たい頬」「君が思い出になる前に」なんかも聴けると思っていなかったので正に夢心地。

コンサート前に買ったグッズを土産にしました。ゆうかさまには「名前をつけてやるタオル」なおなおには「チャームセット」。自分たちにはTシャツとトートバック。

今後はムダ金になるだろうけどファンクラブに入ってコンサート逃さず行けるようにしようと決意しました。今度のツアーは何年後かなー。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜で羽を伸ばして☆1

2017-08-26 | 旅行・お出掛けレポート

    青空


アンジェラ:23日、横浜アリーナで行われるSpitz30th ANNIVERSARY TOUR

゛THIRTY30FIFTY50”のライブに行けるという降ってわいたような幸運に恵まれ

この日あややは施設のショートステイへ、ゆうかさまとなおなおは留守番をしてもらい

ポケおやじと二人、1泊2日夢心地で横浜で思いっきり羽を伸ばしてきました。

子供が出来てから二人だけの旅行は3年前の日光(1泊2日)が初めてで

この度は2回目の機会に恵まれました

 

桜木町で降りまずは前回横浜を散策した折に暴風雨で乗れなかった観覧車へ

シースルーの観覧車平日は空いていてスムーズに乗れました

今回は天気に恵まれました

お昼は前日なんとか予約がとれた横浜ベイホテル東急にある『Queen Alice』で

フレンチのランチコースを楽しみました

ちょっと、いやかなり^^;奮発してプレミアムランチコースに

最後のデザートは私の頼んだ「アリスのプリン」が思いの外素敵だったので

ポケおやじが歯ぎしりしてました笑

(メニューには写真が載っていないので直感を頼りに選んだ)

ポケおやじのチョイス 難しくて長い名前だった

出てくる料理に驚いたり感動しているうちに13時40分入店から3時半過ぎまで

あっという間に時間が過ぎていました。

それでもライブまで1時間半くらい時間があったのでポケおやじに誘われるままに

みなとみらい線「 日本大通り駅」で降りました。

向かったのは県庁!(昭和3年10月竣工)

こういうのがあちこちに

この佇まい、いろいろなドラマの撮影にも使われているようです。

これが屋上からの「キングの塔」

 

展望台からは横浜港が一望

遺跡のような装飾越しに「ジャックの塔」(横浜市開港記念会館 大正6年竣工)

「クイーンの塔」の横浜税関(昭和9年竣工)にも閉館10分前に滑り込み成功


この辺りは今回のような機会じゃないとなかなか見に行けない場所だと思いました。

横浜港のシンボル3塔を焼き付けて

さあいよいよ夢にまで見たSpitzのライブへ


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一問五答!あやや家総動員アンケートタイム☆この映画のジャケットを見て

2017-08-25 | 映画・DVD

    


巨大アメーバの惑星1959年 58年前の映画です。

ポケおやじ:この映画は当時中一の私が、知ってから見たい観たいと思いつつ37年間見逃していたB級映画です。どう思いますか?

 

ゆうかさま:「アメーバーどこにいるんだ?」 

ーコウモリグモの後ろにいますー

 「『コウモリグモ』っていうんだ。どういう風に動くのかな「カサカサカサ」かな。こういうものがどのようなモノか余すことなく伝えられるのが映画の強みだね。」

 

なおなお:「どーゆーこと?アメーバーじゃなくてネズミ」

ーコウモリグモと言います巨大アメーバーは後ろにいますー

 「この映画どこで知ったの?」

ー当時中一の私が、僅か2号で廃刊となった「日本初の」怪奇・SF映画専門誌「ホラーワールド」で(たしか)知ってから見たい観たいと思いつつ37年間見逃していたB級映画です。ー

 「よく覚えてたな(感心)」「『コウモリグモ』脚があるのに手も付いてるのがヤバイ」

一緒に観るかい?ー

  「今はいいかな」

 

半分眠りに落ちているアンジェラを起こして

アンジェラ:コウモリか……コウモリ?なんだコレ?何だろうコレ?意味わかんないけど。ここはどこ?火星。なる程……この人たちここに来てから知ったのか…。大変だね。

一緒に観るかい?ー

「私はいいかな」

 

以前より一度観てみたいと思っていたDVDが安価で購入出来たのでこんなアンケートやってしまいました。アンケート後観ての感想は、もうこういう映画を観て楽しむ精神の余裕はないんだなという事。魅力のないヒーローヒロイン。遅いストーリー展開。絵の合成のレベルの低さ。ストーリーの知性の含蓄の無さ。最後まで楽しめず、残り限られた人生の一定時間をこのような事にはもう使えないなあとしみじみ思わされました。

 

あややにジャケットを見せましたが興味ないみたいですね。ジャケットのコウモリグモを「これなに?」と訊いたらめんどくさそうに「ネズミ」と答えていました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日は☆知れば知るほどあやや/毎日散歩

2017-08-24 | 知れば知るほど☆あやや

     :バッタが横切って行きました

 

アンジェラ:この夏、の3人で(がいる時は4人で)公園に行くのが日課になりました。

あややが施設から帰ってくるとそのまま車に乗せてこの公園に向かいます。

夕方(4時頃)~は涼しい風が吹き抜けて気持ちイ~

一時期はあややが車から降りたがらずこの公園での散歩が出来ませんでしたが

最近は体が欲しているのか毎回喜んで歩きます。

雨の日でも傘をさして

私とあややが外周を1周半(1.5㎞程)している間に

なおなおは公園の外周を4周(5.2㎞)を走るのが日課です。

散歩が復活して良かった~

このままいい習慣にしたいです

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「過保護のカホコ」がおもしろい

2017-08-23 | 日記

       :こちらは我が家の。。。 

 

ポケおやじアンジェラ、ゆうかさまと見てるんですが。「過保護のカホコ」がおもしろい。カホコちゃん役の高畑充希さんのあまりにも自然な演技も破壊力があるが、脇を固める三田佳子さんらカホコの肉親大勢が個性豊かにきめの細かい演技を手抜かり無く見せてくれます。

役者も凄くいいんですが脚本もいいんでしょうね。もちろん過保護の元凶黒木瞳さんお母さんの場の支配力も凄いものがあります。

が、今回真の主役は過保護しながらカホコの教育に悩む時任三郎さんのお父さんですね。

ナレーションで独り言自分の気持ちを独白垂れ流し。優しく強い父ありたいのになれない様が本当にかわいくていい!

で、この話で唯一のカホコの肉親以外のキャラ(!!!)カホコの彼氏になった麦野初くんこと竹内涼真さん。一言多くて理想家で、皮肉屋だけど、本当は苦労人で気真面目でいい奴。男から見てもとても大好きになれるキャラです。

ここまでの展開を見るとカホコ成長の物語の裏テーマとして天涯孤独の麦野くんの再生の物語があるようで、麦野くん早くカホコの家族の一員になれるといいね、と思いながら見てます。

きっとみんなが幸せになるエンディングがまっていそうで毎週たのしみです。

我家にもカホコちゃんとカホコくんが計3人いるので、身につまされたり「うちはここまで過保護にはしないぞ」と思ったり他人事じゃないなとも思いながら見てます。

自宅にカホコちゃんがいる方ならばより楽しめるのでは。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末のポケおやじめし☆ゆうかさまのマドレーヌ他

2017-08-22 | ポケおやじめし

    :作ったよー

 

アンジェラ:週末気が向いた時に作ってくれるポケおやじめし。

気取らず気張らずのメニュー


6月に載せて以降ちょっと間があいてしまいました^^;

ポケおやじは変わらずコンスタントに作ってくれています

最近新しいものには挑戦していませんがその分かっちり安定した「うまいもん」が食卓に

いつも感謝しながら頂いてます!

↑ゆうかさまも先日突然作りたくなったようでお得意のマドレーヌを焼いてくれました^^


ホタテのコキール、かぼちゃのスープ、ブロッコリーアスパラ

じゃがいも・玉ねぎの味噌汁、筑前煮、エビチリ

イングランドカレー


ポトフ

梅ジャコ紫蘇のチャーハン

牛丼、大根・わかめの味噌汁

お好み焼き

豚バラ白菜鍋

焼き飯

ホイコーロ、ポテトサラダ、しじみの味噌汁

 再びイングランドカレー


何事にも「やれることをするだけ」というのがポケおやじの考え方なのですが

先日ちょっとしたことで私はポケおやじを「やりすぎなんじゃないか」と非難しかけたことがありました。

私とポケおやじのやり取りを黙って聞いていたなおなおにどう思うか尋ねたところ

「パパはとても優しいんだよ。ただ皆にやってあげたい、喜んでもらいたいという優しい気持ちだけなんだと思うよ。それによって自分たちはとても幸せに感じてるし結果的にとてもいいことになってると思うよ。パパはパパの考え、生き方なんだと思うし、ママはママの考えでいいと思う。」と冷静に答えてくれました。なおなおの考えを聞いてなおなおの成長を感じたのと、ポケおやじがこれまでしてきてくれたくれた事がどれほど家族を豊かにしてくれているかを改めて思い直しました。

我家は我家のかたちで、これからも。


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三郷の花火大会へ!

2017-08-21 | 旅行・お出掛けレポート

     :夜空にシャンデリア

 

アンジェラ:良い具合に晴れ、日曜日に延期となった三郷の花火大会に初めて行ってきました^^

対岸の千葉県流山市と同日開催の花火大会なので合わせて1万44発、ダイナミックでした~

 

土手に座って真正面から打ち上がる大迫力の花火に鳥肌が

灰が降ってくる近さでした。

申し訳ないけど地元の花火大会とはスケールがあまりにも違い過ぎて^^;

来年からはこちらがメインになりそうです

あややは途中何度か不安定(イライラ)になりながらも(多分初めての場所だったので)

キュウリを延べ3本弱かじりながら最後までしっかり見ることが出来ました

 

初めて訪れたので車を駐車する場所探しに奔走したり

軽食を買おうと思って入ったコンビニで長蛇の列に並ぶことになったり

あややが車から降りたがらない、なんてこともありましたが

花火大会に皆を連れて行きたいポケおやじの思いの強さのお陰で

途中でリタイアせず結果、夢のような時間を過ごすことが出来ました!

今回ゆうかさまだけが体調不良で見に行けなかったので次回は家族皆で必ず

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

36余年ぶりの悪魔のいけにえと20年振りのマーブルのカレー

2017-08-20 | ポケランチ、ポケ土産

         :マーブルのカレー

 

ポケおやじなおなおがいないとちょっと時間が空くので1人でテレビで映画を観ようと思った。アンジェラが一緒に観てくれないホラーがいいな。「悪魔のいけにえ」(1974)これにしよう。

「悪魔のいけにえ」はこの一本で映画史に名を刻んだトビー・フーパー監督。スプラッター映画の元祖にして最高峰と言われる異常な狂気に満ちた傑作といわれる。実は私、中学1年生の時だったか、これがテレビ東京の朝10時半からの放送でしつこいほど繰返し放送されていたので2回見たことがあるのだ。今ではR-15指定作品が夏休みだか忘れたがそんな時間にやっていた事にも驚異を覚えるが、それを2回も見てしまった自分にも驚かされる。

で、感想はというと「分けが分からない」と思った。今日では定番になってしまった非常に不条理な生理的嫌悪感に満ちた異常な話なのだが、スパッとしたストレートな話が好きだった当時の私にはそんな感情感想しか浮かんでこなかったようなのだ。

で、傑作傑作とあちこちで読むたびに「テレビで見たのは短縮版だったし、朝からスプラッタ映画観ても怖くないのは当然だったな。そんなに評価が高いのならいつか見直そう」と思っていた。

まあ、それから36,7年の時が流れるのはいつものパターン。

で、改めて観てみようとテレビの前に座った。

始まって1分もたなかった。観るのを断念した。不快感を覚える数カットを見ただけでいつのまにか私の心体は、これから不条理な世界が展開されるのに耐えられない心体になっているようなのだ。

年を取ったのだと思う。

不条理な事なんて巷に日常に溢れかえってる。映画を観ている時まで不条理なんて観たくない。心底そう思った。

 

会社にて。今日のランチは有楽町ビルにあるマーブルのカレーにすることにした。最近行列が出来るようにはなっているのは知っていたが、食べログで評価の高いのを知って改めて食べてみようかなと思ったのだ。今はタイミングよく並んでないし。

以前会社の食券がここで使えたので、週に一度くらいここで食べていた。食べるのは20年ぶり位。古びたカウンター、シンプルなメニュー。何も変わっていない。

さて…このメニューの並びなら先ずはインドカレーを食べるかな。大盛りで。頼んでから気がついた。私はここでインドカレーを食べたことは無い。20年前若く貧乏な私は食券を無駄使いしないようにいつも一番安いチキンカレーを食べていたのだ。だからここではチキンカレーの大盛りしか食べた事がない。

この店はインドカレーが人気らしく、私の後から入ってきた計10人の注文は全てインドカレーだった。並んでまで食べるのならそれが定番なのだろう。

皆がインドカレーをほおばる店で20年前の私は小銭を気にしてチキンカレーを食べていたんだ。そんな事を思いながら初めて食べるインドカレーは私には懐かしさもなくどうということのない味だった。

こちらの気持ちとは無関係に時はずいぶんと流れてしまった。今度並ばない時チキンカレーを食べたら少し時は戻るんだろうか。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なおなおの運気

2017-08-19 | ゆうかさまつれづれ

    :革命が二つ

 

ゆうかさま:先日私、なおなお、いとこのみーちゃん、しゅーくん、おばあちゃん、かつおじさんの6人で大富豪をしていたところ、なおなおが1ゲームの間に革命と革命返しをひとりで起こしました!!しかもジョーカーナシ。

カードが配られた時に手札を写メっておいた写真が↑なのですが、その後6人で大富豪をやるにあたって、ジョーカーなしで革命を2回起こせる確率は果たしてどのくらいあるのかという話でもちきりになりました。

その場ではとっさに正しい答えは出せなかったのですが、帰ったあとに友達にも協力してもらって計算したところ、おそらく確率は6.45×10^(-7)、つまり148万回に1回くらいの出来事だということがわかりました。なおなおすごい、、

最近友達が麻雀にハマっているということで少し麻雀に興味が湧いている様子のなおなお。麻雀のどの役よりも低い確率をたたき出したなおなおなら凄い雀士になれるかも…?!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポケおやじのこだわりメガネ/小林秀雄とキングギドラ センター問題に隠された意図を解くー

2017-08-18 | ポケおやじのこだわりメガネ

          :国語センター過去問題集

 

ポケおやじ:なおなおに現国を教えるためここ数年来のセンタの現国の過去問に片っ端から目を通している。

センターの問題集はゆうかさま受験の時に買っていたのだが、まさかこんなに早く使う事になるとは予想していなかったので2年前に一旦捨ててしまっていた。

それで買いなおしたのだが、過去問が数社から出ている事に気付いた。どれがいいのだろう。アマゾンのレビューを読むと「国語は解答の解釈がまちまちだからいくつかもっていたほうがいい」とか書いてある。

ゆうかさまが言うには「『数学社』のが解答がきちんとしてていいよ」とのこと。

1冊約1000円とはいえ、そんなに色んな会社の物を購入するのもためらわれる。ところが、ブックオフオンラインを見てみたら200-300円で中古が売っていたので3冊買ってみた。

普通に使う分にはどこもそんなに変わらない印象だったが、「数学社」のは分厚くて答えが探しにくくて詳し過ぎてかえって使いにくかった。だが、10年分位過去問を見ていると「この答え答えになっていないじゃないか」というのが他社の解答には2回あって、そのいずれもが「数学社」の解答では分かりやすいようにがっちりと書かれていて感心した。

国語の過去問を1冊買うなら「数学社」。出来たら2冊買うと効率がいいんだなと分かった。

 

あと、新品より中古の過去問を購入するメリットがある。それは前に解いた人の解き方が分かる事。ある過去問の持ち主は、小説の解き方で主人公の心理描写のみに線を引いていた。

確かに小説の場合聞かれるのは心理だけだし、それだけだとごちゃごちゃしない。それを応用して私はなおなおに「全ての登場人物の心理描写だけに線を引く」という方法を教えた所、結構解ける様になった。

また、別の過去問の論説文では因果関係接続詞などを細かく区分けしている人がいた。これ区分けするだけで大変な作業になるんじゃないかなと思って、その人の解答を見たら間違いだらけ。

そこで、今回私の編出した論説文超シンプル必勝法をなおなおに伝授した。

「である」「なのだ」等結論が出ている文章だけに線を引き、「ではないか」「という」「ではない」等断定していない文章は無視する。この方法は有効らしく、なおなおも喜んで使ってくれている。

 予備校発行の過去問なので皆色んな予備校のノウハウで悪戦苦闘解いているのだろうな。こんな分かりやすい方法で自分も教えて欲しかったなあと思う。

 

センター過去問で小林秀雄氏の「鍔」という文章を読んだ。小林秀雄氏の文章は私には難解で、社会人になって読み返した「モオツァルト・無常という事」もやっぱりよく分からなかった。

だから小林秀雄と聞いただけでしり込みして「解けるかな」と思いながら読んだ。分かりやすくて凄くおもしろい論説文だった。

かいつまんで言うと

平安時代には身分を表す飾りにしか過ぎなかった刀は戦国時代には実用になった。「鍔」は相手の刀を受け止める命を守るための実用の物となった。殺伐とした戦いが休みなく続くと人間は人間性を見失う。その安らぎが自然と実用と装飾を兼備えた「鍔」の細工へとつながっていく。実用と装飾を兼備えた「鍔」は江戸時代の装飾となった「鍔」には無い美がある。先日武田信玄のゆかりの神社に行ってみたら鷺の仲間が壷ほどもある巣を作っていた、そこにやってきた侵入者である私を警戒しながら舞う姿に武田の「鍔」の鶴丸文様の始まりを見た。

2013年の問題は受験生泣かせの難問だったとしとして記録に残っている。確かに学生には難しいだろう。センターの問題としては適切ではないかもしれない。

特に最後の章でそれまでの流れと無関係なように突然作者の神社での体験談になる所が更なる混乱を生んだのだと思う。

でも、この小林秀雄氏の生涯を一寸でも知っていると(私も一寸しか知らない)凄く面白くて深読み出来る文章だ。

文芸界の大家であった小林秀雄氏は日本の大東亜戦争(第2次世界大戦)を肯定していた。戦後多くの文人が、戦争の反省・糾弾に転じる中小林秀雄氏は「僕は無智だから反省なぞしない」との立場に立った。ただし、戦後の最初の論文が「モオツァルト」であったように、戦争肯定のような文章を書いたのかどうかは私はよく調べていないが書いていないと思う。

「鍔」は1962年に書かれた文章だそうだ。

この文章の戦国時代を大東亜戦争、江戸時代を現代に置き換えると、小林秀雄が戦争によって生まれた物(文化や生き方)に美を覚えているのではないかと考えられる。

そして、やや唐突に展開される武田信玄ゆかりの神社での出来事を考えてみる。

侵入者(ここでは小林秀雄氏)が海外の敵国だとしたら、それを警戒する鷺は日本の軍や武士や国家だろう。鶴丸文様は日の丸のようだ。鶴丸文様は1959年からJALのマークなので鷺は日の丸戦闘機を想起させる。

その日の丸戦闘機が侵入者から守るものは神社…日本国独特の象徴である神社にある巣…国民や家族家庭である。

 

これ、文意として間違いないと思うが、これを読取れたのは受験生はおろか大人でもあまりいないだろう。文章には戦争のセの字も書いてないから。そしてそんな意味なんか読取っても大学合格に関係ないから。

だが、この文章を書いた小林秀雄氏同様センターの出題者は日本の大東亜戦争は日本の武の戦いであった事をここで読取って「そういう考えもあるんだ」とこの機会に考えて欲しいのだろう。

他の問題を読んでもセンターの現国は相当に頭を使わされるけれど面白くて考えさせられる出題者の意図が強く出たものばかりだと感心させられた。

小林秀雄氏の「鍔」が書かれた2年後の1964年「三大怪獣 地球最大の決戦」が封切られた。ゴジラ最大のライバル、キングギドラの襲来だ。私も子供の頃に見たっきりで再見していないが宇宙から日本を侵略に来たキングギドラはゴジラが壊したことのない神社を完膚なまでに叩き壊す場面があるそうだ。

 物事のヒントはいつも何気なく目の前にポトリと落ちている。誰かに気がついて欲しいなと思いながら。でも、それは見ようとしないと見えないものなのだろう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉のおじいちゃんおばあちゃん家へ行ってきました

2017-08-17 | なおなおつれづれ

    :お寿司をつまんで

 

なおなお:昨日お姉ちゃんと二人で行ってきました。

今回はいとこのみーちゃん(中一)としゅーくん(中三)に久しぶりに会い、沢山話しをしました。

みーちゃんは今年、お姉ちゃんと同じ中高一貫校に入ったので、お姉ちゃんと学校の話で盛り上がってました。

僕はおばあちゃんに学校の話や英語のスピーチの話をしました。

夜には、昔皆でよく遊んだ暗闇かくれんぼを4人で遊びました。

昔と違い、みんな頭を使うようになっていて、人をだます工夫をいっぱい仕掛けていました。

夕飯は皆でお寿司を食べました。おじいちゃんおばあちゃんもとても元気で良かったです。

食後は皆でトランプを。大富豪をやっていたのですが、そこでは驚きの結末が…

それは次回のブログで!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加