あややの家

あややとその家族のつれづれ

一問五答!あやや家総動員アンケートタイム☆思い出の絵本

2015-06-30 | アンケート

         今日のアンジェラゴコロ:昔ペイントで描いた『ちいさなねこ』

 

思い出の絵本を教えて下さい

 

アンジェラ:「おしいれのぼうけん」幼稚園の頃、この本で押入れが怖くって~><ねずみばあさんは絶対いる!

なおなお:「 しろくまちゃんのほっとけーき」おいしそうだからよく読んでいました。それ以外の目的で絵本は読まなかったな。

ゆうかさま:「ちいさいおうち」めっちゃ好きだった。ページをめくるたびに家の表情が変わるところが。「ちいさなねこ」いつも絵を真似て描いていた懐かしいな。「きんぎょがにげた」幼稚園の頃飼っていた金魚がこの本のように逃げ出さないかいつも気になっていました。

なおなお:「きんぎょがにげた」は金魚の目が怖かったな。 あと背景の空間が怖かった。

 

絵本って不思議です。本とは違う刺激があって結構後々まで良い悪いを越えて財産になっている気がします。

アンジェラは空間認識と想像力に特異な部分があるので「おしいれのぼうけん」なんでしょうね。

なおなおは小学生低学年位まで「かいけつゾロリ」や「ドラえもん」等の漫画の食べる場面を読みながらおやつを食べていました。私もやったな~。義妹は幼少の頃「アンパンマン」の絵本を読んで「食べてみたい」と常々思っていたそうです。

ゆうかさまは擬人化等今の絵心につながってますね。飼っている生物の健康は今でも人一倍気になるようです。でも実際の面倒はいつもアンジェラが見てるんですが…。

 

ポケおやじ:私は2歳時に青い車が主人公の「ブルーくん(?)」(捜したけれどどんな本か分かりませんでした)という絵本を端から端まで暗記して読んだり「天才じゃないかしら」と思われていたそうです。がっかりさせて両親にはすまなく思ってます。

あややは大の絵本好きですが、定番ともいえる絵本の中では「ぞうくんのさんぱ」「しろくまちゃんのほっとけーき」「きんぎょがにげた」「しろいうさぎとくろいうさぎ」「そらまめくんのベッド」「かおかおどんなかお」「ちいさなねこ」なんかが好きですね。

「ぞうくんのさんぱ」ではみんなが池に落っこちている場面や

ひょっこりと水面から顔を出している亀が好きらしくげらげら笑いながら絵本に顔を擦り付けていました。

「そらまめくんのベッド」はそらまめくんがさやのベッドに寝ている場面をベッドに寝かせるように置いていることがあります。

あやや、「かおかおどんなかお」は夜中寝ているなおなおの部屋に投げ込む習慣があります。

寝ているなおなお物音に目覚めて暗闇に「かおかおどんなかお」の絵本があったので恐怖に飛び上がったことがあるそうです。

この前も「ふらいぱんじいさん」を持ち歩いていたあやや。

漫画も本も読まないあややにとって、絵本は変わらずずっと楽しめる大事な遊びのひとつです。

ほとんどの思い出の絵本はいとこのゆいゆい、まいまいのお家にいってしまいました

 

 

コメント

あっ☆

2015-06-29 | 知れば知るほど☆あやや

      :これで完成よし

 

アンジェラ: ↓ こちらはすみれさんで先月描いてきたかえるくん達の絵。

あやや自身もすごく気に入ってるようで毎日手にとっては『かえるく~ん』と言いながらニコニコ

さて、昨日朝一、この絵にあるものを描き足したんですがーーーー分かります?

あっ

こいつはウソかえるだったのかー爆

そういえばたまに『オエカキクロイ(絵を描く準備をしてくれ』と言っていたっけ

 

これがきっと完成品だったのね

 

コメント

スタ☆レビを見に行きました

2015-06-28 | 旅行・お出掛けレポート

              :8年ぶり

 

ポケおやじ:スタ☆レビ(スターダスト☆レビュー)のライブも8年ぶり。

体力勝負なのでがっつりトンカツを食べてから中野サンプラザに行った。

 

最初にアンジェラとスタ☆レビのライブを見たのが1990年だったのでもう4半世紀前の話になる。子供が生まれてからはほとんど行っていないけど計7回くらい行ったかな。

1990年当時のスタ☆レビはデビューして9年。お洒落なバンドとしてブレークしかかっており、ビジュアルの問題等もあり売れないまま今日まで高い音楽性を持つライブバンドとして、知る人ぞ知る(知らない人は全く知らない)存在として毎年元気に何十本というライブ活動を続けている。

キーボードの三谷泰弘さんが脱退してesqとしてソロ活動を始めスタレビの音楽の質が著しく低下した時期もあったが、サポートメンバーを入れることでてこ入れを図って来た。

そのてこ入れが馴染んできたのか今回のライブでスタ☆レビはサウンドが過去最高のレベルでの安定を感じさせてくれた。

更に驚いたのはボーカルの根本要さん。素晴らしい声だった。

私が知る限り最も天使の声に近いと思う要さんの高く声量のある声だが、8年前に見た2回のライブでは僅かだが声量が低下していた印象を受けた。

特にここ2、3枚のアルバムではオペラのように声を延々と伸ばす要さんにしかできない高音発声が影を潜めた感が強く、ポツポツと途切れるような歌が多く「若くないんだからしょうがないな」と思っていた。

しかし、アンジェラ曰く3月に友人と行った大宮ソニックシティのライブでも好調だったようだが、今回の方がより好調でハイレベルな若い時に負けないような声を聴かせてくれた。

追加公演64本のツアーの63本目、ファイナルの1本前なので(今日がファイナルです)喉の調子がよっぽど良かったのか。

更にスタ☆レビ名物要さんのマシンガントークも健在。というかファイナル直前のせいかいつもよりノリ過ぎな位ノっていたベースの柿沼さんから「まだしゃべるのかよ」と何度か突込みが入っていた。

いやいつもながら漫才顔負け。これで笑いが止まらなくなった女の子に「今からバラードだから笑わないようにね」と要さんが注意を与えていました。

さて、今回のツアーはアルバム「SHOUT」のツアーだったが要さん曰く「今回のアルバムからシングルカットをするつもりはなかった」そうだ。確かに「SHOUT」はなんというか良い曲がない。購入して1度聞いてあまりにもすっと流れる曲ばかりで面白くなくてコンサート直前まで聴き直さなかったくらい。

でも、要さんのトークを聞いているともうスタ☆レビにとってCDアルバムは特定の曲をヒットさせるものではなくてライブを行うための口実みたいなものだと感じさせられた。

そんな風に作られた今回のアルバムを聴いても新しいファンはもう増えないと思う。

現にライブ会場の高齢化は由々しき問題でおじいさんおばあさんも多かった。CDやライブ今の音楽業界を支えているのはバブル経験世代で、今の若い人はそんなことにお金を使わないということもあるとは思うけれど。

サービス大好きな要さん今日のライブも3時間半24曲を歌いトークし続けた。アンジェラによると今回は「SHOUT」というテーマにあわせ高温が響くハードロックな音質だったようだ。アコースティックな響きを好む人にはきつい部分もあったかもしれない。

今回アンコールの時、アンコールは人任せで皆が一斉に座ったのでアンコールの拍手が無くなる事態が発生したのには驚いた。メンバー紹介はトイレタイムに充てられているし(トイレに行くことを要さんも薦めています)。

ライブのメンバー紹介のコーナーでギター・ベース等をこなすサポートメンバーの岡崎昌幸さんが今回のツアーで驚いたことを話していた。「(キーボードの添田啓二さん共々)13年間スタレビの(サポートメンバーとして)ツアーをやっていて(ドラムの)寺田さんが不得手な葱を食べるのを初めて見た」という話だった。13年あればサウンドも安定する筈だとつくづく。

今回渡されたチラシにesqのライブのお知らせもあった。esq20周年とある。三谷さんもスタ☆レビにいた時間より(スタ☆レビを知っている人しか知りえない)esqをやっている時間の方が長くなっちゃったんだ。時間が経ったのです。

要さんも58歳。でもバック転こそしなくなったけれどでもなんだか、何か吹っ切れたらしく過去最高の元気と楽しさを見せ付けてくれた。小さな体に秘められているスケールの違いを感じさせてくれました。

スタ☆レビの皆さん今日のファイナル頑張ってください。要さん昨日みたいに些細な手順をミスって土下座しないように(土下座しながら「写メ撮って動画投稿しないように」と言ってまた受けをとっていた)ね。

コメント

本日スタ☆レビ追加公演♪

2015-06-27 | 旅行・お出掛けレポート

     :楽しみですっ^^ 

 

アンジェラ:SHOUTの追加公演(中野サンプラザ)に久々ポケおやじと二人で行ってきまーす 

3月に友達と行ってすごくチャージされたのでポケおやじとも是非と思いチケットをとりました。

スタレビサウンド&要さんのマシンガントークで元気を注入です

ポケおやじと二人だけで行ったのは一番最近で遡ること8年前

2008年 HOT MENU のツアーで地元にスタレビが来たとき以来

二列目中央で要さんの飛び散る汗と投げたピックをキャッチした思い出が

(その後すぐ次の『31』のツアー(2008年)にはゆうかさま、なおなおも一緒に行ってます)。

 

私の実家にも協力を頂いての貴重な時間なので存分に楽しんでこようと思います^^

みんな、いい子でお留守番よろしくねー行っておいで~

コメント

飯坂温泉ラヂウム玉子

2015-06-26 | 日記

         :ご馳走様でした      

 

ポケおやじ:上司F氏より頂きました。地元消費用なのでお土産用の半額くらいで買えるそうです。

福島でラヂウムというのがインパクトあります。

家族の朝御飯になりました。

黄身がしっかりしていてウマ~イ

今年のGWは飯坂温泉に行く話しも出ていたので、機会があったら行ってみたいです。

 

アンジェラ:我が家にとってFさんは『美味しいもの』の伝道師

『Fさんから。。。』というだけで食いしん坊のなおなおはいつも興味津々(笑)

この度もありがとうございました

 

コメント

木曜日は★知れば知るほど あやや/こだわり

2015-06-25 | 知れば知るほど☆あやや

           今日のあやゴコロ:いろいろね

 

アンジェラ:一般に『こだわり』っていうとなんかとても奥深くって崇高なイメージを抱いちゃうんですが

あややの『こだわり』という奴は。。。

部屋やトイレに入ると、壁に何度も体当たりをするとか(私やポケおやじを巻き込むことも)

人差し指でトントントンッと壁や机に何か難しい計算をしているかのようなカウントをいちいちしないと次の動作をしないとか

一回目のトイレの水は人に流させ、流れ終わるまで待ち、2度目の流しで手を洗いもう一度流してやっと出てくるとか

ベッドの階段(はしご)を何度もゆすって打ち鳴らしてから上るとか

納豆ゴハンを食べる時は必ず数粒生贄のようにつまみティシュに包んでしまうとか

家に入る時にまっすぐに入らず家の前を数度素通りしてからでないと入らなかったり

最近は靴履きも、着替えも、トイレの仕上げ拭きも!全~部私やポケおやじにやらせると決め込んでいて

でもスムーズには決して動いてはくれず。

こうして!と声掛けすることのことごとくに素直に動かず頑なに拒むんです

上記の行動や幼児期の反抗期にも似た頑なな状態がこのところかなり顕著に出てきて

ひとつの動作をするたびに膨大な時間がーーーー

とにかくこちらの思うようになんてちっとも動いてくれないんです。

 

儀式は昔から形を変えいろいろとありましたが

こんなにあるとさすがにクタクタ辟易イライラしてきますよ、ホント!

特に時間に追われている時は~><

 

さて、本日もあらゆることを想定に入れて朝あややを起こすぞと覚悟を決めながら

ふと施設で毎月定例のお誕生会が今日あることを思い出しました。

『ケーキだねー』と言って起こしたところスイッチがカチッ

その後のあややといったら

最近では見たことのないスムーズさで着替え、ベッドを降り、トイレに入り、食事をし。。。

こだわりもササッと最小限な感じで(笑)

ポケおやじと口をあんぐり開けているまにお迎えの車に乗っていってしまいました。

なんなんだ超ゲンキンな奴めー

でもものすごーーーく楽な朝だった~

こだわらないことにこだわってくれないかしら^^;

 

コメント

成人式って。。。

2015-06-24 | 日記

       :腹が立つんだけど。

 

アンジェラ:ただのひとり言です。

式は十時半くらいからだったのに早朝4時くらいからの美容院での支度

バタバタした中でかなり納得のいかない(七五三のような)ヘアメーク

館内に入る人より会場の外で盛り上がってる方が多かった式典

同級生にも会えず式典内容もいまひとつで何のために行ったのかさっぱり分からなかった成人式

私自身本当にいい思い出が無くて記念に撮った写真はほとんど見ることなく封印してたなぁ~

両親には申し訳ないけど。

 

昨年からゆうかさま、今年はあややのも加わり

ドッと成人式関連のDMが我が家に流れ込んであの時の思いがあたまをよぎる。

猫も杓子も当日の限られた式典めがけて背中をぎゅうぎゅうと押されまくっている感じが

たまらなく納得いかず。

何より成人の日1日のためだけに大騒ぎが公然と行われている割に釈然としないのが

なんで成人式は七五三のように神社にお参りして神様にご報告しないのかなぁ?

古来の元服式(氏神の前で儀式をする)というのとはまた別物のイベント的なものなのか?ってこと。

 

調べてみれば成人式の発祥は昭和21年埼玉県の蕨市でだとか。

終戦後の混乱と虚脱感の中、町の青年団が20歳の若者を激励し前途を祝したことから始まっていて

昭和23年に成人の日が国民の祝日として制定されたそうで。

 

今日のような形態はそこからきたのか。まだ日が浅い行事なんだやっぱりーー

式典の内容も自治体ごとにまちまちで特に絶対しなければいけない儀式や宣誓もナシ。

つまりお祭りね、行政をあげての。

今では呉服関連、美容関係の業界の活性を促す目的も大きいんだそうで

そりゃぁそれこそでしょうねっ!

2年も前から派手なチラシが毎日毎日これでもかと

わんさか送り続けられれば嫌というほどそう思います。

ほとんど日常で着ない割りに(振袖だったら5回も着れれば上出来でしょ)

金額も結構はりますよねー

ホラ、2年間あるんだから数十万のお金くらい準備しておかないとダメですよーーと言わんばかり

20歳まで無事に成長してくれたことを喜び有難く感謝する気持ちとは裏腹に

そんなある意味商業主義行事にまんまと乗っかるのに抵抗したくなる天邪鬼な気持ちにもなろうというもの。

 

ただーーーー

二人の娘を持つ親になった今。。。二十歳の記念に悔しいかな無条件で可愛い着物を着せて愛でたい。

何より本人が良かった~と思える記念になるならば私も便乗して大いに納得できる様な気もする。

あぁつけ込まれるーーー、つけ込まれるーーーと思いながらも

結局は辟易しているはずのDMのいくつかを捨てられずに引き出しに入れていたりする。

私はバカな親なのだーーー あぁバカバカ

 

 

 

 

コメント (2)

父の日でした

2015-06-23 | 日記

       :3人からのメッセージカード

 

ポケおやじ:カバンが傷んでいたので父の日に買ってきてくれました。いいやつが割引になっていたそうなので。自分の物は買う習慣がないのでありがたいけれど、金と選ぶ時間をとらせて申訳ない気持ちです。皆も時間をかけて絵を描いてくれました。ありがとう。

アンジェラ:父の日でしたが私とゆうかさまは用事があり夕方から夜九時半まで家を空けてました。

その間なおなお、あややのために買い物をして手作りビーフシチューまで作っていたポケおやじ。

せっかくの日だったのにゆっくりさせてあげられなくてごめんなさいでした

 

コメント

siriで中国語

2015-06-22 | なおなおつれづれ

            :お姉ちゃんに借ります

 

なおなお:最近、タモリがやってるみたいな偽中国語を話すのにはまっています。

そこで思いついたのが、siri(I phoneの音声認識ツール)を中国語に設定して話してみたら反応するかやってみました。

適当にしゃべったら『検索結果が出ました』と中国語で言われ、なんと検索結果が出てきました!

しかも4回連続!

続けてやったらアプリが勝手に検索され、謎のお茶のアプリ(勿論中国語)がでてきてびびりました。

そのあと、韓国語バージョンも試してみましたが、全部『分かりませんでした』といわれて諦めました。

今回は中国語と韓国語だけでしたが、他の言語でも試してみたいです。

コメント

第1回☆あややの同窓会

2015-06-21 | 知れば知るほど☆あやや

         :ほら、あややの番だよぉー*^^*

 

アンジェラ:卒業第2期生のあやや達の代から同窓会が立ち上がりました。

昨日はその第一回目の会合でした

ひろ~い体育館にて

当日あややに『学校の同窓会だよ^^先生やみんなと会えるよ!学校に行こう~』と声を掛けたところ

思わぬ反応が

顔色がサッと変わり。。。めずらしく何とも不安で仕方がないといった表情に

車に乗せる時には悲鳴のような声も出してかなり動揺していた様子でした。

卒業以来私も意識して『学校』という言葉を決して口にしないようにしていたので

あやや的にはものすご~くビックリしたんだと思います。

駐車場でお世話になった懐かしいT先生に声をかけて頂きながら

会場になっている体育館に恐る恐る警戒しながら入っていきました。

 

体育館に入ると懐かしい顔がいっぱい

何やら楽しい予感~

担任だった大好きな先生方が次々と現れてからは

あややの興奮はMAX

N先生『あやや、ゴハン食べろよー

3ヶ月になった赤ちゃんを抱っこしたU先生と

もうず~~~~っとご機嫌幸せニコニコモードでした

こんなあややも久しぶりです。

ゲームをしたり、お茶をしたり、卒業制作が飾られたのを見に行ったり

懐かしい場所での再会をあややはどんな風に感じたのでしょうか。

 

ひとりずつの近況報告ではみんなそれぞれ新しい場所で生き生きと頑張っている様子

卒業の頃よりもみんなひと回りお兄さんお姉さんになったように感じました。

先生方も結婚されたり、子育て育児に奮闘されていたり。。。

私生活も充実されている様子に私もパワーを頂けました

変わらない笑顔と温かい言葉

繋がりは何事にも代えがたい財産ですね。

 

大好きな先生方と(左からU先生、Y先生、あやや、N先生、S先生(この春からK先生になっちゃいましたけど

 

みんなに服装を褒められたからか帰宅後も脱ぎたがらず(笑)

満足そうな様子で同級生のお母様お手製のカップケーキを美味しそうに食べてました。

まったく出掛け前のあの不安気あややは何処へやら^^;

あやや、またみんなに会える日を楽しみにしようね

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

閑話休題

2015-06-20 | 日記

         :今日は休日

コメント

よし!

2015-06-19 | 知れば知るほど☆あやや

      :これは我が家のマーボー丼      

 

アンジェラ:メニューはマーボー豆腐

施設の食事(おかず)に初めて手をつけました~☆

昨日嬉しそうに送迎してくれた職員さんからご報告を頂きました

ご飯と味噌汁は少し食べているようなんですがおかず類は全くだったので

大きな一歩です

ここにきてやっと、トイレもそうですが大分あややの中で施設の生活が取り込まれてきているなと感じます。

嬉しいことです

明日は卒業した特支の第1回同窓会があるので

久しぶりに会う先生方にもいい報告が出来そうでホッとしています

 

ところでこの日(昨日)の我が家の夕食もドンピシャ☆マーボー豆腐

あややは3杯お替りしましたーあぁ良かったー(笑)

 

 

 

 

コメント (2)

木曜日は★知れば知るほど あやや/水分補給の力

2015-06-18 | 知れば知るほど☆あやや

        :食卓にはいつもこれ

 

アンジェラ:施設の旅行がいい刺激になったのか

まだまだ波はありますが施設のトイレに少しずつ行くようになってきました^^

昨日は2回も

嬉しそうに報告してくださったRさんや女性職員の方々が

日々声掛け下さっている御蔭です!

いつも『今日は出てません』と申し訳なさそうにされているので

負担を掛けてしまっているなぁと。

送迎時のあややの表情からも職員の方々と信頼関係が少しずつ築かれつつあるのを感じます。

 

さて排尿難の一件で水分(水か麦茶)をこれまで以上にこまめに摂るようにしてから

(朝1~2杯、帰宅後2杯、夕食時3杯~4杯、風呂後1杯、寝る前1杯 計200ml×10で2リットル前後)

排尿や排便がとてもスムーズになったのはもちろん

入眠がこれまたこれまでにないくらいスムーズになるという嬉しい特典が

眠りについては積年の課題でしたからもう目から鱗でした。

またこまめに摂る水分で食欲も上手くコントロールされるのか

帰宅後から寝るまでずっと食卓から離れず食べ続けるということが無くなり

適当なところで満腹中枢から指令が出るらしく一定時間しっかり食べると満足するようになりました。

食後はパソコンで音楽を聴いたりまったりとソファに寝そべって

9時半ごろ声を掛けると歯磨き→トイレ→お風呂へ(それぞれこだわりによって膨大な時間を要しますが

そして遅くとも11時までには自分の部屋に入る、がパターンになってきました。

寝る時に深部の体温が下がると眠くなることからも

体温調整がうまくいっているんでしょうね。

頭もオーバーヒートするのが原因なのか

イライラやパニックも事前の水分補給で治まる事が多いです。

 

リズムの基本がやっとここにきて整いつつあります。

結構これ、夢のようです。信じられないくらい。

いや、あややの最終着地地点といってもいいくらいこれはすごいことなんです

水分補給だけでここまでの効果があるとは思いもしませんでした。

薬と共にオレンジジュースを大量に飲ませていたこともあった訳で。。。恐ろしいことです。

確かに今回のように意識して水や麦茶を摂らせたことはないのかもーーーー

もっと早く。。。(悔)とはいつものことですがでも気づいて良かったです。

 

まずは水

家族もみんな意識して飲むようになりました。

 

コメント

いつか「ローマの休日」を見る日

2015-06-17 | 映画・DVD

           :やっと

 

ポケおやじ:アカデミー賞史上最高の11部門に輝く「ベン・ハー」(1959)を見た。恥ずかしながら初めて。B級好きとはいえ映画ファンを自認しながら未だ見てない映画があるとちょっと気恥ずかしい。

レンタルビデオが未だ無い時代、ゴールデンタイムの洋画劇場で前編・後編の2週に渡って放送していたがあれはなかなか連続で見る自信が無くて見そびれていた。同じ理由で「ダーティハリー」(1973)も見逃していた。「1」をいつも見逃してしまい「ダーティハリー2」「ダーティハリー3」を見る気にはなかなかならない。

高校の頃「ベン・ハー」見てないの~!と映画ファンのTにからかわれた。Tは正統派映画ファンで「ベン・ハー」もリバイバルの劇場で、「2001年宇宙の旅」(1968)もリバイバルのテアトル東京で見ていた。

見なきゃ見なきゃと思うとなんとなくますます見る気が無くなるものだ。

今回病気で動けないのをいいことに、DVDは購入していた「ベン・ハー」を遂に1人で見た。今回はTにからかわれた30余年前の復讐戦でもある。4時間近い上映時間を見終わっての感想は「思った程ではないな」というものだった。

前半の迫力はなかなかのものだ。ガレー船の奴隷の様子や海洋決戦、CGではない史劇の壮大さに心打たれる。今日日のDVDの映像はクリア過ぎてバックの合成絵がはっきり分かる場面が多いけれど。戦車競争の場面はさすが映画史に残る大迫力。だが、後半がちょっと抹香臭い。

あと、役者があまりうまくない気がする。確かにチャールストン・ヘストンはベン・ハー役でアカデミー賞をとっている。でもユダヤ人役だけど一本調子のアメリカンウェイあらわで、これは時代を考えるといたしかたが無いのでしょうが…。そして敵役スティーヴン・ボイドも今日から見ると含み捻りが無いなあ。

ヒロインのハイヤ・ハラリートは綺麗だけど表情が不明瞭でなんでこんな人選んだのかなと思わされる。ハラリートはこの作品だけの人で中東の血を買われたのでしょう。まあ中東の女性が表情豊かでも役柄おかしいのかもしれませんが。

ヒュー・グリフィスなんて面白い役だけれどなんでアカデミー助演男優賞とったのか全く解せない。これも血かな。

そしてエンディング。これが2時間の映画だったら「ま、こんなもんでしょ」という終わり方なのだがベン・ハーと共に4時間弱を耐え抜いて来た観客は「ここで何が何でも感動せねば」という気持ちに襲われるでしょう。見てた時間無駄になっちゃうもんね。

この映画最大の見せ場戦車競争の場面でもスティーヴン・ボイドが青毛(真っ黒)の馬4頭揃いに対しヘストンは白馬4頭揃い。

黒(悪)と白(善)とのコントラストが眩し過ぎるのはともかく「白馬の競走馬に強い馬なんていないだろ」とか競馬の余計な知識が映画の中に入込む邪魔をします。

そして映画が作られた背景。イスラエル建国が1948年。ユダヤ資本に支配されたハリウッドがユダヤ人の巨匠ウイリアム・ワイラーにユダヤ人再興の物語を紡がせた経緯はそのバックアップであるような気もします。

面白くなかったわけではないんです。ただ、素直に映画の中に入り込んで感動するには色々年を取ってしまったんだなと。最近そう思うことが増えました。

「ロッキー」「ダーティーハリー」「ショーシャンクの空に」「ビューテイフルマインド」「クレイマー・クレイマー」「俺たちに明日はない」「イージーライダー」ここ数年見逃していた古典を少しずつ見ています。どれも悪くはないのですが「ここは斬新だけどここはやっぱ古いな」といった感じで、スキッと「面白かった」と思えるのがなかなかないですね。

古典でも「鳥」とか「第十七捕虜収容所」「ハーヴェイ」古典じゃないけど「コクリコ坂から」「借り暮らしのアリエッテイ」等逆に微に入り細に入りきちんと作ってある映画が性に合うようになってきたようです。その上で斬新だといいのだろうけど。

イーストウッドの「グラントリノ」はさすがに微に入り細に入りきちんと作ってありましたが、息苦しくて閉所恐怖症に陥りそうでしたが。

さて、巨匠の代名詞ウイリアム・ワイラーですがフィルモグラフィーを見ると基本「ベン・ハー」と「ローマの休日」の人です。(もちろん「おしゃれ泥棒」「大いなる西部」「コレクター」「女相続人」も随分前に見ましたよ。内容覚えてないけど。)

実は私「ローマの休日」見てないのです。見ようと思ってDVD買ってあるんですけどね…。映画ファンとしてはちょっと気恥ずかしいな。アンジェラは見たことあるそうだし。ゆうかさま忙しそうだし。なおなおと見るとか1人で見るのは気が薦まないな。さて「ローマの休日」いつか見る日は来るのでしょうか。

 

 

コメント

週末のポケおやじめし☆あさりのドリア他

2015-06-16 | ポケおやじめし

          :久々新作

 

アンジェラ:週末気が向いた時に作ってくれるポケおやじめし。

気取らず気張らずのメニュー

 

あさりのドリアは久々の新作でした

あさりの煮汁を布巾でこしてホワイトソースに混ぜ合わせます。

旨みがヤバ~~~大好評でした

 

炊き込みご飯

じゃがいもとわかめの味噌汁

ゆうかさまリクでほうれん草のサラダ

野菜らーめん

 

おなじみのメニューもさらに錬度が

『週末気が向いたときに』がもうず~っと毎週末欠かさずに

栄養やポケおやじのなど等いろんなものをチャージしてみんな元気満タンになります*^^*

本当に助かってますありがとー

 

コメント